けいならべ
――ローマ字入力よりも簡単なローマ字入力――

「けいならべ」はどこが良いのか

母音を右手で、子音を左手で入力

もし、キーを押す順番が「左手→右手→左手→右手……」というように左右の手を交互に使うようになっていれば、効率よく入力できます。片方の手を動かす間に、もう片方の手を動かす準備ができるからです。

けいならべでは、左手で子音右手で母音を押すように配置されています。

ローマ字は基本的に「子音→母音→子音→母音……」の順番で並んでいます。

したがって、けいならべでは、自動的に「左手→右手→左手→右手……」と左右の手を交互に使うようになります

母音の配置の工夫

けいならべでは、5つの母音のキー([a][i][u][e][o])は、以下のようにの位置されています。

けいならべv2配列図(母音部)

母音はどれも出現数が非常に多いので、一番打ちやすいキーである人差し指、中指、薬指のホームポジションを中心に配置されています。したがって、自然に打ちやすいキーを多く使うことになります

また、この配置にはもう一ついいことがあります。

日本語では、ローマ字の「ai」「ei」「ou」を含んだ文字列が多く出てきます(例:「かい」(kai)、「けい」(kei)、「こう」(kou))。特に漢字の音読みでは頻出します。

けいならべのこの母音の配置は、ちょうど[a]→[i][e]→[i][o]→[u]とキーを押すのが非常に押しやいようにできています。(実際にキーボードのキーを押していただけるとよく分かると思います。)

したがって、多く出現する連なりが楽に入力できることになります。

子音の配置は五十音順

けいならべでは子音の配置は以下のようになっています。

けいならべv2配列図(子音部)

人差し指のホームポジション([k]の位置)を起点に、右から左へ「か行」「さ行」「た行」「な行」、上段へ移って「は行」「ま行」「ら行」「わ行」の順番で並んでいます。この順番は、日本人には馴染み深い、五十音表の行の順番と同じです(「や行」はありませんが)。

また、濁音はその清音のすぐ近くに配置しています。「が行」「ざ行」「だ行」に関しては「か行」「さ行」「た行」の下という規則的な配置になっています。

子音は種類が多いですが、このように規則的に配置されているので、覚えやすいようになっています。

この配置は覚えやすいばかりではありません。

子音の中で最も出現数が多いのは[k][s][t]の3つです。そしてけいならべでは、この3つに人差し指、中指、薬指のホームポジションという打ちやすいキーが割り当てられています。

したがって、自動的に打ちやすいキーを多く使うことになります。

「や」「ゆ」「よ」キーで拗音もらくらく入力

けいならべでの拗音の入力は、通常のローマ字入力とは異なり、子音キーと[ya][yu][yo]キーを組み合わせて2打鍵で入力します。

けいならべv2配列図(拗音部)
「やゆよ」を母音扱いにした五十音表
aiueoyayuyo
-
kきゃきゅきょ
sしゃしゅしょ
tちゃちゅちょ
nにゃにゅにょ
hひゃひゅひょ
mみゃみゅみょ
rりゃりゅりょ
w
gぎゃぎゅぎょ
zじゃじゅじょ
dぢゃぢゅぢょ
bびゃびゅびょ
pぴゃぴゅぴょ

通常のローマ字入力では、基本的に2打鍵で1字を入力しますが、拗音は[Y]キーを組み合わせた3打鍵で入力します。

しかし、けいならべではすべての拗音を2打鍵で入力できます。しかも、[Y]というホームポジションから遠いキーを使うこともありません。

また、[ya][yu][yo]の並び順は、下から順番に「や」「ゆ」「よ」が並ぶような形になっています。この並びにも理由があります。

日本語では「ょう」という連なりが圧倒的に多く出現します(2音の連なり断トツ1位)。「しょ」「じょ」「きょ」など次には「う」が続くことが圧倒的に多いのは、少し言葉を思い浮かべるだけでも感じられると思います。

「や」「ゆ」「よ」を下から順番に配置することで、[yo]の隣のキーが[u]になり、「ょう」という頻出連なりが非常に打ちやすくなります

「ん」は[;]キーで入力

けいならべv2配列図(ん)

「ん」は、通常のローマ字入力では[N]で入力します。しかし、[N]だけでは誤入力になることがあるので、その場合は[N][N]などで入力します(例:「そんな」=[SONNNA])。

しかし、[N]と[N][N]を使い分けるのは、ある程度習熟が必要です。実際は、「ん」はすべて[N][N]で入力しているという方も多いのではないでしょうか。しかし「ん」は非常に多く出てくる文字なので、「ん」が出てくるたびに2回キーを押すというのは、あまり効率的ではありません。

そこでけいならべでは、「ん」を入力するための専用キーを配置しました。これで「ん」の入力に悩む必要なく、常に1キーで入力できます。

「ん」は右手の小指に配置されています。この配置にも理由があります。

「ん」は文や単語の先頭に来ることはないので、直前に母音キーを押した後に入力することが多くなります。けいならべでは母音キーは右手の人差し指、中指、薬指に集中していて、小指は使いません

「ん」を小指に配置することで、どの母音の次に「ん」が来ても、同じ指を続けて使うことがなくなり、いつもスムーズに入力することができるようになります。

その他の特徴

「っ」は[P]キーで入力

「っ」は、通常のローマ字入力では、次のかなの子音を2回続けて押すことで入力します。しかしこの入力方法は、押すキーが場合によって異なるという点でやや変則的です。また、「っ」の次にかなが続かない場合(「あっ!」など)に困ります。

そこで、けいならべでは、「っ」を入力するための専用キーを配置しました。

「っ」を配置する場所は、「ん」と同じ理由で右手の小指としました。

「ー」は[/]キーで入力

「ー」(長音符)は、通常のローマ字入力では最上段の[-]キーで入力します。通常のローマ字入力で唯一最上段を使用する、入力しにくい文字です。出現数も、カタカナ語の中での出現率は断トツの1位で、日本語全体でも決して少なくありません。(カタカナ語をどれくらい使用するかに大きく左右されます)

けいならべでは、「ー」は右手小指下段に配置しました。これでかなの入力で最上段を使うことはなくなり、真の意味で三段に収まった入力方式となります。

また、[-]に「ー」を配置する必要が無くなったので、[-]で「−」を入力することができます。

句読点は母音で使わない指で

句読点を打つ直前に入力した文字は、母音や「ん」であることが多くなります。けいならべでは、母音も「ん」も右手に配置されているので、句読点を打つ直前は右手を使って打鍵していることになります。よって、句読点は左手側に配置した方が良いことになります。

一方、句読点は文章の区切りなので、句読点の次の文字を急いで打つことはあまりありません。よって、句読点の次の子音の打ちやすさはあまり問題になりません。

したがって、句読点は左手に配置しました。

また、「、」「。」同士が連続して出現することは稀なので、「、」「。」は同じ指に配置しました。

外来音もわかりやすく

外来音(「ふぁ」や「てぃ」など)の入力は、ローマ字では基本的な子音と母音の組み合わせから外れるものが多く、初心者にとって入力しにくい文字の一つです。

けいならべでは、外来音キーをもうけ、[外来音キー]→[子音]→[母音]で入力できるようにしました。

通常の子音と母音が、外来音にも適用できるので、外来音でもわかりやすく入力できます。

また、[外来音キー]+[母音]で、単独の「ぁ」「ぃ」「ぅ」「ぇ」「ぉ」「ゃ」「ゅ」「ょ」も入力できます。

[外来音]→[子音]→[母音]のうち、[外来音]と[子音]の順番はどちらが先でも構いません。使やすい方で入力して下さい。

[BackSpace]が打ちやすいことは何より重要

けいならべでは[BackSpace]を[:]の位置、すなわち右手小指ホームポジションの一つ外側に配置することとしています。

けいならべv2配列図(BackSpace)

「けいならべ」はかなを入力するための方式です。かな入力方式が[BackSpace]という機能キーの配置を定義するというのは違和感を感じるかもしれません。

もちろん、この部分だけは採用しない、という方法でけいならべを使用することも可能です。

しかし、これからけいならべを使おうと思われる方には、[BackSpace]を[:]の位置に配置することを強力におすすめします

通常の[BackSpace]の配置は、キーボード見ればお分かりのように、はるか右上、ホームポジションから指を離さないと押せない遠い、タッチタイプが難しい場所に配置されています。[BackSpace]はミスタイプをするたびに使うキーです。ミスタイプをするたびに、ホームポジションから手を離して、[BackSpace]を押しに行く。これはとんでもなく効率の悪いことです。

これまでも説明してきたように、けいならべでは、打ちやすいキーを多く使うように、遠いキーは使用頻度が少なくなるようにと工夫して文字を配置しています。[BackSpace]のような使用頻度の高いキーがあんなに遠い場所に配置されていたのでは、けいならべのメリットが台無しになってしまいます。※1

また、けいならべを習得するという点からも、[BackSpace]が押しやすいことは重要です。

いままで使っていなかった入力方式を使おうとするのですから、最初はどうしてもミスタイプが多くなります。このとき[BackSpace]が押しやすければ、ミスタイプをすぐに修正できます。これなら、ミスを恐れずにどんどん入力することができます。

その結果、同じ時間のタイピングでもより多くの練習をできたことになり、結局速い習得に繋がります。[BackSpace]が押しやすければ、練習を効率よく行うことができるのです。

というわけで、けいならべを使う際には、ぜひ[BackSpace]を[:]の位置に配置して使って下さい※2

※1 ホームポジションから押しにくいキーは[BackSpace]だけではありません。私としては、[BackSpace]以外にも、[Enter]、[Ctrl]、[←][→]は本来の位置から移動させることを推奨します。けいならべで[BackSpace]のみを定義したのは、中でも[BackSpace]を移動させるメリットが特に大きいということです。

※2 もちろん、すでにキーカスタマイズをしていて、[BackSpace]を押しやすい場所に置いているなどの事情があるなら、そのままでも結構です。

無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ