児島半島の先端の下津井は、島であったが、奈良時代から干拓が始められ、江戸時代初期の大規模な干拓事業により1618年には陸続きとなった。また、干拓地の塩分を含んだ砂地では、栽培される作物には限りがある。綿は、水分と肥料(ニシン粕)さえあれば十分に栽培が出来た。北前船が運んで来るニシン粕は、瀬戸内海最大の干拓地を控える下津井港において高値で取引され、北前船の寄港地として栄えた。
 下津井は、江戸時代に岡山藩の在番所がおかれ、参勤交替のため内海を航行する西国大名の応接にあたったり、金毘羅参りや四国八十八カ所めぐりに四国へ渡る港としてまた北前船の寄港地として発達してきた。北海道で取れたニシン粕、数の子、昆布などを満載して、日本海の荒波を越えて来た北前船が港に碇をおろす度に、沸き立つような賑わいがこの町を覆っていた。
 下津井は、本土と四国との距離の一番短い所である。下津井から丸亀へと船に乗り金毘羅詣に行っていたが、1909(明治42)年宇野港が開港されると、宇高連絡船に取って代わられ、昭和63年には瀬戸大橋(上は自動車道、下は鉄道)が開通した。そして今は立ち寄る人も無く、ひなびた港町でしかない。

こんな感じ


ぼーっとしています


占い師 電話占い


  中古コピー機   b0120.e-city


個人で勝手にSEOしてミテル見てる 笑

    倉敷 不動産 2006/07/02 yahoo 71位

         倉敷ホテル  2006/07/02 yahoo 67位

         CTI  2006/07/02 yahoo 84位

    ロレックス  2006/07/02 yahoo 検索外

    女性 仕事   2006/11/24 yahoo 検索外


占い・電話占い・タロット占い・恋愛占い *電話占い*

無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ