激動の徳本峠越えの記録
             H20年5月25日





隊長!、日はどこへ行くんですか?



まさか僕たち、豪雨災害救助隊じゃないですよね?












というわけで、本編の始まりです



誰の行いがよいのか、大雨の徳本峠越えでした。
これを良い経験と言わずに何と言えばよいのでしょう



松本市の安曇支所から車で入れるところまで。
さて出発です。だれもがやる気満々のようですが、、、、、
本心は顔に表れていますね。行程約20kmです。
合い言葉は、、「勇気ある撤退」。



沢の支流は真っ茶色、悩むH隊長。



本流はこんな感じ。行けるところまで、、、、





一昨年の豪雨で道は所々で崩壊。川底に仮通路が付けられていますが、
昨日からの大雨で、濁流に飲まれていました。隊長がルート確認、、
断念しました。

T隊員がルート開拓に挑戦、、、、これも駄目でした



結局高巻いて前進しました。
最初からこんなもんで、、、、





ところどころ河原に降りるのですが、、
今日はこんな状態。梯子の下には水流が、、





ようやく二股に到着。徳本峠へのルートは左ですが、
右には怪しげなトンネルが



なぜか引き寄せられてしまいました。




取水場(?)の脇で休憩。
「雨、収まってきたよね、、、」
と、お互い自己暗示をかけているところ。





登山道に入りました。薄暗いですね。




早くも崩落箇所。レッツゴー隊長。

トラロープを結び直し始めました。





ここはやたら山菜が多いですね。
イラクサです。ウワバミソウは延々と生えています。



沢を渡りたいのですが、、、

こんな努力をしてみたり、、、

結局近くに橋がありました




一人ずつ渡らなくてはならない梯子や橋がいっぱいありました
ご丁寧な看板


これはがっちりした橋ですね

これはぎりぎりですね





標高1000mくらいですが、沢沿いにはまだまだ雪がたくさんです。





このあたりからはだいぶ流れが落ち着いてきました。
こんな感じの木道がたくさん。朽ちていて通れない箇所も沢山。






おやおや、山葵君ですね。ご立派な株です






岩魚留の小屋です。はあ、一息

ちょいと休憩。崩れそうな小屋ですが、
シーズンには飲食出来るようです。





これは不安定な橋ですね。増水してるから結構怖い。



こんな橋もあります

これは何のポーズ?Nちゃん、聞いてみてね。





山葵が雑草のように生えています。
これは、、、根元を観察しているところです。




梯子を使って崩落箇所や流れ込む沢を越えていきます。






T隊員、こんにちは。M隊員はピッケルをもってます。






丸太の橋も幾つもあります。
アッカンベーをしているのではありません。



上から見るとこんな感じなのだ。しぶきが上がってきます。






雪渓というか残雪が連続するようになりました。隊長がルート思案中。



、、、、隊長について行きますです





M隊員、ピッケルが生きてきました。





雪渓が切れたところで小休止。






こんなちゃいい丸太の橋。しかも雪渓がかぶっているのでちと危険
ザイルが登場しました。準備万端なのだ。






ようやく景色が開けてきました。雨もほとんど上がりました。





この二人はですね、元気なのですよ。





M隊員、雪渓と格闘中。やっぱり装備は大事ですね。




頂上(峠)の下100m位。笹原ですね。
案外雪がやっかいなのです。





頂上直下の登り。このあと残雪の急登。
M隊員がアイゼンを付けて、ルートを付けてくれました。
ザイルを流してくれたので、後は楽々、ありがとう、M隊員。




徳本峠に到着。長かったですね。いくつかの障害もあり、
標高差1400m弱を8時間近くかけて登りました。
小屋の前以外はまだ雪の世界でした。





さっそくラーメンの用意。
急に元気に、、、、
遅い昼食、1時半です。
小屋が空いていたので、
私はちょっと休ませてもらいました。
けっこうバテたのだ



ちょっぴり記念撮影。




もう1枚、、だんだん投げやり







明神への下りは標高差400mを越える雪渓から始まりました。



よい子は真似しないでね。アッと言う間でした。



明神池の方が開けてきました。まだまだ雪渓。

雪渓下部はでこぼこになってきました。
傾斜も緩くなり、逆にちょっと進みにくい。





雪渓が終わるとほどなく歩きやすい林にはいりました。
もう余裕ですね。下界のにおいがしてきました。




ニリンソウの大群落ですね。





明神に着きました。今日はじめて人に会いました。




上高地に向かって下ります。春の森が綺麗





信濃の国の謂われがわかったのだ。
へー、そうなんだ。





パチパチパチ。無事到着しました。河童橋。
やっぱり笑顔です。きょうはとっても楽しい山行でした。


めでたしめでたし。


無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ