この方法を使う際に注意したい点...
外側のページで広告を隠すのであれば、インラインフレーム内部に出るページにはすべて広告を表示させなければなりません。


広告の表示される位置...
ページの内容が長くなると、下にスクロールしていかなければ広告が見えません。
ページが表示された時点で広告が見えていなくても、普通に(ページを読むために必要な程度)スクロールしていくと広告が見えるようになっていれば、大丈夫です。

ただし、広告の位置を意図的に下げていてページ内容との間に大きな空白部分があり、たくさんスクロールしないと広告が見えないような作りになっているサイトは、違反とみなされる場合もあります。
広告の上(ページ内容の最後)に不要な改行などを入れないように注意しましょう。
(※ ページ内容と広告との間には、自動的に5行分くらいのスペースが空くようです。)


CGIや他サーバーのページ...
インラインフレーム内にCGIや他サーバーのページを表示すると、どこにも広告が出ない状況が生じます。
掲示板や日記をナスカ以外から借りている場合は、別ウィンドウで出すことをお勧めします。
無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ