けいならべ
――ローマ字入力よりも簡単なローマ字入力――

「けいならべ」の入力方法

通常のローマ字入力は、たとえば[K]キーと[A]キーを押すと「か」と入力されるように、いくつかのキー入力を組み合わせてひとつのかなを入力します。

けいならべも通常のローマ字入力と同じように、いくつかキーを押して一つのかなを入力するという入力方式です。

通常のローマ字入力では、ローマ字の綴りを入力に、英字としてのアルファベットの配置を利用します。たとえば、ローマ字入力で「あ」(ローマ字綴りは「A」)を入力するときは、アルファベットで「A」の入力するときに使う[A]キーを使用します。

一方けいならべでは、ローマ字綴りとして使用するアルファベットの配置を、配列図のようにすることにします※1。たとえば、「あ」を入力するときは、[A]キーではなく、右手の人差し指の[a]キー(通常の[J]の位置)をしようします※2

※1 英字としてのアルファベットの配置はそのままです。

※2 以降、[大文字]は通常のアルファベットのキーを、[小文字]はけいならべのローマ字綴りのキーを表すことにします。

基本はローマ字入力

けいならべの基本的なしくみはローマ字入力と同じです。「あ」「い」「う」「え」「お」母音キー(配列図で背景が赤いキー)を押して入力し、それ以外は子音キー(同じく青いキー)を押した後に母音キーを押して入力します。

長音符(「ー」)、句読点(「。」「、」)、その他の一部の記号は、それぞれの記号のキーを押して入力できます。

「ん」「っ」の入力方法

「ん」「っ」は、それぞれ[ん]キー、[っ]キーを押して入力します。

通常のローマ字入力とは異なり、[N]を使ったり、子音を連続して入力することはありません。

や行の入力方法

「や」「ゆ」「よ」は[ya][yu][yo]キーを押します。通常のローマ字入力とは異なり、1キーで入力できます

拗音の入力方法

拗音(「きゃ」「きゅ」「きょ」など)は、まず子音キーを押して、次に[ya][yu][yo]キーを押します。拗音はすべて2キーで入力できます。

通常の五十音で考えると違和感を感じるかもしれませんが、「やゆよ」も母音である(母音は「あいうえお」+「やゆよ」の8つある)と考えるとわかりやすいと思います。

「やゆよ」を母音扱いにした五十音表
aiueoyayuyo
-
kきゃきゅきょ
sしゃしゅしょ
tちゃちゅちょ
nにゃにゅにょ
hひゃひゅひょ
mみゃみゅみょ
rりゃりゅりょ
w
gぎゃぎゅぎょ
zじゃじゅじょ
dぢゃぢゅぢょ
bびゃびゅびょ
pぴゃぴゅぴょ

外来音の入力方法

外来音(「ふぁ」「てぃ」など)は、まず[外来音]キー子音キーを押して、最後に母音キーを押します。

外来音キー子音キーの順番は、どちらを先に押しても入力できます

外来音表(よく使うもののみ)
aiueoyayuyo
-
k
sしぇ
tてぃとぅちぇ
n
hふぁふぃふぇふぉ
m
r
wうぃうぇうぉ
g
zじぇ
dでぃどぅでゅ
bヴぁヴぃヴぇヴぉ
p

※ 「うぃ」「うぇ」は外来音キーを押さなくても入力できます。

小書きのかなの入力方法

単独の小書きのかな(「ぁ」「ゃ」など)は、まず[外来音]キーを押して、次に母音キーを押します。あまり使わない外来音はこの方法で入力した方が楽だと思います。

数字やアルファベットは?

けいならべとして文字を配置していない部分は(配列図で背景が灰色のキー)、通常のローマ字入力と同じ配置です。したがって、数字通常のローマ字入力とまったく同じように入力できます。

また、[Shift]を押しながら入力すれば、通常のローマ字入力と同じようにアルファベット記号を入力できます。

[BackSpace]は右手小指の一つ外側

けいならべでは、[BackSpace]を右手小指のホームポジションの一つ外側(通常[:]が配置されている位置)に配置しています。

これで右手の小指を少し動かすだけで[BackSpace]を押すことができます。

無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ