彼はサンに剣を向け、俺はそれを横でただ見ていた。

  何が起こったのか、それの把握に必死だった。

  太陽に助けを求めるように目を向けると、彼女は顔を伏せる。

  最初からこうなることが分かっていたかのように。

 

「え――何? 悪い冗談は止めてくださいよ……」

  サンは引きつった笑いを浮かべながら彼に話しかける。

  だがそんな問い掛けにも彼はただ冷たい目線を送るのみ。

「自分が一体何者で、今から何をするのかを考えれば……答えは案外簡単なものだろう?」

  その冷淡な言葉が、俺とサンの思考を凍結させる。

  彼、カイルは――サンが何者なのかを、知っている。

  そして、彼は剣を向けている。

「さぁ、じっとしているなら私は楽に済ますことができるからいいんだが、もう諦めたのか?」

  ビクッ、と、サンの体がはねる。

  顔は青ざめ、手は震えている。

  殺されるということが怖いんじゃ無い、自分が何者なのか知られていることが――。

「ま、待ってくださいよ。カイルさん、サンは別に悪いことをしてるんじゃないでしょう? ならなんでそんなことをするんですか」

  そういうと、彼は一瞬俺の顔をすっと見て、そして少し笑った。

「……なんだ、彼に何も言ってないのか? それなのについてきて……いや、言っていないからついて来てくれるのか」

  彼はサンを見下ろす。サンはさらに下を見続ける。

  カイルが息を吸って、俺に顔を向けた。

  その時だ。

「分かりました。いいですよ。戦いましょう。この前の続きをしましょう。あなたの、気が済むまで」

  彼女は、まだ震えていた。

  でも、目は彼のそれを確りと捉えていた。

  その表情に少し驚いた風を見せ、そしてそれはすぐに消えていった。

「なら、始めようか。殺し合いを」

 

 

 

 

  STORY30  ノットイコール

 

 

 

 

 

  あまりの展開の速さに、置いてけぼりを食らったような感覚に襲われながら、歩いていく二人を見ていた。

  隣にいる太陽は、俺を心配してか、ずっと横に居る。

  なんで、なんでサンはいつもこういう扱いを受けるんだ?

  なんでなんだ。

  世界を救おうって、頑張ってるんだろ?

  なのになんで、いつもいつも――。

「あす? 大丈夫?」

  気づけば下から覗くように俺の顔を見ている太陽が眼に入った。

 

  太陽とサン。

  驚くほどに似ているこの二人は、片方は人に愛され、そしてもう片方は――。

  一体何が違うというのか。

  

  そんな理不尽さに苛立ちながら、こんなところで座って頭抱えてるわけにも行かないと思い出した。

  オレは椅子から立ち上がり、彼女たちが消えた方向へと歩き出そうとした。

「あいつら止めてこなくちゃ――な」

  太陽にそう言うと、彼女はまた少しうつむいて、何かを言いたそうな……。

「あすは……サンちゃんが何で、何をする人か――分かってないんだよね……?」

  さっき、カイルに言われた言葉が木霊する。

  サンは……世界を救うために頑張ってるんじゃないのか? そうじゃないのか?

  勇者なんて言ったら、ゲームでは誰からも応援されて、そして世界を救って、皆から崇められるものじゃないのか?

  オレは……まだ、何も知らない。

 

  何も、知らされてなんかいない――。

 

 

  でも、

  それでも。

「やっぱり、ダメなコトはダメなんだよ」

  そう、自分に言い聞かせて、オレは走った。

 

 

  どんな時だって、パーティは主人公を裏切らないんだ。

 

  そう、だから。

 

  オレはどんな時だって、サンを裏切らない。

 

  そう、決めたから。

  

 

 

 

前へ   戻る   次へ

 

 

 

 

 

 

 

無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ