メルマガ「田舎暮らし通信」アルバム



ブログ「田舎暮らし日記」に掲載された写真などをピックアップしています。

漁師の生活」から「豚と育つ農場の生活」へ変わって、もうすぐ2年。 (2016年5月12日UP)



離乳の前日、母豚に甘える子豚たち--------------------新子豚舎の豚たち





漁師の暮らし2013年冬 漁と暮らし (2013年12月20日UP)



久しぶりの魚網に90匹のクロ(ぐれ)やイサキが…。--------------------イサキは皮を焼いて刺身にすると美味!



漁師の暮らし2013年 漂着ゴミ回収作業 (2013年10月25日UP)



白浜の奥の入り江には大量の漂着ゴミが--------------トン袋に入れたゴミを本船のクレーンで引っ張る




人力ではどうしようもない大きさの漁網やロープの固まり--------------リフトのパワーが威力を発揮する 



漁師の暮らし2013年 春から夏 (2013年6月26日UP)



Tさんの隠れ家的ハナレから渡り廊下が続いて--------------イチジク、柿、すももなどいろいろな果樹の下の池には…




次々といろいろな種類の蓮が花開く--------------頭はうすくはなれど鍛え抜かれた鋼のような体で作業する 



漁師の暮らし2013年 冬から春 (2013年2月20日UP)



2月中旬、今月まだ2回目の網を揚げて帰港--------------冬の冷たい雨から守る屋根を浮き桟橋に取り付けて、網捌きが楽に




2月1回目の網揚げで2、4キロのクエが!--------------2月2回目の網揚げで1、4キロのアコウ(キジハタ)と初めて掛かった2キロ半の平鯛 




冬は気温が低くてなかなかシイタケが出来ないので温室に--------------対馬鹿にシイタケ原木が倒されて、




魚網で囲って対馬鹿対策!--------------ちょっと低い入り口付近は網を敷いて侵入を防ぐ 






漁師の暮らし2012年 冬 (2012年12月16日UP)



省エネ節電あったか暮らしの必須アイテム=温風ダクト「だんらん」。浮いた電気代でホームベーカリーを使い、手作りパンと餅作り。






冬の風物詩ー夕暮れからの水イカ釣り------------------- 灯油ストーブの上に「いもっこ」をのせて焼き芋






シイタケがてんこ盛り-------------------------陽が差して元日の朝湯気分の上対馬温泉「渚の湯」






冬はサンマ漕ぎ。4キロのヒラマサゲット!----------手作りパン作り





漁師の暮らし2012年 秋 (2012年10月21日UP)



shinちゃん3キロ半の鯛を釣る     -------------------------- 3キロ半の鯛などを釣った可動式ラバージグ






michiジイ5キロの鯛を釣る     -------------------------- 今日も漁師の自給自足的食卓






シイタケの原木にトンと衝撃を与えてから立てた------------------------- 今日も漁師の自給自足的食卓part2(shinちゃん板前は刺身作りが上手)



漁師の暮らし2012年 夏 (2012年7月23日UP)



マギリ     ---------------------------------     ヒラゴと右、イナダ




イチジクネット拡張---------------------------------     無農薬ブドウの害虫は私コガネグモにお任せ! 




2012.5.5釜山朝鮮通信使行列参加--------------------------     チャガルチ市場見学




パラグライダー到着---------------------------------     パラグライダーが飛んだ! 



漁師の暮らし2012年 冬 (2012年2月21日UP)



栞(息子作)     ---------------------------------     妻=船長、あわび太郎=漁労長




大漁!     ---------------------------------     時化の日はせっせと網作り 



漁師の暮らし2011年冬ー追悼「田舎暮らし狂想曲」金子数栄さん (2011年12月3日UP)











「田舎暮らし狂想曲」金子数栄さん


 


漁師の暮らし2011年夏  対馬アリラン祭 通信使の行列 韓国舞踊団 (2011年8月UP)
対馬アリラン祭 通信使の行列が見えてきた まず、先導の対馬藩士達-----------------対馬アリラン祭 通信使の行列 韓国舞踊団


 


 
通信使の行列 200年前の正使の12代目子孫登場ー-----------------対馬アリラン祭 対馬藩主と通信使の国書交換の儀


 


 
2011年夏ー対馬アリラン祭 港会場舞台 韓国舞踊団 女性剣士の舞-----------------対馬アリラン祭 港会場舞台 韓国舞踊団 フィナーレ


 


  漁師の暮らし4月と5月 (2011年6月26日UP)



ヒジキを園芸用炭焼き工場跡地に干す-----------------最高級のツヅラヒジキの新芽が岩にビッシリ


 






チジミトサカなどのカラフルなソフトコーラルが掛かる-----------------------奥方は船長として幸竜丸の舵を握る


 


漁師の暮らし3月 (2011年5月11日UP)



イチジクの鹿避けの網に雄の対馬鹿が角を絡ませていた-----------------息子と、鹿が壊した鹿避けの網を作り直した。


 


 
対馬天然サザエ1キロ---------------------------------沖に向けて出港


 


 
ワカメ海中林の側の岩に新芽ヒジキが茂っていた----------------------天然ワカメを刈り取る


 


  漁師の暮らし2010年 (2011年1月13日UP)


 
ゴミ回収作業のひとコマ


 


  漁師の暮らし11月(漂着ゴミ回収事業) (2010年11月8日UP)


 
砂の中の魚網やロープを引き抜き曳航して持ち帰る-----------漂着ゴミ回収作業最終日。魚網やロープの山を切り分けてトン袋に詰める


 


  漁師の暮らし10月(漂着ゴミ回収事業) (2010年10月25日UP)


 
漂着ゴミ---------------------------   漂着ゴミ回収作業のひとコマー弁当タイム











漁師の暮らし9月−Part2(アワビ稚貝の生産) (2010年10月17日UP)


 
無節サンゴ藻を食べるアワビの赤ちゃん                   ---------------------------   2010年、珪藻の付いたポリシーとタンクにアワビ受精卵を投入











漁師の暮らし8月−Part2 (2010年9月7日更新)


 
アラ(くえ)        ---------------------------------     縄作り(写真はアナゴ用の縄)











漁師の暮らし8月 (2010年8月28日更新)


 
白甘鯛が高値!   ---------------------------------     ブトイカ(ヤリイカ)漁たけなわ






無節石灰藻上に着底したアワビ幼生 ---------------------------------     アワビ種苗生産用海面イケスと珪藻用ポリフィルム











アワビ、サザエの素潜り漁(2010年8月11日更新)




サザエ3キロとアワビ4枚   ---------------------------------     アワビ4枚とアワビ起こし











漁師の暮らし(2010年8月2日更新)




イザリ漁でアワビ採り   ---------------------------------     疑似餌で鯛釣り(ラバージグ)








キンチャク鯛やヒトデ、クボ貝、アコヤ貝、イタヤ貝などの観賞用の魚や貝類も商品になります-------ヒジキの値段が上がってきています








イチゴやレタスなど食卓には自家栽培のものがメイン   ---------------------------------     自給自足を目指していろいろな作物を育てています











漁の様子(2010年7月26日更新)



 
薄暗い夜明け前に出港   ---------------------------------     水平線に韓国の島がうっすらと








漁を終えて甲板にはサザエがゴロゴロと、 -------------- 大物のクエ!(5キロオーバー?) ------------------------- 久美船長も嬉しそう!








夜が明けて晴れ晴れと帰路につく   ---------------------------------    浮き桟橋に着けた幸竜丸





…続く…

        トップページに戻る 

無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ