画像ファイルを作るためのソフト

webスペースで使える画像形式はJPEG・GIF・PNGの3つです。そのうちGIF形式はUNISYS社のライセンスの問題で無料で変換・保存できるソフトがありません。GIFファイルを作成したい方は有料ソフトを購入してください。2004年6月20日に日本でのUNISYS社のライセンスが終了しました。GIFファイルを作成できるフリーソフトも紹介します。

グラフィックソフト

主に画像を作成・加工するソフト

Expression Ver.3.3b
ペイントソフトのような描き味のドローソフトです。その上ペイント機能もあり、減色も行えます。MacOSX対応。
元々は2万円以上もする市販ソフトですが、バージョン3.3bがフリーソフトとして配布されています。英語表記なので本来は対象外なのですが、日本語表記にすることが可能かもしれないので(そしてとても高機能・多機能なので)紹介します。以下のページに解説ページへのリンクや日本語化の手がかりが書き込まれています。
関連ページ
Photonick
デジカメ画像の処理など、レタッチに向いているソフトです。
GifBuilder
GIFアニメーション作成ソフトです。透過GIFにも対応しています。英語ソフトですが、日本語化するためのパッチがあります。MacOSX対応。
日本語化
解説ページ
ADraw
ドローソフトでなおかつペイント機能も持っています。文字入れに適しています。減色の機能もあります。
IconParty
アイコン編集用ソフトです。ドット絵に向いています。このサイトで紹介しているソフトのアイコンの画像化に使用しました。MacOSX対応。

画像形式を変換するソフト

MediaJuicer
画像データベースソフトのかたわら、多種多様な画像形式の読み込み・書き出しに対応しています。減色機能もあります。GIF形式で画像を保存することができます。
Transparency
GIF形式の画像を透過GIF形式に変換するソフトです。英語ソフトですが、日本語化するためのパッチがあります。上にリンクした日本語化パッチのページにソフトそのものへのリンクがあります。
gif2png
GIF形式の画像を8ビットPNG形式に変換します。透過部分も引き継ぎます。

フリーソフトを使って素材に文字を入れる方法で、上で取り上げたソフトを使ってweb上で配布されている画像素材に文字を入れる方法をいくつか説明しています。

その他

以下のソフトの紹介は割愛します。興味のある方はGoogleなどの検索エンジンで探してみてください。

有料ソフトについて

グラフィックソフトで少し凝ったことをしてみたい方は有料ソフトを手に入れる必要があります。

まず、お手持ちのソフトを確認してみることをお勧めします。Macintosh本体・プリンタ・スキャナ・デジタルカメラ・webページ作成ソフト・年賀状ソフトなどに同梱されたグラフィックソフトが使えるかもしれません。下記のソフトはその一例です。

もしソフトを1本購入するとしたら、Adobe社Photoshop Element(実売価格10000円前後)をお勧めします。理由はユーザーが多く、書籍やwebでの解説やプラグインが豊富だからです。

または、ワコム社FAVO・EXモデルというタブレットセット(実売価格15000円前後)もいいと思います。葉書くらいの大きさのタブレットにAdobe Photoshop Elementと、様々な画材のタッチを再現できるCorel PainterClassicが付属されます。別々に揃えるより安価です。

詳しくはAmazon.co.jp:ソフトウェア/ ジャンル別/Macintosh/グラフィックス/ペイント・フォトレタッチAmazon.co.jp: 検索結果 エレクトロニクス: タブレットをご覧ください。購入される前にデモ版(販売元のサイトで配布されていることが多いです)を使って使い心地を確認しておくこともあわせてお勧めします。

無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ