この方法を使う際に注意したい点...

フレーム内部のページで広告を隠す場合、外側のページ( ここではtop.html )には必ず広告を表示します。


 広告の表示される位置...

広告の位置が下がりすぎて、画面よりも下(スクロールしないと見えない場所)になってしまうと、広告隠しと思われてしまう場合もあります。
(インラインフレームで作られたサイトでは、わざわざフレームの下までスクロールする人はあまりいないからです。)
なるべく、常に見える位置に広告が表示されるレイアウトで。

外側のページ自体をスクロール不可にすると、規約違反になります。
また、外側のページのスクロールバーの色を白(背景色)などにして見えにくくするのも、できるだけ避けた方が良いと思われます。
(インラインフレームのスクロールバーは消しても大丈夫です。)


 CGIや他サーバーのページ...

この方法であれば、インラインフレーム内にCGIや他サーバーのページを表示することも問題ありません。
掲示板などをフレーム内部に出したい場合には、こちらの表示方法を使うと良いかも。
無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ