BOULANGERIE ken
 オススメッ     その1:2005.11.2〜2006.7.31 その2 2006.8〜はこちらにゅう!

板橋区赤塚2-2-17 03-5383-2216 8-20 無休(いまのところ) 画像はこちら(下のレポと照らし合わせてください)

(06/7/30)
朝マックならぬ、「朝ken」、朝の8時前に到着。
パビエ(200yen):日曜日のパン、パビエ。当初出ていたパビエではデーツの相方にドライひよこ豆が組まれていましたが、今現在デーツとコンビを組んでいるのはカシュー。デーツ×ドライひよこ豆のときは熟したサツマイモっぽく感じたデーツですが、今回は熟したバナナっぽいイメージ。かなり固さが激しいパンでしたが、少し緩和されたとのことで、うんなるほど、切りやすく&食べやすくなった感じがあります。クラストの香ばしさがうれしいパンです。
チャパタサンド(ハム200yen):出来立てチャパタを、棚に並ぶ前に「下さい!」。ボリューミーなむちむちチャパタサンド、暑くなってきてカスクルートよりチャパタサンドに流れ気味かも・・・
(06/7/29)
ハイビスカスとミントキウイクランベリーのカンパ(200yen):店長が「また面白いの、作りましたよー」って指差したのがコレ。ハーブティをたっぷりと練りこんだ南国を思わすパン。ミントのすぅ〜っとした清涼感があってこれも夏向けなパンだね。ハイビスカスも色々な色があるけど、やっぱり代表は赤い花。真っ赤なクランベリーがハイビスカスの花っぽくて見た目もトロピカル。もうすっかりなれたドライキウイはハイビスカスティの葉サイズくらいに刻まれ今回は舞台袖でおとなしくしている印象です。もしや上部のクリチは雄しべ雌しべかしら?!
スイカパン(200yen):衝撃のスイカのパンとの出会いから早3週間。2回目のスイカパンをいただくことができました。金→土と通し作業で働きつづける店長、その忙しい作業工程のひとつに今組み込まれているスイカパン。ひときわ手間がかかるパンで一応土曜日限定、数もわずかしか作ることができないので予約でおしまい、店頭に並ぶことがほとんどないツチノコ?ネッシー?のようなパン。ハードワークな中、作り出されたスイカパン、美味しかったです、ごちそうさまでした。
でもって、感想ー。
期待通り最初に食べたスイカパンより格段に進化をなしていました。
おおまかに列挙してみると
1、タネが乗るようになったこと。(チョコチップ、味より見た目的にスイカ感増す!)
2.寒天使用のスイカゼリーの味が美味しくなったと思う。
3、緑色クロ生地部分、クリーム、スイカゼリーのそれぞれの量的バランスが整った感じがしたこと。
4.↑の3者、連帯感というかひとつに団結した。手をつないだ感じ、絆がより固く!
 かなり美味しくなっていると思います。なんか、えらそうに語ってしまいましたが、スミマセン。実はうまい、まずい、しか言えない人だったりするワタシ!聞き流してください(笑)もしかして、進化を続けるのでしょうか。この夏、目を離す事ができないパンであります(笑)

ラスク(120yen):たま〜にしか出会えないラスクは我が家での人気度高い!毎回子供らで壮絶な戦いが繰り広げられます。袋によって色々なパンラスクなのでちょっと選びます(笑)今日のは元パイナップルカンパと元カレンズノアが一枚ずつ。メインはバケットです。ジャリジャリ砂糖多めラスク。発酵バター使用の贅沢なラスクがこの価格、ほんとうれしい。
キウイパパイヤマンゴー:今日のはまた、根ショウガ入っているカタチでユ〜モラス♪ヒトツがぼっこり肥大しているし〜♪(←肥大とか書くと腫瘍みたい…)やはりマンゴーのパーツが寂しく感じた。
(06/7/27)
ネクタリンデニッシュ(150yen):ネクタリンonサワークリームの爽やかコンビ。桃リュス、アールグレーピーチナチュレに続く桃シリーズですね。テカテカと光るシロップがけ、より美味しそう。デニ生地の層も薄くてパリンとしてて。ネクタリン、っていうと思い出すのが不二家のネクター。あれは桃が原料か。あまあまだけど、なぜか美味しいむかしなつかしい味。まだネクターって売ってるの?
コロッケパン(200yen):エビカツの隣に一緒にバスケットに入っているコロッケパン。パンはエビカツと同じと思われるかぼ入りの黄色いパンです。こちらはエビカツのパンみたいに分厚くなく、普通な厚さ。長い楕円形に焼いたものを半分にして挟んだ、シリアルドック系のカタチです。ミックスベジ入りの野菜コロッケ、水菜、マスタードが主な具。エビカツに比べたらおとなしめかな。
チリビーンズのカスクルート(200yen):前回食べたとき、豆をもっと多くしてほしい、肉少なくていいからと言ったら、肉の量そのまんまで、豆増量してた!キドニービーンズはなしでひよこ豆オンリーだったけど、そらもうゴロゴロとイッパイ!肉はたっぷりだけど味付けは控えめなのでしつこくはないです。長さの半分にベーコン、半分にアボカド、そしてSオニオンにトマト、トドメに大量のチーズ。これはものすごい破壊力をもつカスクルートです。具ばっかり褒めちぎりましたが、カスクルートのハシッコ、かりかりがこれまた美味しいんだよ♪
(06/7/26)
トラウト(150yen):今日のおととクンのおなかは鮭が少なめかな。ジャガイモかなって思ってたもの、どうやらホワイトソース?焼くとこういう風に凝固するのかしら・・。店長ジャガイモ入れていないっていうんだけど、どーしてもジャガイモな気がしてならない。おととくんの顔つきがまた違った感じでおもしろい。
かぼリュス(80yen):kenさんちのリュスは80yen〜120yenの価格帯。このかぼリュスは80yen、安い♪
(06/7/25)
君たちキウイ・パパイヤ・マンゴーカンパーニュ(200yen):みっつの生地がくっついたナゾのパンがレジ横のカンパ棚に並んでいる・・・ポップがまだ出来ていない。(イラスト姉さんせっせと書いてらっしゃいました。)電話中の店長がああ、それキウイパパイヤマンゴー入りのって教えてくれる。ええっ!マジで出るとは(笑)
キウイカンパとパパイヤカンパ(7/22)で、歌ってた?歌のカンパ(笑)
ごめーん、ほんと、参ったよ、ゴメンナサイだよ、kenさん勘弁してよ(←思わず謝る…)っていうか、ほんとすごい。ブラックホール?ドラえもんのポケット?店長の頭ン中、右脳が発達しすぎているんじゃ。ヒラメキ、創造力、芸術脳の持ち主だね。スライスアーモンドカンパにキウイ+チョコ、パパイヤ+チョコ+クリチ、マンゴー入り。前回初めて食べたドライキウイならびにドライキウイ入りのパン。ドライキウイにも大分慣れてきました(笑)今回はミント入っていないのかな?それとも少なめなのかな?私的にはミントなしのほうがいいカンジです。
エビカツサンド(200yen):かぼちゃがボコボコ入った黄色い生地のパンは、約3cmもある厚さ!前回食べたのは4月なのですが、そのときはかぼちゃ入りのパンであれど、白っぽいパンでした。黄色アップ!(=かぼ度UP!)そんなもっちりとかぼの甘味のある食べがいあるパンにザクザクに揚げたエビカツ、ゆで卵、アボカド、Sオニオン、マヨあーんど粒マスタード。さりげなく最強サンドイッチですよ!物凄く私的な話で申し訳ないのですが(笑)高校時代、学校にくるパン屋で一番高価なおかつ美味しくて競争率はげしかったトリカツサンド(確か350yen)をさらに上回る美味しさ&コスパ!これは見つけたら即トレーにのっけちゃって!なサンドイッチなのです。
杏のカンパーニュ:大きく焼いたカンパーニュはフランスで焼かれたみたいな堂々たる雰囲気。直径26,7cm。若き女性焼き職人Kさんのおうちでとれる杏と、長野の杏のコラボなカンパーニュ。杏の酵母で作られたカンパーニュはとても良い香りがします。クラストはしっかり、クラムは軟らかく優しい感じ。この優しさはきっと杏からにじみでているんですね。杏の甘さと、カンパの酸味のバランスが絶妙!これは焼かずにそのまま食べるのが美味しかった。日にちたつと変わってくると思うけど・・・。ちなみに聞いてこなかったのですが、このカンパはしばらく焼くのか、通年の定番になるのか、はたまたコレッキリ(←kenさんちではアリガチ)になるか、聞いてきませんでしたので、今度聞いてきます。
(06/7/22)
もももすももももものうち、ってことで。桃シリーズ!
桃のリュス(100yen):桃はフレッシュのものを使用とのこと。トップの白いのはカッテージかな?(次の日聞いてみると、クリチなんだそう)全体的にさっぱりとした味ですね。入る桃によって大分味が変わりそうな予感。
アールグレーピーチナチュレ(250yen):アールグレーナチュレ、アールグレーマンゴーナチュレに続くアールグレーナチュレのニューフェイス。アールグレーナチュレ特有のあのあま〜い芳香に、桃の香りも加わってこれまた魅力的なパンに仕上がっております。缶?の桃使用(フレッシュではない桃)、桃のサイズはいつものことながらでかくてうれしい。黄桃と白桃が混じっているのか、濃い黄色と白っぽい色と、色合いが違う桃が入っております。カタチはもちろん桃、いや桃尻?(笑)いやはや、かわいいこと♪アールグレーナチュレシリーズなのでこれも土曜日限定のパンでしょう。

カンパーニュもニューフェイス!
キウイのカンパ(200yen):キウイが混ぜ込んで焼かれているパンって初めてお目にかかりました。ドライキウイ自体初めてかも。他に入っているはミントにチョコ。不思議味(笑)
パパイヤのカンパ(200yen):ほんのりパパイヤ型(笑)歯ごたえばっちりのパパイヤ、スイートチョコ、クリチともうウリャーッて感じ(笑)全体に混ぜ込まれたスライスアーモンドが落ち着いて地道に皆をまとめている感じで(笑)一見みんな勝手な行動とりそうなメンバーにもかかわらず、なんでこんなに美味しいんでしょう。困ったな(笑)
マンゴーものはアールグレーマンゴーとかあるし、君たちキウイ・パパイヤ・マンゴーだね♪

さかなさかなさかな〜♪海の生き物シリーズ?です。
イカスミ(200yen):表面の感触、質感がイカっぽくてなんかとっても感動!下らへん、そとっかわへんがパリパリしててウマイ♪中はピザソーズ+シーフードミックス ちなみに足は4本でしたー。
トラウト(150yen):なかなか美形なお魚クン。ぴちぴち、今にも泳ぎだしそう!おなかの中はサーモン、クリチ、ケッパーと王道な美味しさ。男性も喜びそうな味だな。
(06/7/20)
幻の焼きカレーパン(130yen):普段は揚げてあるカレーパンですが店長の諸事情により、この日は焼きカレーパンが出ていました。特記事項はないのですが、なんかうれしいです(笑)
(06/7/19)
ケロリンパンは本名グリーンバジェットといいます。こういうカエルがいるそうです。マルメタピオカガエルともいうそうでググるとこんなんでました。←←←ちょっとウワッてカエル、クリックして驚きませんように・・・ああ、今うちにいるアオガエルはかわいいなぁ(笑)でもでもグリーンバジェットはひょうきんな顔が愛嬌あるらしいです。見る人が見れば・・・。カミツキガメといい、ワニガメといい、グリーンバジェットといいほんとkenさんはフツウの動物を作らない(笑)今日のケロはこれまたどっしりチーズをおなかに詰め込んでいて、それはそれはトビキリうまかったデス。
(06/7/18)
ブルーチーズとバナナのシリアルクロワッサン(200yen):バナナとブルーチーズの組み合わせ。濃いキャラのふたりが合わさったシリアルクロワッサン、エルビスみたいにのっけからガツンとしたインパクト、つかみはOK♪むせかえるようなバナナ臭!に負けじとブルーチーズの香りもプンプン!はしっこカリカリ生地が超ウメーッ。これはマニア?にはたまらんやね。
モラセス・ノア(1/2 160yen):早くもモラセスとハチミツのカンパーニュのニューバージョンが並んでいるし!早っ!接客イラストおねえさんに「これ、出たばっかりですよ!」と教えてもらったモラセスの変化形はくるみが入っちゃってまぁ、こりゃこりゃ、どうしましょう(笑)黒糖的な糖蜜ベースの生地におおぶりのザクザクくるみ、さらにさらにパワーアップ。これはうまいなぁ・・・(しみじみ)kenさんちはハードな強そうなカンパもうまいけど、こういう優しい食感のカンパもイイ♪
(06/7/15)
ケロリンパン(200yen):昨年買ったカルツォーネのカエルバージョン。リクったらすぐ作ってくれて・・・ほんと、kenさんいい人過ぎる。いつもありがとうございます。わりとぺったんこ、平面がえるのぴょん吉ってところか。カマンベール@パン屋仕様・ベーコン・トマト入り。パン生地はほうれん草生地で緑色。アマガエルだね!目は干しぶどうだよ。手先のギザギザらへんがカリカリで食感もよくここんとこが一番ほうれん草!って味がわかります。中に入っている3つのアイテムもベストマッチ過ぎて美味すぎ。かわいいだけじゃなく、美味いなんて・・・素敵すぎ♪
(06/7/14)
そば粉クロワッサン:kenさんちのそばクロは中の層はしっとりと、まわりの層はさっくさく。これで甘いと源氏パイみたいとか思ったり。はがしたべしちゃう、楽しくてつい。そばの香りがほのかに鼻から抜けていく〜。
赤じそと梅干のリュスティック(100yen):kenさんちの今夏いちおし(←ワタシが)リュスティックです。干しアンズのようなぴかぴかとした赤やオレンジの鮮やかの梅干し。kenさんが仕入れている八百屋さんが漬けた梅干しだそうです。美味しい梅干しですね。夏は防腐作用もあるし、梅干し夏の具としてはうってつけですよねー、とkenさん。うんうん。
(06/7/12)
アリオリオペペロンチーノ(150yen):名前の通り、オリーブオイル、赤唐辛子、ニンニク使いのペペロンチーノをイメージしたパン。セモリナ粉使用とのこと。気分はイタリア〜ン、リストランテ!層具合が独特食べ応えあるkenさんちのクロワッサンに通じるものがある。太さ細さ具合で食感の違いが楽しめます。もうちっとニンニクと辛味をきかせてくれるとうれしい。「ニンニクマシマシカラメで!」(←おいおい二郎じゃない・・)
(06/7/11)
モラセスとハチミツのカンパーニュ(1/2 150yen):少し前、店長がモラセスモラセス言ってたのですが、いつの間にかさりげなく登場していました。わりと地味めなスガタカタチですが、一口齧ればパーッと目の前はミツバチの飛ぶ一面の花畑。じゅわりじゅわりとした甘味(←ここポイント)。モラセスの深みのある甘味とマイルドなはちみつの甘味が合わさってなんとも香ばしい風味。モラセスは黒蜜みたいな糖蜜、皆に分け隔てなくかわいがられそうな黒パンってとこでしょうか
かぼちゃのリュスティック(80yen):昨年の12月に食べた以来、半年ぶりにまたあえた。画像見比べると、かぼちゃの入れ方がちょっと違う感じですね。表面にひょっこり飛び出したかぼちゃの緑の皮が一見コンブちっく(笑)kenさんちのリュスはチーズが入る事が多いので、こういうチーズなしリュス(久しぶりに食べた!)はまた違った趣きでそれはそれは素朴な美味しさがにじみでます。
(06/7/10)
リエットのカスクルート(200yen):横っちょから輪切りキュウリのピクルスがぼこぼこと飛び出しておる! ゆるいコンビーフっぽいコクのあるリエットをベースに粒マスタード、マヨ少々の味付けで大人過ぎない味わいになっています。他はSオニオン、トマトなども入っているけどあくまでリエットが主役なのでkenさんちの他のサンドより具は控えめ(それでも多いが)。リエットの次くらいにピクルス&粒マスタードが目立ってた。
暑い時期に突入して、カスクルートに使われているパンの美味しい時間が短くなっている。(明太フランスとか、練乳クリームはさんだやつとかも)できるだけ早く食べないと!

ナスとラグーのサンド(200yen):尋常じゃないこの重さ。サンドイッチじゃないよ、これはきっと子犬くらいの重さだ(それはない)ラグーソースってのはミートソースとのことらしい。肉々しいラグーソースがどっかり入っており、横スライスべろんちょとしたナス、トマト、チーズをたっぷりぎゅうぎゅうに挟みこまれており、この横綱級の重さも納得。パンはチャバタと同じかな、みずみずしいパン(*あとでお姉さんにチャバタとは違うパンらしいです、と教えてもらった)、ナスもぐんにゃり水分多めなのでパンに水分が移り気味でべっちょりなりがちなので、これもなるべく早く美味しいうちにいただきたい。
(06/7/8)
赤しそと梅干しのリュス(100yen):しそリュスから更にパワーアップ!「梅干し」が加わってスッパうま!梅干しとチーズってあうじゃん〜♪うまぁ〜い♪梅干しの酸味が加わってスッパうまい、夏向けリュス。
スイカのパン(仮)200yen:*注*駄々をこねて(?!)わけていただいたので、7/8時点では店頭売りはまだしてないです。
緑の皮部分、中は赤い実、そう、これはスイカのパンなのです!以前からN様ご要望スイカのパンを作り上げるべく、試行錯誤を重ねているkenさん。パパパッと素晴らしい新商品を作り上げてきたkenさんですがやはり手強いスイカパン、うまくいかない日々が続いているようです。これは緑のクロワッサンのアレンジバージョンともいえて、緑部分は同じ生地。白いクリームもたぶん一緒でスイカの水分うつるの防止策としてWチョコをコーティングしてみたりと色々工夫なさっているようです。
で、実食。寒天で固めたという赤いスイカゼリー部分だけをまず食べてみる。うーん、スイカの味はちゃんとするけど全体的な味が薄いかも。甘味がないというか。で、緑パン部分、クリーム、と一緒に食べるとまずまず食べられる。でも、ちょっと、ビミョーですね!!!
サイズ的なこと、ずっしり重くてボリュームが多めなので1/2か2/3サイズのほうがいいと思う。
後で気づいたんだけど(遅っ)裏、ちゃんと縞々緑の皮模様になってた(カンドウ!)
(06/7/5&6)
フランボワーズとホワイトチョコのクロワッサン(150yen):kenさんちのクロワッサン食べてから何気にクロワッサンに開眼・・しかかってるかも?フランボワーズ、ラズベリー、木苺ですね。ベリー系ってホワイトチョコと相性バツグンだね。もともとホワイトチョコレートは苦手で滅多に手をださないんだけど六花亭のストロチョコだけは別。甘酸っぱさとホワイトチョコのマリアージュはもうとまらない、鼻血ブーになるくらい食べちゃって危険な食べ物。
で、このクロワッサンはラズベリジャムとWチョコを巻き込んで焼成してあるの。パティスリーの一角においてあるクロワッサンみたいよ!パンというかスィーツっぽい、ケーキ的なクロワッサン♪生地もほんのり赤ワイン色。
コーングリッシンのバケット(180yen):トウモロコシを粗挽きしたコーングリッツ(たぶん…)とホールのスィートコーン入りのバケット。コーンが甘くてうまい。とうもろこし、夏!バケットのサマーバージョンってところかな。
ワタシのときはまだ早すぎてでてなかったけど、コレの小さいバージョンもあるようです。パンプキンみたいに大と小と。
ピースパン(200yen):このピースパンに初めてあったのが5日前。「おお、これは!」とある種の衝撃をうけたものです(笑)
でもって今朝、ミサイル発射されましたね。なにやら店長は予知能力があるのでしょうか・・・(こんなパン事前に作っちゃうなんて)平和がおびやかされるのは心配、不安であります。この美味しいピースパンを食べて平和への願い、そして有難さを痛感。太いところもあり〜の、細いところもあり〜の、プレッツェルのように場所によって違う食感がこれまたウマイ。
つみ菜とチーズのリュスティック(100yen):キムチしそ納豆(と、チーズ)とかアスパラガスと卵(と、チーズ)、油揚げともやし(と、チーズ)とかも面白いけど○○とチーズ、とチーズともう一品の組み合わせはチーズ以外の具がよく表にでてくる。弱いとチーズに負けちゃうんだけど。つみ菜は手でつまんで採るハッパだか、ワタシもよくは知らないのだがわりとス―パーなどでも出回っています。菜の花の仲間かな?つるむらさきとかそういう系かな?つみ菜自体の香りは決して弱くはないんだけどチーズと生地に負けがちなのでハッパ量を増量してくれるともっと緑くさくていいかも。あっでも一般的には「緑くさ!」と受け入れられないかも(笑)光沢のあるクラムが色っぽいkenさんちのリュスティックです。
フィグノア(200yen):名前からいくと「イチジクとくるみ」だけど、これは「イチジクとカシューナッツ」入りです。たまたまなのかもしれないけど・・・ デーツ入りのパビエも初代のはドライひよこ豆だったけど後日カシューナッツになっていたし、ほんとその時々で違う「ラーメン二郎」的なところがあって博打っぽくスリリングで楽しいのだ。ずっしりドスコイ級の重量感に圧巻されます!
シリアルドック(200yen):今日のシリアルドックはアボカド入ってる〜♪前回食べたものは入ってなかったナ。もしかして同じ日に作られたものも入っているやつと入ってないやつあったりして・・・。アタリ!とかハズレ!とか(笑)
(06/7/2)
LOVE & PEACEパン
ですよ!愛と平和ですよ!
本当は「ピースパン」(200yen)という名前ですけどね。ken店長の愛情がこもってますから!この混ぜ込まれたドライフルーツの数々、量たるや、店長の愛以外のナニモノでもありません。トングでつかむとその思いがけない重さに思わず慌てて、よっこらしょ、とトレーに乗せた。確認できただけでクルミ・クリチ・レーズン(2,3種?)、クランベリー、オレンジピール、レモンピール、and more more more!って感じでなんて贅沢なパンなのだろうか。このピースパン食べてみんなハッピーになれそうよ(ハート)
(06/7/1)
いちじくのバトン(200yen):片側サイドにきちんと整列していちじくが入っています。直径が小さめなので食べやすい、が、パンがわりとしっかりリーンタイプなのでしっかりかまないと!なパン(最近コメントが小学生レベルになってきた・・・)
バナナカンパーニュ(200yen):ばななんばななんばーなぁな♪ってことで。バナナカンパがお目見えですよ!バナナと大親友のチョコレートくんも一緒ですよ!特別ゲストとしてデカくるみくんも参加してくれてますよ!コレはなかなか最強メンバー、うますぎです。大・大・大満足な逸品、これはまた食べたい。
ワニガメ(200yen):ソフトなカミツキガメのトモダチ、早々に登場。さすがkenさん、行動素早い!イメージどおりに出来ましたよというお言葉どおり、ギザギザとしていて凶暴な感じがよく出ていてナイスな風貌です。カメだけど、躊躇なくナイフを入れるワタシ、中にはカシュー・チーズ・ブラックペッパー・と混ぜ込むアイテムの組み合わせもどことなく硬派で凶暴っぽく?強そうですよ。強くてうまいぞ、ワニガメ!トドメで目がピンクペッパー(たぶん。炭化して黒くなっちゃってたが)カリっとかじると攻撃的な辛味が。うわっかまれたかも!
(06/6/30)
コンプレオレンジ:前回食べてから大分時間たっちゃって印象薄れてしまったんだけど、酸味とスライスアーモンドの量がUPしたような気がします。水分たっぷりと含んだみずみずしいコンプレです。
もやしと油揚げのリュスティック(100yen):いやー、ほんとにネタつきないんですね、kenさんは。今日のリュスはもやしと油揚げときましたヨ!ブラックペッパーが集中してドカ入り、黒い個所たくさん!(←辛くて最高!)チーズも入って、BPとチーズの味が強く、もやしと油揚げが少し影薄ーくなっちゃってます。ボクタチが主役なのにぃ〜ってすねているかも。
(06/6/29)
チリビーンズのカスクルート(200yen):大分前から食べたかったんだけどタイミング悪いのか会えなかったカスクルート。期待裏切らないグレートな美味しさがうれしい!水分たっぷり新玉、トマト、ズッキーニなどの野菜とひき肉、豆(キドニー?)、ベーコン。そしてたっぷりのチーズがベロンとかかってこれらをまとめている。栄養バランス満点♪パンチのきいたチリ味で食欲増進。ボリューム満点だし、いうことなしなんだけど欲を言わせてもらえば豆をもうちょっと増やしてほしい。ひき肉その分減らしていいので・・・
ハバネロカレーパン(150yen)とグリーンカレー(150yen):あまり観察しないで買って食べたので、どっちがどっちだ?なんだけど、きっと辛いほうがハバネロ、ってことでししとう&しめじ乗っていないほうがハバネロかと。ふたつとも上に粉チーズがかかって見た目同じような構成のパン。フォカッチャのような生地(パンドミーの生地とのこと)の上に具がのってます。グリーンカレーのほうはししとうか青唐辛子(加熱されているので辛くない)、しめじ、なすと3種類乗っかっています。で、何も考えずにパクパク食べたのでおそらく生地の中にグリーンカレーが入っていたと思われるのだが辛さがなかったのでよくわからず(後日きいたら、特に入ってはいないとのこと)。ハバネロのほうはナスonlyが乗ってて赤茶色の、なかなかに辛いそういう色の具入り(こちらははっきりとした色、辛さだったのでいやおうなく辛い具が入っているーとわかる。)これがなかなか手強い辛さでイイ!辛いものが好きなのでハバネロのほうがワタシは好きでした。
(06/6/27)
ゴーヤチャンプルーリュスティック(100yen):ニガウリ入り、しかもチャンプルーなもんだから豆腐も炒り玉子、ハムも入っちゃっているYO!!最初白い物体、ナニコレ、生焼け生地?とか見て思ったが食べてみてヤダコレ豆腐じゃん!(笑)ゴーヤは夏バテ防止になるかも的の苦ッ!!いやー、これまた夏しているリュスがでちまったものだ。
新作カスクルート、その名もエルビスときたもんだ!(200yen)エルビスプレスリーがピーナッツバター&バナナ&ベーコンのサンドイッチが好きだったそう。にわかに赤塚がアメリカに・・・(笑)日本の子供はおにぎりだけど、アメリカの子供はピーナッツバターのサンドイッチだものねぇ。ken店長さん、みんなの反応どうですかねぇなんて言ってたけどきっとパン好きさんにはたまらないと思いますよ!土日に多く作ってみてはと余計なことを言ってきてみました(^^;ワタシ的にはアリ!OK!ウマイ!雑穀いりのガリンガリンのパンにスィートな王道コンビのピーバタ&バナ〜ナ(ピーバタはチャンクじゃなく甘いクリーミータイプ)そしてわりとしっかりソテーされたベーコンが一枚ベロンと入ることによって甘いだけでなく、味に広がりが。

シリアルドック(200yen):ソーセージがにょいんとはみでているところ、アサリの塩抜きを彷彿。じゃきじゃきオニオン、ニンジンなどの野菜とともにチリソース、なんだかとってもナポリタン風ピリ辛!
(06/6/25)
なつめやし入りのパン、パビエ(200yen)。日曜日のパン。焼きがしっかりでダイスキなパン屋さんからいただいた恐ろしくよく切れるナイフをもってしてもなかなか切るのが困難な強靭さ。デーツはルバーブのような色合い、シャリシャリとした繊維質でサツマイモっぽい味。なんでかと思ったら、表面にたっぷりかかっている黒ゴマのせいでさつまいもっぽく感じたのかも。で、マカデミアナッツかヘーゼルナッツかなんか?と思った丸い物体、これはなに?ギンナンっぽい粉質なもの。ヘーゼルかなやっぱり。(→ナオさんが「ドライひよこ豆」って教えてくれた!)
(06/6/24)
アールグレーマンゴーナチュレ(250yen):土曜日のパン、アールグレーナチュレのレーズンがマンゴーに変わったバージョン。だからこれ、名前違うかも。ミルクティのような味わいの生地にマンゴー。うーん、参りました。ken店長の頭の中はアイデアがつきないドラえもんのポケットのような空間なんだきっと。
亀パンがあるよ!と教えてもらってでも午前の早い時間ばっかりなので亀に出会えず。今日やっと亀に会えた!
・・・・・・。わ!
よくパン屋さんにある、亀パンじゃない!
しかも、この亀って・・・この亀って・・「カミツキガメ」ですって!カミツキガメ科カミツキガメ属 和名:カミツキガメ スナッピングタートルくん。(120yen)
ガメラのモデルになった亀じゃないのさ・・・
「カミツキガメにかみついて下さい(ハート)」なんて宣伝文がついちゃっておかしいのなんのって。たしかに手足がハサミでちょっきんちょっきんカットしてあって、凶暴さを出している。甲羅はスライスアーモンド、中のクリームはアーモンドとカスタードのダブルクリーム。アーモンドのほうはややもっさりしているクリームだけど、甲羅もアーモンドのっかってるしで甘いけど、アーモンド感が大人だね。目はチョコチップだよ♪
(06/6/21)
赤しそのリュスティック(100yen):幾重にも積み重なっている地層のような美しい層がインパクトのあるkenさんちのリュス。赤シソだけでなくシラスと白ゴマも入っています。シラスも白ゴマも白いから、見た目的にはわかりにくいんだけど食べるとわりと存在感がある。赤シソ押され気味か?!応援団として、梅干しを入れるのはどうだろう?キムチがありなら梅干しもありという気がするが。ああでもシラス、白ゴマとの相性もあるしね・・・と責任感のない発言をスミマセン。
(06/6/19)
パイナップルカンパーニュ
(200yen):パン芸術家ken店長が作るカンパ夏の陣。パイナップルはどうしても(生地から)はがれちゃうんですよねー、といいつつ「えいやっ」と投入しちゃう思い切りのよさに毎回感服。あまーいしゃくしゃくパイナポー、甘過ぎ暴走しがちなパイナポーを穏やかな酸味のカンパとくるみが「まぁまぁまぁ」とうまくおさえている。ハッパ部分がグリッシーニみたいにカリカリでここもウマ!
たけのこカンパーニュ(150yen):あのタケノコカンパが帰ってきました!かええってきたぞ、かええってきたぞー(←ウルトラマン風に…)♪ken店長によりますと、以前のたけのことは違う種類のたけのこらしいです。ニョキッと立っての陳列もステキ。ベシャメルが濃くも薄くもなく、量も多すぎもせず少なすぎもせずいい塩梅にタケノコをサポート。
(06/6/12)
カマンベール・トマトのフォカッチャ
(150yen):赤子の顔ほどの大きさ、厚みのあるまん丸サイズでこの値段。やっぱり素晴らしいコスパ。上にのっかった輪切りトマトの赤がひたすらキラキラしていてまぶしい。生地にバジルやオニオン、緑オリーブなんかも混ぜこまれ、そして真ん中にカマンベールチーズ。厚みがあるのであうあう言いながらハンバーガーほおばるみたいに食べました♪
麻の実・ライ麦クロワッサン(120yen)&ライ麦レーズンクロワッサン(120yen):双方ともライサワー種使用とのこと。麻の実、カットするともうどこいったかわからなくくらいに飛び散りまくり(笑)中央にもたっぷりと麻の実が巻き込まれてカリカリ香ばしい。ライ麦レーズンのほうはキャラウェイがレーズンとともにぐるぐる巻き込まれています。キャラウェイ苦手だけどこれはレーズンと抱き合わせになってるからか全然オーライだった。kenさんちのクロワッサンは油脂分が少なめなのでしつこくなく、固めな層がプリッツのようなあまじょっぱなお味で後をひきまくります。行儀わるいがはがし食べしました(笑)
利休(120yen):抹茶生地のパンにこしあんが。他のパンがインパクトありまくるので、このあんパンはすごーくおとなし〜く感じました。
マンゴーのクリームパン(120yen):おー、マンゴーナチュレだけじゃなく、ここにもマンゴーものがあったのね。とろりとしたマンゴーカスタードクリーム入りです。上にロングココナッツがのって、トロピカル感を演出。
タップナードと夏野菜のカスクルート(200yen):緑色と黄色のズッキーニ、ナス、トマトとカラフルな色合いが目をひくカスクルート。パンはいつものバケッドタイプじゃなくチャバタやリュスのような生地です。ソテーのオイルとチーズでやや油分がしみで度が大。タプナードソースがエキゾチックな味を演出〜♪
(06/6/11)
エピスレザンノア(1/2 250yen):スパイスの香りがぶわわわと強烈な、kenさん大好きスパイスたくさん投入パンです。ブリオッシュエピスフリュみたいな仲間っぽいね。レーズンよりくるみのほうがインパクト強い(量が多い)、パンとパウンドケーキのあいのこみたいな感じでおやつにもピッタリ。軽い甘さでぱくぱく食が進みます。
(06/6/9)
キマーカレーナン(200yen):「キーマカレー」ではなく「キマーカレー」です。ほにょにょ〜んとしたカタチのパン(ナン?)は中がナゾ。よくこういう、パッと見ではわからないナゾなパンが多い。食べてもほにょにょ〜んとした感じでなんかイキナリなごんじゃいました。ハンバーグみたいなカタマリもあり〜の、チーズもレーズンも入っている挽き肉カレー入り。もうちょい辛いほうがいいかな。子供のころは許せなかった「カレーにレーズン」も今は大丈夫。大人になったなー(笑)
先日食べてすごく気にいったバンミン(200yen)も♪
(06/6/5)
月曜日の日替わりパン、マンゴーナチュレ(200yen):マンゴーが大盤振る舞いの含有量。バナナの叩き売り状態!
(06/6/1)
セレアルレーズンナチュレ
(200yen):セレアルライフルーツに似た感じにまわりに押し麦いっぱい張り付いているなまこ状のパン。中はレーズンとくるみ、雑穀いろいろ。押し麦ってくにくにとしてて食感がほんとスキ。実家のゴハンには押し麦がいつも入っていたなぁ・・・。何気に思い出深い押し麦が張り付いたこのパンはワタシの郷愁をさそうのだ。。
豆カンパーニュ(150yen):カンパ生地に空豆、枝豆、コーン。すっかりお馴染みとなった店長のカンパ生地創作パン。枝豆?空豆?さやのカタチがかわいいね。
(06/5/30)
カスクルート(チキンカツ)200yen:衣にハーブ入り、芸が細かい!皮なしの鶏肉なのでさっぱりとしてヘルシーよ♪棒状チキンカツにはトンカツソース、水菜にたっぷりマスタード&マヨ。チキンカツが見事にパンと同サイズ。端っこまでちゃんとカツ!食いちぎるのが大変なkenさんちのカスクルート、自宅で食べるときは一口サイズにカットしながらなんだけど豪快にクラストが飛び散りまくりなわけだ!もう一回掃除だな(笑)これくらい元気のあるバリンバリンが好きだ。
赤ワインとクランベリーのナチュレ(200yen):火曜日の日替わりナチュレ。赤ワイン、クランベリー、クルミ。ワイン量が多いのか、生地赤いししっとりミディアム〜なクラム。赤ワインで酔っぱらいそうです(それはない)。赤ワインとクランベリーのそれぞれの酸味が合わさっていいことづくし。
(06/5/28)
パンプキンバケット
(200yen):かぼちゃ練りこんだ生地にかぼちゃの種がぎっしりトッピング。ほにょにょ〜んとしたロング。両端にパンプキンシードがびっしり。軽い塩味、かぼちゃの甘さがとても自然に感じられます。ミニサイズも最近でました。
(06/5/21)
アスパラと玉子のリュス(100yen):すごーい、ゆで卵入っちゃっているよ〜(笑)毎回「今日は何リュスあるかなあ」って楽しみなんだ♪
バンミン(200yen):バリンバリンの小型バケットにチキンとなま酢、トマト、水菜のベトナム風サンド。香草じゃなく水菜なところがワタシ的にうれしい!エスニックな甘いピリ辛味はめちゃくちゃウンマイっ♪
ベルリーナラントンブロート(1/4 250yen):ライ麦80%の黒パン、ジャンボサイズです。1/4からカット売りしてくれます。表面のひび割れが美しく、ライのとてもよい香りが食欲をそそります。うすーく切ってうすーくバターやチーズとともに食べるととまらなくなる!
ブリオッシュエピスフリュ(300yen):ブリオッシュ生地(さっぱり系のブリオッシュ生地)にクランベリー、くるみ、レーズン、オレンジピールそしてカルダモン、シナモンなどのスパイスがたっぷりと練りこまれています。トップはシナモンベースの甘〜いコーティング。のけぞるくらいのキョーレツなスパイスの香りがたまらない!これは好きな人ははまるだろうなぁ(ワタシはまるヒト)数日おくとスパイスも落ち着いてまたさらに美味しくなる。ライトな味わいの変化球シュトーレンっていう趣もなくもない?エピスってスパイスのことなんだね。
(06/5/14)
なすのカンパーニュ(200yen):店長オリジナルキャラパンシリーズ。エスカルゴ、雪のモンスター、エビちゃんと色々あって楽しいんですが、今日は動物系じゃなく野菜ものですよー。エビちゃんの隣になすび君発見。なすと相性ばっちりのミートソースが入っているんです。カンパーニュがこれまた食べ応えのあるヤツで完結された一皿という風貌。みかけはカワイイなすび君なんだけど実はかっこいい惣菜パンなのです。
タケノコカンパーニュ(150yen):キンピラやナスがあればタケノコもカンパーニュの具になってしまう。さすが店長さんアイデアがつきない!淡白なタケノコにベシャメルチーズで旨さ倍増。
チャバタサンド(200yen):ずべっと大きいチャバタサンド、同じカタチのものはひとつもなーい(笑)ど・れ・に・し・よ・う・か・な♪(大きいの・・・笑)kenさんちのサンドイッチ、毎回そのボリュームの凄さに感服。すばらしい。ハム・ゆで卵・トマト・サニー・オニオン、そして忘れちゃいけない?アボカドがたっぷりのマヨとマスタードとともにたっぷりと挟まっているのさ♪
発酵バタクロワッサン(120yen)→ボンが即食い
セレアルライフルーツ(1/2 200yen):店長さんにオススメされた一品。ライ麦パンに真っ白な押し麦がたっぷりはりついています。生地が茶系なので視覚的にも目立ちまくりの押し麦なのですが、食べると更に押し麦パワーがすごい。雑穀も入っているので(かぼちゃの種も!)つぶつぶ感がたまりません。レーズン、クランベリーも入って盛りだくさんな内容♪
カレンズノア(200yen):○○・ノアシリーズがずらりと並んでいてうーん、どれにしようかしばし悩む。レーズンも王道だし、クランベリーもこの間うまかったから捨てがたい・・・。よしゃーカレンズとくるみにするか!小粒のカレンズは甘酸っぱくて個性的。香ばしく味わい豊かなクラストがたまりません。カレンズ&くるみがたーっくさんは言っていてザックザク♪
(06/5/6)
エビちゃん(150yen):本名は「エビカンパーニュ」であります。ビミョウなカタチのエビカンパーニュ。ぱっと見、ねずみかと思った(主人はモスラ?って。トモダチはオーム@ナウシカだって。)でも中にエビと枝豆が入っているのでやっぱ海老なんだろうな(笑)パプリカか、レッドペッパーか、赤い香辛料でピリ辛、チーズもプラスされてメキシカン〜♪
アールグレイナチュレ(250yen):うりぼう、ミルクハースのような形のパン。紅茶葉とでかい干しぶどうが入っています。甘めの生地が紅茶の香りとドンピシャだ!
ブルーチーズとくるみのカンパーニュ(250yen):はちみつがけされているので表面べたべた。なので紙に軽く包まれて陳列されています。青カビチーズ、くるみ、はちみつ、と美味しい組み合わせのパンです。ババリアブルー以外の青カビチーズは苦手なんだけど、あまりにも美味しそうで見た瞬間目があっちゃった!って感じで、思わず無意識にトングでガシッてつかんでた(笑)
クランベリーノア(200yen):グルテンが上に上にぐんぐんと伸び上がっていくような、そんなイキオイが見受けられるカッコイイパン。穏やかな酸味のある生地に甘酸っぱな真っ赤なクランベリー、くるみで向かうところ敵なし。
(06/4/14)
エビカツサンド(200yen):kenさんちのサンドイッチはいつだってボリューム満点。タルタルソースと一緒のエビカツうま!シャキシャキオニオン、ゆで卵、そしてアボカド、水菜にニンジンと多種類の具が。座布団みたいなふかふかもちもちパンにはほうれんそう入り。パンにほうれん草なんて(練りこまれて緑、じゃなくってハッパがそのまんまだよ!)、一工夫も二工夫も何工夫もこらされているサンドだ。
エメラルドグリーンクロワッサン(勝手に仮名):この色。エメラルドグリーンよ〜。ブルーキュラソー入りセモリナ配合のしっとりクロワッサンです。キュラソーに青色1号?、添加物が入っているのがちょっと気にかかる、とおっしゃってました。厚めの層もキレイ。生地はほんのりした甘味。チーズクリームとキウイをはさんだこれから初夏〜夏にむけてぴったりのさわやかなアイテムになりそう。今のところ非売品みたいだけど、そのうち店頭に並ぶかな?
今日のリュス
大葉・キムチ・納豆(100yen):キムチ・・・!納豆・・・!ふぇ〜すげ〜、おもしろ〜い 即買い(笑)キムチ、それほど辛くありません。納豆、糸はひきません(笑)おつまみに出したら皆にうけそう、喜ばれそうなリュスだね。
菜の花&チーズ(100yen):季節を感じるリュスだねぇ。立派な菜の花がたっぷりと練りこまれているよ。
コンプレオレンジ(220yen):なまこ型のどっしり重ーい。セモリナたっぷり、オレンジピールとスライスアーモンド入り。クラム水分たっぷりのしっとりもちもち。
ベーグルはコチラ


今日、店長さんと話していて聞いちゃったんだけど店長の年齢。

ワタシのひとつ下

なんだぁ、年下だったのかぁいきなりため語?!(笑)でもほぼ同年代でなんかうれしくなりましたね。
型通りにはまったパンは作りたくないという店長さん。最近はますますお客様も増えて仕事もおせおせみたいです。GWあたりはちょっとだけでもおやすみとってくださいねー!
06/3/13
今日はおもいがけず、写真撮らせてもらっていいですかね?とお店の方に聞いたら、店長さん登場。
「ぱんざるさんですか?」
面割れ(笑)!すみません、kenさんのパン、ネットに載せまくっています。
お忙しいところ、長らくお話していただいちゃってすみませんでした。

石臼を導入したいとおっしゃっててそうしたらもっと美味しくなるんだけど!っとか店の従業員の方を育てる、とか意欲満々な店長さん。どこまでも向上心が旺盛で、聞いているワタシも元気がわいてきちゃいました(影響うけやすい…すぐ感化される…)
kenさんちのパンが低価格なのはひとえに下赤塚(のとや)価格らしいですよー。
休みも今のところあいかわらずなくて年中無休だそうで疲れないかとか風邪ひかないかとかいらぬお世話だと思うのだけれど、心配してしまう。大分おばさん化が進んでいるようだ。
ここんとこカスクルートがとても出ているとのことです。今日は新作ラップサンドがあったので浮気してカスクルートはパスしちゃいました。そんな人気カスクルート、これから暑くなってくると常温じゃまずい 夏場にはここらへんに冷蔵ケースをおかないとな〜なんてこともおっしゃっていました。
で!カフェスイーツの次号(4月5日発売)にkenさん載るらしいです!是非みなさん見てください!(ワタシも読まなくちゃー)
シリアルバゲット(200yen):7種類の雑穀いりとのこと。雑穀いりというとPAULの6セレアル(フルート、長いやつ。今もあるかな)を思い出すんだけどkenさんのコレはPAULのソレとは全くタイプが違うね。どちらもスキだけどね!kenさんちのはなんかこう、食べていて元気になってくる。店頭に並んでいるサマ(立ててあるよ)は、ひょいっとジャンプして飛び出してきそうに元気なバケット。カタチからしておもしろいよ、微妙に左カーブしているんだ。隣にあったのは右カーブしてたかも(笑)クラストも思いっきりバリンバリンだし、切るともう掃除が大変なくらいに飛び散るし(笑)。クラスト部分が楽しめる十分な(クラストの)厚み、そしてクラム部分は雑穀の味わいが楽しめるしで食べ始めから食べ終わりまで、端っこ→真中→端っこ、ジェットコースターに乗ったかのようなおもしろさ。そうそう、両端はトンガリすぎずに適度に太さを保っていて焦げすぎず、それでいてカリカリ(ぼりぼり?)♪♪♪。
さつまいもと黒ごまのリュスティック(100yen):栗きんとんを思わす濃い黄色のさつまいも、大きいのがゴロンと投入されています。。このさつまいも、ホクホクじゃなくスッと溶けるぐらいの崩れる寸前の火の通り具合。混ぜ込むときに生地に混ざんないのがすごいな。焼いてちょうどよくこうなるくらいに火を通しているのかな。芋は余計な味付けがなくそのまんまの自然の甘味。意外に塩味、甘くないです。あと、サツマイモに合わせる定番の黒ゴマ!
ブリオッシュマンゴーフリュ(180yen):ハグっちチョイス!苺につられてチョイス!で、こいつめは、苺しか食べなかった(ぬお!)。マンゴーカスタードクリームがイン!このクリーム、言われなきゃマンゴーカスタードって分からないんだけど、普通のカスタードじゃないなっとは思う。なんていうのかなー、ふりゅふりゅしててあまり食べたことのないカスタード。確かに言われてみるとフルーツが入っている気もしてくる。色合い的にバナナが入っているんじゃないの?的なカスタードです。で、上にのっかっているのが苺、キウイ、そしてマンゴー(だと)。このマンゴーと思われる真ッ黄色な果実は、生なのか、缶のなのか、ドライなのか、どれでもないような食感がぐにぐにしていてグミのような不思議ちゃん。これらを受け止めるブリオッシュ生地はとてもあっさり、甘くないし、ベタついてなくてサクサクーっとしています。サクサクーってあっさりめじゃないと、この不思議ちゃんクリームと不思議ちゃんマンゴーがいきてこないのかもしれん。表面薄いゼリーかシロップが塗ってあってピカピカ、フルーツを美味しそうに光らせております♪
無花果のパン(←名前は?ポップがまだなかった。200yen):ゴッツゴツさがいかにも美味そうだよ。イチジク、クルミ、レーズンいりで量もたっぷり。クラストもクラムも見た目どおりに美味しいです♪
かぼちゃのラップサンド(200yen):肉厚むっちり生地はかぼちゃが練りこんであって更にかぼちゃの角切りいり、甘味があります。具は紫キャベツ、水菜、ニンジン、ロースハムにスライスゆで卵。粒マスタードたっぷりにマヨで食欲増進。末端にヒモが結わかれているのでガツガツ食べ進んでワタシみたいにヒモまで食べないように…ほうれん草のラップサンド(200yen)もあり。こちらは水菜のかわりにほうれん草が具に。もちろん生地はほうれん草いり。
ベーグルはコチラ
(06/1/28)
行くたんびに新しいパンがあって楽しい!今日は買わなかったけど、オレンジの輪切りののったデニッシュとか甘い系がいっぱい並んでいた♪

kenさんで初めてキャラクターのパンを発見。めっぽうかわいかったので(キャラパンには弱い・・)雪のモンスターくん(120yen)をトレーへ。もちろんハンサムなやつを。中にカスタードクリームが入っています。白っぽいあっさりめのクリームでワタシ的にはちょっといまいちクリーム。でもかわいいから許す!(←ナニモノ?!)
じゃがいもと豆のカスクルート(200yen):本日のカスクルートはペッパーハムとコレの2種類。
いつもよりややスレンダー?豆入りのポテサラです。酢がきいたマスタードもたっぷり♪そしてkenさんちのカスクルートの定番?アボカドもはいっているよー。今ごろ気づいたんだけど、スリットが縦のときと横のときがあるのね。具によってかな?

本日のベーグルはプレーン、シナレズの2種。ベーグルも今ごろ気づいたんだけど去年初めてかったときと違う感じのベーグルになったなぁー。
リュスはほうれん草、五色豆、クルミがあったのでクルミ(120yen)をば。リュス、大きさにバラつきあって、とーぜんのようにでかいのをとったばい。気泡がでっか!ぼこぼこ!くるみもざっくざく!うまぁーい♪
本日ボンチョイスなパンはキャベツ巻きソーセージロール(80yen)でした。子供サイズでなかなかいい選択。チビハグっちにも食べきれるサイズ。
金曜日は玄米パンがサービス価格150円でした。
(06/1/16)
野菜フォカッチャ
(150yen)はスマイリー!目がピーマン、かぼちゃは口、鼻はナス、な〜んて思っちゃったにっこりフォカッチャ。トッピングされた野菜は生と火が通るの間くらいのジャキジャキ歯ごたえが楽しめる。さくさくとした生地もうまい。隣にはネギのフォカッチャが。マヨたっぷりで買わなかった・・・。
カスクルートは本日はハーブチキン(200yen)。たっぷりの粒マスタードがチキンにぴったりこん。他にサニー、オニオン、トマトなどが挟まっています。ベーグルはこちら
(06/1/3)
kenさんは新年今日からの営業で、9-15時だったけど明日から普通営業とのことです。
早すぎて棚がガラガラだったけど4種類カスクルートが出ていたのでひとつ購入。ツナ、コンビーフ、ポーク、あとはチキンだったかな?どれにもアボカド入り♪ポークをチョイス。サニー、紫キャベツ、オニオン、クリチ、トマト、たっぷりマスタードと主役(ポーク)の存在が危うくなるくらい、具沢山&ボリュームすご!これで200円だもん、ほんとアリガタイ。

ルバン ナチュレ レザン ノア、今日はハーフで購入。
(05/12/27)
1/1&2のみのお休み予定とのこと。エライ!
アールグレーのクリームパン(120yen):紅茶葉入りのクリームは割と固め。上に乗っているスライスアーモンドがいいアクセントになっているかも。
リュスティックにバリエーションが。今日はほうれん草とチーズの他に、五色豆とかぼちゃのリュスがあったよ。
かぼちゃのリュスティック(100yen):茹でたまんまっぽいかぼちゃが生地に織り込まれております。
濃い黄色というかほとんどオレンジ色に近い色のかぼちゃが生地に生えるね!!キュート!
五色豆のリュスティック(80yen):この五色豆リュス、80円でっせ!奥さん、お買い得でっせ!この混ぜ込んである豆たちは・・・そう、雛祭りで食べる砂糖衣がかった豆っぽい。豆はたっぷりと入っていてなんとなーくお菓子ちっくな印象。
シリアルクロワッサン(120yen):たまたまサービスディで100yenでした♪雑穀と発酵バターを使ったクロワッサンだそう。しっかりとした層にバターの塩気が効いています。雑穀のほかにひまわりの種らしきものもチラホラ。
練乳サンドフランス(120yen):カリカリに焼き上げられたフランスパンに甘ーい練乳クリームが。クリームは固めでコクのある甘さ。バリバリと皮を飛ばしながら豪快にいただきました♪なかなかにハードなミルクフランスで好印象♪
カンパーニュ(1/2 250yen):うまそうに焼きあがって並んでいた♪お味も見た目どおりうまかった♪隣に同じ生地の細身バージョンのパンがあったので次回はこちらいってみよう!
きんぴらカンパーニュ(150yen):きんぴらごぼう入りハードパンなんて初めて見たかも。キンピラゴボウは味付けしっかり。和洋折衷なパン、全く違和感なし、オイシイ♪
(05/11/12)
カルツォーネ(カマンベールバジル)
200yen:すっごくもっちりな生地がうんまい☆☆☆そんなウンマイ生地はオリーブオイルがほんのーりじゅわー。たっぷりのカマンベールとともにベーコンとミニトマトが包み焼きされています。ボリューム満点!
ほうれん草とチーズのリュスティック(100yen):断面がなみなみ〜ミルフィーユのように流動的。チーズ、レンソウ、生地が段々と層になってるんです。ほうれん草の含有率が高くてヘルシーなリュス!!

ソーセージフライ(80yen):このボリュームで80円とは、素晴らしい!
(05/11/2)
ロビンさんに教えてもらった、新しいパン屋さん。
ルバン ナチュレ レザン ノア:本当は1/2 300yen〜なんだけど、お願いして1/4 150yenで売ってもらいました。国産ライ麦、天然酵母のずっしりとした堂々たるライ麦パン。レジ横の棚にお店の主のようにセーグルなんかと一緒に並んで鎮座しておりました。くるみがジャキジャキとしているのがとても印象的。もちっとしたクラムはしっとり、パサつきとは無縁。クラストはキレイな焼き色、ばりりんとしています。コスパが最高―!
チャバタ(120yen):水分がたっぷりと配合されてそう。でかくてこれもお買い得。イグレクテのスルドの大きくなったカンジのぱん。これもコスパいい。
カスクルート(200yen):フランスパンのサンドイッチはこれだけでした。他にも違う具のものがあるのかなぁ?チーズ、ハム、スライスオニオン、粒マスタード、マヨ。しっかりとした味付けですいすいと(がりがりと?)食べ進みます。フランスパンのパリパリ感が失ってなくって中もしっとりのとてもオイシイフランスパン。Vロンのサンドとまでいかないけど、値段からしたら大満足。ベーグルも買いました。ほんと全体的に安い。赤塚価格?
無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ