BOULANGERIE ken  オススメッ     その5:2007.3.1〜 その1はこちらその2はこちらその3はこちらその4はこちら

板橋区赤塚2-2-17 03-5383-2216 8-20 無休(いまのところ) 画像はこちらこちらこちらこちらこちら(下のレポと照らし合わせてください)


(07/5/29)
ハイカのバトン(150yen):おーっひさぶりにハイカのなんたらが。もう二度と出てこないと思ったよ。今回はバトンだね。ぎりぎりと噛み締めタイプ、ココナッツとスライスアーモンドのダブル攻撃で素晴らしく香ばしい!中にはたっぷりとハイカに漬かったクランベリー。端のほうはどうしてもクランベリー度が低くなるけどナッツらがめっちゃ頑張っているのでノープロブレム!甘さ控えめフロランタン的要素があるような。ハイカ@リキュール具合はよぉくわからないけど(より紅く、色づいているとは思う)そんなんはおいといて、美味しかったデス!
かぼちゃ&くるみの2色ベーグル(150yen):もしかして2色は初?2種類の生地で出来たベーグルです。練乳入りクリチが中に入っております。生地も甘めなので、なかなかスィートなベーグルだね。
少し先の話ですが8月14・15・16
ブランジェリーケンさんは修繕工事のためにお休みされるそうです。まだ予定とのことですが。正式に決まったら、公式HPにて発表があるでしょう。
(07/5/27)
ズッキーニ&ワカモーレのカスクルート(200yen):単発のカスクルとのこと。わりと大人しいアボカドディップとズッキーニ、オニオン、トマト、たっぷりのチリパウダー。ズッキーニの瓜系のウマさを存分に味わえる。単発なんて勿体無いなぁ〜。
カボチャとくるみのナチュレ(250en):いつもながらにそのずっしりとした重量感に圧倒される。切ってみると、ドカンと真ん中にクリチィ〜♪このクリチ、少し甘くない?練乳かなんか混ぜてあるのかな。ずんだバトンのクリームかしら?でもって、かぼちゃです。かぼちゃ、まざりきらない程度に生地のなかに。だからかぼちゃ単独の味もしっかりと味わえる。くるみも入っているし、もーたまりませんねこりゃこりゃ。
セレアルスコーン(150yen):アーモンド・ピーチ・クランベリー・レーズンなどなど)スライスアーモンドの存在がいがいやいがい、重要アイテムだった!
*オシラセ*
気温の上昇にともない、バジェットポシェット・ソーセージとビーンズのカスクルート:HOTチリソース・三色豆チャパタ&カスクルがお休みに入ったとのこと。また秋ですね。あと、チェリークロ・イチゴクロも終了とのこと。
(07/5/26)
新作カスクル3連発。どれも夏向けですねー。
南蛮漬けカスクルート(200yen):古代米バケ&おかづ(←チョウシ屋風)シリーズ!古代米カスクルートですよー。にんじん、たまねぎもたっぷり、魚2匹入ってます。めっちゃ、定食っぽいぜ〜。漬け汁でやや切り口がしめっぽくなっているけどkenさんちのバケは総じて水分に強い、これでも十分耐えている感じ。インパクトありありな具なのに、さすが古代米バケ、しっかり存在感抜群。堂々たる雰囲気ですよ。どんなおかづもしっかり受け止められる実力あり。南蛮漬けに関してはワタシ定規だと、もっと酢と唐辛子きいててもいいかなっ。ところでところで、今更ですが、えーっと、これ、小鯵だよね?もしかしてわかさぎ?(笑)*ワカサギでした(笑)鯵のときもあるそうです。
トウフのカプレーゼ(200yen):「モッツァレラチーズのかわりに豆腐をトマトバジルガーリックに漬け込んだもの&シュレッドチーズ&トマト。パンは生ハムサンドの生地にベーコンとイタパセを練りこんだもの」とのこと。かなーりあっさり淡白なお味。具全体の味が薄めなので、パン生地にベーコンイタパセの工夫がないともっと味がないぃ〜ってなっちゃうね。ヘブはトウフいらない〜って抜いて食べてた(汗)
カスクルート(シーフードサルサ)200yen:「ツナピクルスクリチ&サルサソース&きゅうり&オニオン&アボカド」とのこと。サルサソースはハラペーニョ他、色々スパイスィーなもんが入っていそう。結構辛くてイイっすイイっす♪大きめサイズの角切りきゅうりが超イイアクセント♪
こん中で、ワタシ的順位は
1、サルサ
2、南蛮
3、トーフ
でした★
桃のリュスティック(100y
en):今年も食べた。今年のはクリチなし?缶と生の桃かしら・・桃の量が少なめで、桃も優しい感じなのでインパクトに欠けるリュスティックかも。
(07/5/23)
チェリークロ(180yen):メロクロ、いちごクロときてチェリークロ。今回はチェリーに。どーんと乗ったアメリカンチェリーがいいね。ケースから取り出すとき、サイズに見合わぬずっしりさに一瞬驚くも、ああ、kenさんちのクロだものねとすぐ納得。ほんのり甘酸っぱいクロ生地と、甘いサワークリーム、さくらんぼのジェリー。少し冷蔵庫で冷やすと美味しいデザートパン♪
(07/5/20)
くるみベーグル+ブルーチーズ&リンゴ
この組み合わせ、聞いたときに「美味いに決まっている。間違いない!」と長井秀和入っちゃったよー。ブルーチーズ単体では苦手気味だけど、ハチミツとかフルーツとのペアリングはもう、途端にダイスキ!になってしまう。
くるみのベーグルでヤッチャッタってところがゴージャス。甘味のあるむっちんクルミ入りベーで包まれれば、ブルーチーズ苦手な人でもイケると思うなー。
(07/5/19)
パリジャン(150yen):sisterが作る焼き菓子、あればラッキー、内容もその日の楽しみ。本日はシュークリームですな?かぶりつくとあふれだす、たっぷりの美味カスタードクリーム!アーモンドダイズが乗って風味もグレードアップ。
コーンと空豆のキッシュ(200yen):ひかれたキッシュにはペコロスverもあったけど、そちらはベーコン入りとのことで空豆のほうに流れる。コーンと空豆とチーズが超仲良し!!
ピーチナチュレ(250yen):桃リュスの前にナチュレで登場。生地にドライの桃、トッピングに缶の桃。生の桃?なんて聞いたけど、考えたらまだ桃でてないよね^^;中央に桃とともにサワークリーム、甘くて桃とぴったり♪
(07/5/18)
セレアルスコーン(150yen):帰ってきたZAKUZAKUスコーン!!!これこれ〜っ!最初にワタシが食べたスコーンに近い!材料を足したり引いたりして配合を考え毎回?美味しくなぁれ、美味しくなぁれ、とジャムおじさんのように念じながら生地作りをしているとかしていないだか、とのことですがワタシが食べた二回目以降、どうもしっとりふんわりしてしまいザクザク具合がいまいっぽ足りない様子でした。ここにきて一挙に復活を果たしたZAKUZAKU度↑↑↑
形状も試行錯誤、平べったかったりしたけれどこれくらいの高さがいいのかもしれん。最初のスコーンも高かったし。ドライフルーツは毎回少しずつ種類を変化しているそうで今回は柚子+マンゴーとのこと。
モラセスジンジャー(320yen・1/2 160yen):モラセスグループ新人!スパイスィーな香りを放ちまくりのショウガ入り。表面付近にしょうがが存在。はちみつ漬けにしてもショウガはショウガ(当たり前)モラセス生地がぴりりっとした刺激をそっと包み込むように、みたいな色男的仕事をしてくれています。モラセスの味とジンジャー、合います!ワタシは栗モラセスより好きかも。
カシューベリーのナチュレ(250yen):ベリー、というからクランベリーとかラズベリーとか想像していたら、さくらんぼ、チェリーでした。カシューチェリーのナチュレだったのかな?チェリーの甘酸っぱさとカシューナッツの油脂旨味。ナチュレのクラムはねちり、とした感じなのでなんとなーく、あまり合わない具の組み合わせのような・・kenさんちのナチュレ×カシュー+チェリーはあんまり相性よくないような。美味しいンですけれどね。ワタシだけかもしれないけれど、そう思いました。
(07/5/17)
アップルパイ(250yen):リンゴ+ルヴァーブ、kenさんちではお馴染みの組み合わせ。トップにグラニュー糖、甘さ補充、ルヴァーブすっぱいもんネ。全粒粉入りのパイ生地はざっくりとラフな感じ。
(07/5/14)
ベリースペシャル!!(クランベリー・ストロベリー・ラズベリー):怖いほどのビビッドな赤。ベリー系の酸味を持つ生地と三種類のべりーたちが和気あいあい。
怖いものナシのイケイケベーグル。甘いサワークリームも入って、他のベーグルに比べて小さめなんだけど、脱ぐ(食べる)とすごいのよ!!的、底力を持つ女王様ベーグル。
古代米ベーグル(きんぴら):古代米きんぴらエピのベーグル版。ツナひじきver.もあったけど断然きんぴらエピが好きなのでコチラを。コメ入りのもっちんもっちん生地はベーグルになって更にアゲアゲカラメのきんぴらがめっちゃおいしい♪エピ同様、ベーコンも入っています。ぶっちゃけ、な〜んも知らない人が食べたらまさかベーグルとは思わないかも。。。ベーグル自体を知らない人は惣菜パンとして美味しく食べ、ベーグルというパンの種類知っていても、なんも言われなければまたしても和風の惣菜パンと思って食べる、かもしれない(笑)
ブルーベリー+ピーナッツバター:ブルーベリーを練りこんだ生地にピーバタ。ブルベリがあまり強くないのでピーバタの独壇場。だからちょっとツマラナイ。ブルベリがもうちょっと強いとまた印象かわってくるだろうな。
ココアチョコ+ピーナッツバター:甘味の少ないココア味ベーグルにピーバタ。こちらのほうがなんとなくインパクトあるかなぁ?甘いのがかぶるかと思いきや、ココア生地の甘味が少ないので全然オッケー。
雑穀ベーグル:「雑穀ベーグル」ときいて「硬めでざくざく?」とか思っていたけれどワタシの想像とは全く違った。雑穀を練りこんだ生地はめちゃめちゃもっちり♪中にいちじく・ラムレーズン(レーズンだけでなく、オレンジピールとかも入っていたらしい。洋酒で戻したドライフルーツだそう。)・クリチ!こりゃぁ〜うまかとです〜!
しそわさベーグル:しそわさフーガスのベーグル版。甘味のある生地にぴりっとしたわさびクリーム。シソと白胡麻がわさびをサポート♪
(07/5/13)
コーン!(200yen):生地を変え、大きさも縮まって再登場。ハッパ部分はバジェット生地の緑。こっちのほうが断然見た感じがかわいらしいね〜。前回のは凶暴だったもん。凶暴もろこしカンパ。フランス生地に変更したとのこと。こちらのほうがコーンたちの居心地がよさそうです。ただ生地の酸味というかすっぱみが目立つ。コーンの甘味はちゃんと感じられるから、問題はないのですが。更なる進化を希望です!(追記:焼き戻すと、「焼きトウモロコシ」味になった!醤油なんかちょろっとたらしたら、まさに。)
ピュイラムール(200yen):シスターのラブリィ焼き菓子シリーズの新作。なんてかわいいんでしょう♪シュー皮にものすごーく洋酒のきいたバニラビーンズつぶつぶ入りのカスタードがたっぷり。しっかりと甘いカスタードがシュー皮とよく合います。冷やしすぎず、ぬるすぎず、の状態で食べるのがいいかもね。かわいらしいンだけど、洋酒びんびん大人のスイーツですな〜♪
キャベツとトマトのキッシュ(200yen):野菜の具キッシュ希望なので、食べたらベーコン入ってた。が、あまり激しく入っていないのでキャベトマを邪魔してなくてヨカッタ。このキッシュはトマトが主役!自家製セミドライトマト、凝縮されたトマトの甘さ。
バナナとくるみのバトン(200yen):ちょいふとっちょバトン。店長に「ホワイトチョコ入りだよ?」と言われて一瞬ひるんだけど、果敢にチャレンジ(笑)ホワイトチョコはあまり好きじゃないんで。。。くるみがとにかくすごい。バナナとくるみというよりはくるみとバナナのバトン。そんなくるみの圧力?に耐えながらも、バナナのセミドライが入っています。生地にも練りこんであるのかな。Wチョコ、全く心配ないくらいのポジションだったんで助かった。焼成するととけてカタチもあまりとどまってなく。
ゴーヤチャンプルーリュス(100yen):今年もでましたー。えっと、ワタシはキッシュよかこっちのほうが好きですー。野菜のリュスはひいきめ評価になってしまう。
(07/5/11)
乳酸酵母とベリーのナチュレ(250yen):グルジアヨーグルト酵母とのこと。なんぞや?ってググるとカスピ海ヨーグルト!なつかしい〜。一時期我が家でもやったよ。ワタシしか食べなくて尻すぼみになってやめちゃったけど・・・へぇ、ヨーグルト酵母かぁと思って食べたからか、どことなくソレっぽい味や香りを感じる。ブルーベリーとクランベリーが元気な甘酸っぱさ。クリチもどーんと中央付近に入っているヨ。
(07/5/10)
季節はずれの栗モノがふたつ。
マロンナチュレ(250yen):栗のカンパーニュを彷彿!イガから栗が見えるようなサマも、ほんと、帰ってきたウルトラマンというか栗カンパぁー?!みたいな。
うっわ、これ、ウマーイ!栗のミルキーな甘味とともに、くるみも入って向かうところ敵ナシですよ。ムテキング!
モラセスマロン(320yen 1/2 160yen):安定した人気をほこるモラセスカンパに堂々の新人さん。よっぱらいそうなほどのラム酒漬かり具合の栗がすごい。凄すぎてモラセスの味がかすむ〜。栗密度高なので、甘めです。
コーンカンパ(250yen):でたよでたよ〜。もろこしカンパだよ〜。いやしかし、デカいネしかし(笑)武骨な感じが店長らしいっすねー。表面コーングリッツ(ミール?)。カットするとコーンがぽろぽろこぼれ落ちてきて妙に嬉しくなっちゃった(コーンが逃げ出している???)。酸味のあるカンパ生地なのでコーンの甘味が際立ちまする。ぴろっとした皮の部分はコーンなし、また違った独特の味わいを楽しめます♪あまりに大きいので2/3サイズくらいがいいなぁ。あと、ワタシが求める「とうもろこし」のパンとは違うタイプだったので残念。
(07/5/8)
黒豆と豆乳のナチュレ(250yen):コンプレオレンジのような成形。穴から黒豆の甘い汁が染み出ていて・・・♪豆乳の味は分からないけど、相変わらず美味なナチュレ生地〜。黒豆は中央付近にたっぷり巻き込まれています。しっかり甘い黒豆なので、黒豆少ない部分と調整して食べたいね。
抹茶と金時豆のリュス(100yen):一回だけ食べた金時豆リュスの再来か!と喜ぶ。今回は抹茶が入ってる♪カットするとぶわっと抹茶臭。和菓子的な要素のあるリュスだな〜。金時豆は五色豆より甘さ控えめかな?五色豆リュスはファンが多いけど、そのファンの方たちは絶対好きだろうな、なリュス。
ゴーヤチャンプルのキッシュ(200yen):たまたまゴーヤの日に食べました(5月8日)。約一年前にゴーヤーチャンプルー@リュスを食べたなぁ。このところ絶好調のキッシュでもお目見え。豆腐に豚肉、そしてニガウリ。程よい苦味と胡椒もなかなかきいていて、このキッシュってば白飯のおかずになる・・・かも?!
(07/5/6)
いちごのベーグル(150yen):いちご粉末ではなく、ピューレだか果汁だかを練りこんだいちごベーグル。ナチュラルな味わい〜、な反面、今日のはなんだかイースト臭が強いような気がして残念。ドライイチゴとともに入っているサワークリームが焼成とともに溶けてどっかいっちゃって残念。
(07/5/5)
えび&枝豆&アボカドのキッシュ(200yen):今日は色々なキッシュが出ていて選び放題。キャベツとドライトマト(自家製とのこと)、ブロッコリーとベーコン、あと3種類くらいあったかなような。
おお、これはうまい〜。これまで食べたキッシュん中でいっちばん好きな味。アボカドとアパレイユ、チーズの混ざった味がイイ。
(07/5/2)
メロンクロワッサン(180yen):キウイクロの仲間とも思える色合いのメロクロ。なにやらメロンのピューレじゃないけどそのような感じのものを使用とのこと。うーん、クロだけ食べてみると、あんまメロンしてないなー。全部の素材を一緒に食べてみる→ウソっコっぽいメロン味〜。ま、そこがいいかもしれない。クロは塩味よりだから、絞られたカスタードと生メロン&ナパージュでちょうどよいバランス。デザートパンですな。ヒエヒエ冷やして食べるのがいいね〜。
(07/5/1)
シューケット(150yen):プレーンとショコラがあり、今回はプレーンを。
甘さは控えめくらいなので、一袋簡単に食べきれちゃう。なるべく早めに食べたほうが美味しいね。キュートでかわいいし、ちょっとしたプレゼントにも喜ばれそう。
(07/4/30)
セレアルスコーンに続く焼き菓子ラッシュ。シュー皮使いの焼き菓子2種。どちらもスタッフさん作とのこと。
今回はかわいらしいネズミ君を連れ帰る。
すーりー(150yen):身長約9cmの子ねずみちゃん2匹のセット売り。ちょっとゴメンナサイしてピラッとめくらせてもらうと小さな体の中にはカスタードがたっぷり♪このカスタードはクリームパンのカスタードと違うね?なめらかであっさりな甘さで好印象。背中のココナッツもシャクシャクとしてて楽し美味し♪
グレープフルーツフラン(200yen):キッシュの甘いver.。クロワッサン生地にサワークリームをひいて上にGFピューレ、卵液、表面にGFピール・フランボワーズ、焼き上がりに粉糖&イタパセでお化粧。固めのクロ生地仕上がりで卵液がっちり受けとめ。グレフルのおかげで甘さが全体的にさっぱりとしています。ぽつんぽつんと置かれたクランベリーが赤くて目立つワンポイントかつ際立つ酸味で爽やかさアップグレード↑↑↑ISSIが冷たくすると美味しィーですよーというので半分は冷蔵庫に入れてヒエヒエにして食べてみるぞヨ。
アマニセレアル(250yen):亜麻仁はダイレクトにグッとはこないけどワタシはこれ、キライじゃないです、結構好き。カミカミしていると、じんわり染み出てくる種油の甘味。一見滋味めな風貌だけどそこがまたイイ♪
(07/4/26)
セレアルスコーン(150yen):日によってマンゴー入っていたりいちじく入っていたり。今日のは何かスペシャルなもん入っているかなーと楽しみになります。最初に食べたセレアルスコーンがよかったな段々しっとりさを増しているような気がするよ。
(07/4/22)
さっそく進化2種類。
セレアルスコーン(150yen):涙型?に変身。フィユタージュを作るバターで作成とのこと。そういわれたからか前回のよりも美味しく感じるよ。こちらのほうがしっとり香ばしい甘さ。塩味がわりときいているかな。
キーマーカレーのリュスティック(120yen):早速次の日こんな感じに変化。丸型で焼きで。中央にスライスゆで卵&シュレッドチーズ。かなり固めな仕上がり。ちょっと焼きすぎたーと言っていたので軽めに焼けばもう少し固めが緩和?
(07/4/21)
ごぼうとれんこんとくるみのコンプレ(250yen):ヤーコンコンプレに続く、根野菜入りのコンプレ。ピーナッツオイルで具を揚げて下処理しているらしい。やや酸味が強い生地にごぼうにれんこん、どっかあらぬ方向に進みがちなところをくるみを入れることによって引き止めている?安全策にくるみ、みたいな。もう少し、レンコンのシャキシャキ感が欲しかった。
ライキーマナゲット(150yen):別名「雷おこし」「雷ナゲット」だとか?(笑)ライ麦入りの黒っぽいリュスティックにキーマカレーを包んでバージンオリーブオイルで揚げたという手の込んだカレーパン。キーマカレー、辛くてスパイスもきいていてウマ!クリームチーズも入っているよ。外のコーングリッツの食感もイイ。ただ、やはり冷めて→焼きなおすとフンニャリとしてしまって美味しさが急降下。揚げたてをゲット即食いすべし。今後は揚げずに焼き、でいくかもとのことです。
(07/4/20)
ミント+ハイカのナチュレ(250yen):ナイフを入れると爽やかなミント臭。以前もこんなパンを食べたことがある。ハイビスカスのリキュール"ハイカ"入りのパンです。よくわからないけどアップルだか、アンズだか、ストロベリーだかクランベリーだか色々なドライフルーツが満載。そしてクリームチーズ。これらでミントが突出するのを防いでいる感じ。ワタシにはハイビスカス感はあんまり分からなかったけど、食べていると徐々にクセになってくる不思議系ナチュレ。
(07/4/19)
セレアルスコーン(150yen):kenさんちに初の焼き菓子。○○○○○スコーンじゃなく、セレアルスコーンですよ!穴埋めクイズみたいですが、ココみてくれているパンオタさんたちなら速攻正解できちゃうでしょう(笑)シリアル・クランベリー・ドライアップル・レーズン入りとのこと。ドライフルーツたちの歯につくようなネチネチさ、甘酸っぱさ、最後にバターの味がやってくるザクザクなスコーン。美味〜♪そんなセレアルスコーンは○○○○○なスタッフさんが作っています★
(07/4/16)
柑橘系のベーグル
(150yen):kenさんちのプレーンベーグルは橙・赤系統の色の食材とぴったりと合う。なんつってもビジュアル的にかなり美しい。マンゴーも◎、いよかん◎も。でもって、今回はピンクグレープフルーツ!グレフルピール+甘いサワークリームを巻き込んでグレフルコンポートが上に乗っています。苦味は心地よい程度で爽やかに柑橘系を満喫できます♪欲をいうと、もちっと具が多いほうが嬉し★ワタシのは具が偏っていたような。。。
モーンナッツベーグル(150yen):くるみのベーグルにけしの実ペーストを巻き込んだもの。ほんのりと甘い生地にくるみの甘さ、更にけしの実ペーストの甘さでより甘く。巻き込まれているペーストは過度に甘くはないので甘々なワケではないデス。
キッシュ ザ ロレーヌ(200yen):肉の繊維が目立つなぁ、ショルダーベーコンかなんかが入っているのかなァって思ったんだけどそうではなく聞くところによると「ハムを作ろうとしてちょっと違う感じになった豚肩ロース肉」だそう。今まで食べたkenキッシュたちに比べてアパレイユを楽しめた!!んだけどハムになりたかった肉&アパレイユ全体の塩味がワタシにはまだ強く感じた。こればかりは、人それぞれ好みの問題だから...(ね?!)パーラー塩豚キャベツトマト、がここ最近でおいしーと思うキッシュ不動。
こごみとセリのリュスティック(100yen):春の山菜系リュス。トップに乗ったこごみがポイント。アクも少なく、山菜ちょっと苦手ーな人もきっとなんなくいただける。だがしかし、あまりにすんなりなので、インパクトにかけているかも?
(07/4/13)
ヤーコンとリンゴと洋梨のコンプレ(250yen):ヤーコン入りコンプレ。もはや、何入っていても、あんま驚きませんが。。。具よか、kenさんちのカンパやナチュレに比べてこの全粒粉入りクラストが軽めでなんとなく意外な気がした。クラムはkenリュスぽいグニュグニュ感あり。中に入っているヤーコンもリンゴも洋梨も、パッと見同じような色合いだけど食べるとそれぞれ特徴があるのであっ今食べたのはヤーコンだ!リンゴだ!とか、わかります。「いろいろなシャキシャキ感」が楽しめるパン。
パエリアフルート(200yen):古代米バケト、赤飯フルートに続く米シリーズ。パエリア〜!もうこうなったらなんでもあり?ちらし寿司とか、炊き込み御飯とか・・・カツ丼とかはないな?(笑)パエリア、生地に加える前に食べたかっなぁー。米がパリパリぼりぼりとしている。しっかり味がついているのでこのまま食べるのがヨシでしょう。シーフードもちゃんと入っておりますよー。
(07/4/10)
古代米のベーグル(150yen):古代米バケットから始まり、エピ、ツナ、UDOと続々とバリエを増やしている古代米ファミリー。ベーグルでも登場♪
ベーグルになると雑穀的な感じにツブツブを感じる。あまり今まで食べてきた「さすが米!米のもちもちだ!!」な印象がちょっぴり控えめになった気もする。固い感じの中に米、だったから。ベーグルのもちもちさが既にあるからもちもち度がたくさんって思う面もあり。逆に米たちのもちっとした感じが薄れているような気もあり。ちょっと言っているコトが不可解だな?(笑)でもまぁ、適度な固さで美味しいですよ。
(07/4/9)
きのことベーコンのキッシュ(200yen):菜の花キッシュが終了、かわりに野菜のキッシュ、きのこのキッシュ、ほうれん草のキッシュがでました。ペッパーがきいていて前回よりも塩味はマイルドに。(ベーコンの塩味加減だったが)きのこは椎茸・舞茸、しめじなど。値段考えずに味だけ考えると、パーラーさんちのほうが断然好き。この大きさで200円は破格だものね、それをいっちゃ贅沢というもの???
(07/4/10)
フランボワーズとレザンノアのナチュレ(250yen):ぱっと見、カシスのカンパ、カシスのクロ系の発色。こちらのナチュレはフランボワーズの粉末を使用しているとのこと。生地自体のフランボワーズの酸っぱさは思っていたよりもおとなしく。レーズンとクルミがガッツリと入りまくっているのでせっかくのフランボワーズがかすみそう(笑)kenさんちのナチュレらしく、クラストガリガリ、美味しいです。カンパ+くるみ、ナチュレ+くるみ、な風にクルミとかナッツがいっぱい入っているとワタシは即オッケー(笑)
マンゴーのクロワッサン(150yen):こちらもフルーツ粉末シリーズ。マンゴーの粉末いりのクロ生地です。ワタシの大好きなマンゴーオレンジ色(きいろ?)が嬉しい♪生地、味はほとんどマンゴーわからないんだけど中にセミドライマンゴー入っているしカリジュワのクロ生地もいつも通り美味しいから大丈夫なんです(笑)生地は甘くないので上のナパージュで甘味を加えています。
(07/4/6)
UDO(150yen):「ウド」です。山菜使いの春らしい古代米生地使いの創作パンです。昨日のは「ヤベ、七味を入れ忘れた」そうで、パスりました。七味入りのデフォverUDOをゲットー。
見ての通り、ひょろろろろぉ〜〜んとした形は、うどですね、うん。先っぽのほう、グリッシーニみたいにガリポリ。中に入っているうど、酢味噌と一緒でほろ苦さも軽やか&えぐみもなくさっぱりとしています。ご飯にうどの酢味噌和え、って実際は(おかずとしては、ご飯のお供としては)食べないけどこうやってパンと一緒になって食べても全く違和感ないどころかピタリと美味しい。。。古代米生地の本物のご飯以上にご飯しているところ(でも、パンなんだよなぁ)に底力を感じた。
(07/4/5)
ひじきとツナの古代米フランス:ツナの味があまり好きではないことに、食べていて気づく。チャパタサンドのツナも何気に苦手だし。でも、コンビニおにぎりのツナマヨは好き(笑)ひじきだけの具のものがいいなー。
赤飯フルート(200yen):kenさんちはパン屋さんじゃなくおにぎり屋かなんかになったみたい。古代米バケットに続けとばかりに「米」ものです。餅米がいい仕事してくれてもちもち感がすごい。表面黒胡麻+岩塩、これまた赤飯ちっくで食欲増進〜。赤飯食べている錯覚に陥るネ!ホントはクープ入り、そしてもっとささげを増量するだか、赤色っぽくしたいようなこと申していましたよ。
(07/4/3)
ココアとマスカルポーネのナチュレ(250yen):フランボワーズの生地だと思うんだけど、それにフランボワーズとチョコチップがたっぷり入っています。うーんと、この表面は???ココアがふりかけてあるみたいだけど、地割れが起きたあとのようだ。。。そしてマスカルポーネの存在がよくわからない。1/4ほどカットして食べたンだけど。ときどき、食べていると「ハッ。今のマスカルポネちゃんじゃない??」とヤツの味がするときがあってでも目ではしっかり確認できず。今度店長に聞いてきまっせー(ソレが手っ取り早い)。→焼くとマスカルポーネが飛んじゃうらしい・・
(07/3/27)
グリーンカレーのベーグル(150yen):以前にたった一度だけ出た、幻かつ謎のベーグル、グリーンカレーのベーグルがアボカド生地で満を持して再登場!挽肉・パプリカをメインとしたグリーンカレー味のフィリングを巻き込み、トップにチーズ。最初に辛さがきて最後に生地に練りこまれたココナッツのちょりちょりとした甘さがくる。おお、これこそ「グリーンカレー」ベーグルだ!謎ベーグルの汚名?はもう捨てられるね(笑)生地に練りこまれたアボカド、味はイマイチぴんとこないけど色はグリーンだしグリーンカレーベーグルとしての視覚的役割を果たしていて、完成度の高さを思う。エスニック感たっぷりんなベーグルです♪
ソーセージとビーンズのカスクルート(HOTチリソース)200yen:チリビーンズカスクルートのごとく、ボリューミーなカスクルの新作!ドーンと一本ソーセージが挟まり、その上に様々な豆がごろごろ〜。味の決め手は秘密の赤いHOTソース。この謎ソースはバジェポシェにも入っているんだって。
菜の花とベーコンのキッシュ(200yen):とまさんとこでみたキッシュ。菜の花がたっぷり入っているところが素敵〜。ウニっぽい濃厚な味(そんなん思うのはワタシだけかも)の卵液もイイ!ただ、塩味がちと強過ぎる気がするのデス・・。それがワタシ的には残念でした。(追記:いつものベーコンではないイレギュラーベーコンだったので塩味キツくなったそう)
春菊デピス(250yen):シナモンとフィンネル、春菊、と香りの強い食材を用いたパン。見た目より更に更にしっかりとしたクラスト、中はしっとりとしていて春菊とスパイスが絡まった複雑なお味。そしてレーズンとオレンジピールも上手に組み込まれております。香りと味が落ち着く数日後に食べるのも実に味わい深くなっていそうで楽しみ!
(07/3/26)
いちごのベーグル(150yen):中にドライイチゴ&サワークリーム。いちごとWチョコクロワッサンに比べたらスッパさはまろやかだけど、ちゃんと生地自体もイチゴを感じられてむしそ具がない部分のほうが「ほんのりイチゴ」な感じがワタシは好きでした。おきゃんというかおてんばさん、というイメージの春らしいベーグルです。
(07/3/15)
桜とチェリーと大納言のパン(250yen):ナチュレかどうか、聞いてこなかったや。「桜リキュール」「桜の塩漬け」「チェリー」のもう、春しまくっているパンです。桜の塩漬けのお相手に、大納言様もどすどすと入っていますよ。塩気・甘味・すっぱさ全部強めで三者一歩も譲らず、引かない様子がすごいなと(笑)視覚的にもめっちゃ濃ピンクだし、食べるとふんわり、じゃなくぶわぁっと入っている桜もろもろたちがお口ン中で大暴れしちゃう、かわいいンだけどパワフルなパンでした。ジグザグクープから大納言がチラホラと顔をのぞかせている様子もほんと、かわいいね。
フルーツキャロット(250yen):レーズン・マンゴー・グァバ・ココナッツ入り。人参ドーン!デカッ。人参っつーより、大根?みたいなサイズ。京人参くらいかな。オレンジ色の人参生地にココナッツ、レーズン(2種類?3種類?)、マンゴー、グアバ入り。これもいれちゃえ、アレもいれちゃえ、みたいな感じに具を入れていったのでしょうか。。。(笑)グリーンレーズンが一番生地に合っていたような気がします。緑のハッパ部分がバジェットのほうれん草生地かな。バリバリとしてうまいっす♪
直径20はありそなデカフォカッチャ。バジル満載の生地にツナ・トマト・赤・黄パプリカなどとともにチーズ♪トースターで焼きなおして、サックサクあっつあつにしていただきました♪
みつ葉のリュスティック(100yen):kenさんちのリュスはハッパ系が合うのでみつ葉も問題なく生地になじんでいました。しいていうと、三つ葉自体が菜の花とか味の強いハッパものより柔らかい味なので、ややインパクトにかけるかな?ってとこです。
(07/3/14)
いちごとホワイトチョコのクロワッサン(150yen):苺パウダー入りのビビッドなレッド!味、甘酸っぱいというか、超スッパイ。こんなすっぱいクロワッサン生地があっていいものかと思うくらい酸っぱくてイイよ(笑)だから中に巻き込まれた&トップに散らしたホワイトチョコレートとピッタリかんかん♪しっとりもっちりとした食感。パンプキンクロまではいかないかもだけれど、パリパリではないです。
フルーツ&ザマンドフィユタージュ(300yen):さくさくフィユタージュ生地、パラフィン紙のようにハラハラ〜。アナタいったい何層よ!!まさに1000ミルフィーユ状態。メッチャ高さありまっせーー。ばりばり言わせながら食べる、サイコーですがな。ピスターシュ&アマンドクリームにこの日はいよかんコンポート・ブルベリ・フランボワーズなどでかわいらしく飾られ。上にクリームが乗っているから、サクサクが失われずにフィユタージュを思う存分満喫できてこれ、相当うまいであります!!しっかり気をつけてお持ち帰りして、きれいな状態で高さのあるフィユタージュを大口あけてばりばりと楽しみたいね。ちなみに、高層だったのは初日だけだったみたいで後日みたら低層になっていました。。。
(07/3/12)
枝豆わさびクリームベーグル(150yen):枝豆入りの生地にバジェポシェのわさびクリチを巻き込んだ、黄緑使い?のベーグル。わさびクリーム、これに使われたものが辛いのか、ベーグルにあわせて使うと辛く感じるのか、不明だけどなかなかいい辛い仕事をしてくれています。わさクリが目立って、枝豆の存在がちょっと薄め・・。わさクリがいない部分だと枝豆ちゃんがいい感じで美味しいなって思うんだけど考えようによっちゃー、部分部分で楽しめる、のかもね。
レバーペーストのベーグル(150yen):レバペカンパのベーグルver.「エルドプロヴァンス」っちゅースパイスミックスを使ったレバペってことを今更ながらに知りました(遅っ)。しかも、なんたらプロヴァンスって全くおぼえられず、メモメモですよ。。。(^^;生地にはライ麦配合で甘味もある&パルメザンチーズもたっぷり、ベーグルのむにむにっとした食感も加わってレバペカンパより柔和なイメージ。塩辛さもホントマイルドになっております。カンパとベーグルで、こんなにレバペの印象が変わるものなんだネ。
いよかんベーグル(150yen):驚愕のビジュアル!!キラキラとしたオレンジ色のいよかんコンポートの輪切りがドドーンと乗ってるンだもの!オレンジ色に目のないワタシ、ドキュ死に寸前。中には甘いサワークリーム、柑橘系フルーツが持つ爽やかさを前面に出してくれている重要アイテムー。ママレードとチーズ系ってとぉっても合うんだよね〜♪いよかん輪切りデカ過ぎて、下部分の生地がやや火の通りが悪くて大変そうだったけどノープロブレムな美味しさでした♪
桜あんぱんベーグル(150yen):ラッキーなことに2回キミに会えた!店長二度と作らないような語りっぷりだったから。気まぐれかな?でも、もうこれでほんとにほんとに最後かもね。桜が咲くまで、冷凍庫に大事にしまっておこう。すごい重いヨ。
(07/3/10)
バナナとチョコとココナッツのナチュレ(250yen):バナナカンパとカタチが似ているようで食べると違う!バナナ、ココナッツ、アーモンドのホールにビター気味なチョコ。バナナとココナッツで常夏感全開♪バナナの相手のチョコがきて、チョコの相手のアーモンドも入ってココナッツも乱入しちゃってなんとなく個性豊かなメンバーが入り乱れているけれど、姿はみえずどもしっかりバナナも感じられてよかったなぁという感じ。
グアバとココナッツのナチュレ(250yen):カルピスココナッツナチュレから飛び出したグアバ。今回はこのパンにて主役張ってます。ココナツのミルキー加減にさらされながらグアバさんが堂々たる雰囲気で入っております。ホットなグアバってリンゴとか梨っぽいお味になるのねー。グアバのトロピカルな甘さはもちろん、グアバ周辺の生地も甘くなっていてココナッツと合わさっていい感じ♪過度な甘さではなく南の島の青い空のような甘さ(どんなやねん)なところが気にいりました。
古代米とごぼうとベーコンのエピ(200yen):いきなり必殺技キメられた!クリティカルヒット!会心の一撃!KO負けだよー。ピリ辛〜通り越して辛いくらいのキンピラ?ごぼう。グッジョブ!(辛いのダイスキ)キンピラさん、ベーコンの塩気も手伝って、いやー、古代米バケット、ゴハンと化しているよ。クラストかりかりクラムもちもちで、サイコーなバケット。ごはんとおかず、和食を食べている錯覚に陥りそうになりました。
(07/3/9)
大葉とわさびクリームのフーガス(200yen):ものすごく噛み応えありマックス!バリりン度もマックス!上にかけたチーズがカリリと香ばしくて素敵よね〜。タダでさえうまいカンパ生地がシソ・ワサクリチ、白ごま、チーズによって更に更にグレードアップな美味しさにチェンジ。kenさんちのカンパ、こういう使い方もあるのねぇ。。ワサクリチ、上品なお味で薄薄グリーン。もっとわさびわさびしててもいいかもしれないけど、あまり激しくツーンとかしちゃうとマズいか。ワタシはツーン好きだけど(笑)
バジェポシェ(200yen):ミテコレ!ミテコレ!デカい豆、ちっさい豆、中くらいの豆がゴロゴロゴロゴロとまぁ、後から後から出てくるわ出てくるわでとんでもないことになってました。何豆?何豆?とにかく色々な豆(笑)豆大集合!しちゃったねこりゃ。すげぇ豆具合に驚愕しつつもニンマリだよ!ガラムマサラやらなんやらスパイスも入っているけど挽肉がかすんじゃうくらいとにかく豆!マメ!まめ!とにかく豆パワーすごいっス。豆の味が前面でホントうれし♪じんわりバジェ生地のほうれん草味も美味なり〜♪手足ももちろん美味なり〜♪ああ、思わず「♪」を連発してしまった。口元はやはりトマトで決めたンだね。おケツから食べ始め、お口でフィニッシュ!がいいかな?どうもピタなバジェ君は、にへら〜と薄ら笑いを浮かべているね〜。キモかわ(?)バジェのおなかン中もたいそうハッピーな、食べてニコニコ御機嫌上がっちゃう内容でしたね。
海藻リュス(100yen):いわゆる海藻サラダみたいな、色々な海藻入りのリュス。黒ごまも入ってる?今、鼻がきかないので(ほのかに花粉症...)いまいちよくわからないけど磯の香りはそれほどしなかった。けど、海藻の塩気とチーズの塩気も手伝って、食が進む君。
べりー!べりー!べりー!(250yen):ラブ&ベリーじゃなく、ベリー&ベリー&ベリーだぁ。(全然似ていない・・?)ベリー系の3連発なパンです。ストロベリー、ブルーベリー、クランベリー。春っぽい三人娘。ときたらキャンディーズ。微妙にキャンディーズ世代にかすっているんですけど季節的に、『春一番』って気もするし、『微笑がえし』も思い出すし。てか、ワタシはピンクレディーのほうが好きだったんだけど(笑)すっかり脱線、またパンの話に戻ります。ココナッツもひかえめに入っています、が。ベリーどもが凄すぎて、ココナッツ霞みまくってる〜。とにかくガン入り。ベリーどものガン入り。かわいいベリーたちなのに、ベリーども扱いしちゃってゴメンちゃい。生地がレザン!×3のようにマーブルしているのできっとベリーシロップかなんか、入っているのでしょうね〜。また憶測でなんか書くとあっさりと間違ってたりするので聞いてきます、、、(ストロベリーのジュースだかシロップ入りとのこと)
抹茶と栗のフィユタージュ(200yen):苺のフィユタージュといい、これくらいのサイズがちょうどいいやね。今日のはとってもおいしそうにアマンドクリームがかかって焼かれているなぁ〜。トップ、アマンドクリームとともに中央に栗、栗を囲むようにして大納言が散らしてあってかわいらしい様子。
(07/3/7)
大型新人(新かえる?)プレデビュー!!ワニガメサンドの好敵手の登場。ずっぺりと、相当デカいです。ひかれたカエルみたいです・・・ワタシ、帰らなくちゃいけなくて内蔵詰めるまでいられなくてキグルミだけゆずっていただきました。なかなかに食べ応えのあるかたさでキグルミだけでも大分食べごたえがあり。これに具が入ったら、相当破壊力のあるピタサンドになるだろうなぁ!ちなみに、具は豆&挽肉のガラムマサラ風味などを予定しているとのことです。ネーミングはと聞くと、「バジェットポシェット」でいこうかな?とのこと。
あと、これも焼きあがるまでいられなくて生状態のものを写真に撮らせていただく。しそワサフーガス。しそ型しているよー!中は特製わさびクリームチーズ、ごま、なんたらチーズ、しそ(だったかと)。そんでもって、パルメザンチーズを上にかけて焼くそうです。コイツも楽しみですねー。最近リュスティックがおとなしめだけど海藻系リュスもおめみえ予定とのこと。
(07/3/6)
カルピスココナッツナチュレ(250yen):ピンクグアバは他の具材に負けてしまうのではぶいて柚子だけ入れることになったとのこと。
桜あんぱんベーグル(150yen):単発モノです。桜塩漬けはまた違うカタチで出したいそうなので。桜を練りこんだ生地に、漉し餡&大納言を巻き込み系。わりとクラストがハードな感じの仕上がりでした。桜の香りがもう、一気に気分を春めかせてくれました♪
(07/3/5)
いちごのフィユタージュ(200yen):雛祭りが終わり、ひし餅フィユタージュもオシマイ。代わってこのフィユタージュの登場です。楕円のカタチ、フィユタージュ→アマンドクリーム→フィユタージュ→アマンドクリームの段々重ね。
フィユタージュ、苺入りだそうです。中央にフレッシュ苺、苺部分に到達するとアーモンド感たっぷりのクリームと調和してウマウマなのだ。
抹茶と大納言とホワイトチョコのベーグル(150yen):しっかりと濃い深緑。お味もしっかり抹茶。苦い苦い(笑)巻き込まれたチョコと大納言部分にあたると、苦味の中に甘味が加わり美味。ホワイトチョコ入りだけどとっても日本的な感じのベーグルです。
(07/3/2)
ワニガメサンド(200yen):今日のワニガメくんは(_´Д`) アイーン っていう感じです。
ワニガメサンドのコールスローのソース(アボカド・クルミ・白ごま・マヨ・お酢・オリーブオイル・にんにく)とのことだけど粒マスタードがガッツリINしていて好みの味付けだった。今回は紫キャベツが入っていたよ。
ずんだベーグル(150yen):ずんだバトンのベーグル版。枝豆と甘いサワークリームね。ベーグルよりも、バトンで味わって欲しいとのことでした。でもまぁ、プレーンベーグルのにゅいーんさも楽しめそこが餅っぽい感もなきにしもあらずでパンのずんだ餅っていう気もしないでもない。
パイナップルとマンゴーとココナッツのナチュレ(250yen):オレンジジュースも入っているこのナチュレ。焼きたてほかほかの香りがとーっても強くて素晴らしい。南国ムード満点♪この組み合わせはいいね。今まで食べたココナッツナチュレシリーズの中で1・2位くらいに好きかも。
(07/3/1)
カルピスとココナッツのナチュレ(250yen):ココナッツナチュレ旋風吹き荒れる!
カルピスですよー、あはは、カルピスぅ〜。ちょっと成形がいつもと違う感じね♪オサレね♪あとはピンクグアバと柚子。味的に、柚子が目立っております、グアバさしおいて。カルピス入りだからか、お菓子ちっくなお味で相変わらずガリガリ硬派なクラストなんだけどちょおっとかわいい感じの仕上がり。これはまたグアバなしにしたり具の入れ方を調整したりするようですよ。
ナスカ無料ホームページ無料オンラインストレージ