瑞牆山日帰り登山の記録
      (平成20年4月29日)


快晴の春の一日、奥秩父の瑞牆山に登ってきました。
澄んだ空気、春の息吹を満喫してきました。




朝4時半に松本出発。
登山口到着前、瑞牆湖で準備運動、、、、
ではなく準備のダンスです。


登山口の瑞牆山荘前に到着。標高は1520mくらいです。



登り始はこんな感じ。朝の光が柔らかです。歩きやすい土路ですね。


すぐに森の向こうに南アルプスが透けて見え始めます。


隊長は今日も荷物がいっぱい。どんなごちそうが入っているのでしょうか。


標高1722mの尾根上の休憩ベンチに到着


この休憩所で、瑞牆山がはじめて顔を見せてくれました。


梢の向こうに南アルプスがどんどん高くなってきます。



富士見平小屋に到着。
名前の通り富士山が綺麗に望めました。


写真を撮るM氏。今日はライカではありません。



富士見平小屋から斜面のトラバース。
目指す山頂がはっきり見えました。かっこよいのだ。


登山道は一端沢に下ります。ちょっと休憩。


谷沿いの登りになりました。ちょっぴり荒れています。



一枚岩が多く、ロープを使って越えていきます。
腰が入ってますね。

続いてお兄さんも。


H隊長は何やらパフォーマンスを考案中。



これが大ヤスリ岩。でかいですね。
ボルトやカラビナが掛かっていました。登る人もいるのでしょうか。

八ヶ岳もはっきりしてきました。


日焼けサロンの隊長が飛び立つところ。
二人の男女は逃げているわけではありません。


今日のカメラはデジカメですね。狙う被写体は、、、、?

おっと、これから、、、


雪が出てきました。ちょっぴりクラストしています。
M氏はアイゼンですいすいです。



隊長、ソフトフォーカスになってます。


氷の付いた岩道が結構続きました。



頂上に近づき、稜線に出ました。


大ヤスリ岩を見下ろします。


隊長、日焼けしましたね。いつの間にか服を装着。



頂上直下です。あと一息。

到着しました。とりあえず記念撮影。


金峰山方面はこんな感じ。



見下ろすとちょっと怖い。


山頂は小広い岩場です。


何を思う?隊長。


しみじみ、、、、




ホントに澄んだ最高の展望でした。




八ヶ岳方面はこんな感じ。


さて下りますか。
シャッターを押す直前まで手を繋いでいたのだ。



凍っていて、下りはちょっぴり怖かったですね。




早くも富士見平小屋に到着。
トイレがこんなに速いペースを作ったのだ。



最後の下り。暖かいですね。


登山口に到着。めでたしめでたし。
パチパチパチパチ


無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ