けいならべ
――ローマ字入力よりも簡単なローマ字入力――

けいならべを使用するには?

Windowsにおいて、けいならべを実際に使用する方法について説明します。

『菱』を使う

『菱』はカナロック時のキーボード配列を変更するフリーソフトです。

導入方法

  1. お使いのIMEを「かな入力」に設定します。(『菱』はかな入力モードで機能します)(下記画像は『MS-IME』の例です)
    『MS-IME』のプロパティ
  2. 『massangeana(益山)の趣味のページ』「自作プログラム集」から、hishi.zip(『菱』本体)をダウンロードして解凍します。解凍してできたファイルは、適当なフォルダに配置して下さい。
  3. keinarabe2_for_hishi.zipをダウンロードして解凍します。解凍してできたファイル3つ(hishi.inf、keinarabe2.hh、keinarabe2'.hh)を2で作ったフォルダにコピーします。
  4. 2で作ったフォルダ内にあるhishi.exeをダブルクリックすると『菱』が起動します。画面右下のタスクトレイの『菱』のアイコン『菱』アイコンをダブルクリックして、『菱』の設定画面を呼び出します。
  5. 「配列の種類」の中の「けいならべv2」「けいならべv2 捨て文字あり」※1を選択して「OK」ボタンを押します。
    『菱』のプロパティ

これでけいならべが使えるようになります。

※1「捨て文字あり」は、文字キーを押したときに仮の文字(捨て文字)を入力するようにして、キーを押したことが見た目で分かるようにしたものです。お好きな方をお使い下さい。

その他の使用方法

『MS-IME』を使う

特別なソフトを使わなくても、普段から使っているIME(『MS-IME』や『ATOK』のこと)だけでけいならべを実装できます。

通常のローマ字入力では、[K][A]と押すと「か」と入力されます。当たり前の事のようですが、これはIMEがそのように設定されているから実現できるのです。

そして、この[K][A]の部分は、ある程度自由に設定することができます。だから、[F][J]で「か」と入力されるように設定することも可能です。

これを利用すれば、けいならべを実装することができます。

しかし、設定はまったく自由にできるわけではありません。IMEによってある程度制限があるので、その中でできる部分だけを設定するということになります。

まずは『MS-IME』の場合。

『MS-IME』のローマ字設定

『MS-IME』のローマ字設定にはいくつかの制限があります。

アルファベットの部分しか設定することができません。記号を配置したり、記号を入力するキーをローマ字綴りに使うことはできません。

子音の連続+母音によるによる「っ」の入力を削除できません。

全体の登録数に上限があります。

以上の制限を踏まえて、『MS-IME』用に若干けいならべの配列を変更します。

『MS-IME』によるけいならべのローマ字設定(画像)

※元に戻すには?

ローマ字設定を変更すると、MS-IMEのプロパティの「全般」タブの「ローマ字設定」が自動的に「ユーザー定義」に変更されます。これを「Microsoft IME」にすれば、通常のローマ字入力の設定に戻ります。

けいならべを実装するために『MS-IME』ローマ字設定をいじっても、これで簡単に元に戻すことができます。

『MS-IME』のプロパティ ローマ字設定を元に戻す

『ATOK』を使う

『ATOK』のローマ字カスタマイズ

『ATOK』のローマ字カスタマイズにはいくつかの制限があります。

[/]は変更できません。

[,][.]は変更できません。

単独の[N]は変更できません。

子音の連続+母音によるによる「っ」の入力を削除できません。

以上の制限を踏まえて、『ATOK』用に若干けいならべの配列を変更します。

『ATOK』によるけいならべのローマ字カスタマイズ(テキスト)

※元に戻すには?

ローマ字カスタマイズのウインドウの「メニュー」ボタンを押すと「他のスタイルから読込」という項目があります。ここから好きなスタイルに戻すことができます。

『egbridge』を使う

Mac OS X向けのIME『egbridge』でけいならべを実装することができます。『MS-IME』や『ATOK』と異なり、[BackSpace]を除いてすべて実装できるようです。

『英数-かな 〜入力方式・キー配列メモ』「egbridge for Macで使うキー配列定義ファイル集」に定義ファイルがあります。

『姫踊子草』を使う

『姫踊子草』は、さまざまな配列を実装できるキー入力入れ替えソフトです(シェアウェア)。親指シフトや文字キー同時打鍵も実装できます。Dvorak配列など英字配列も実装できます。

もちろん、けいならべも実装できます。

『窓使いの憂鬱』を使う

『窓使いの憂鬱』は非常に自由度の高いキーカスタマイズができるアプリケーションです。あらゆるキーの置き換えはもちろん、シフト系のキーと同時に押した場合のみキーを入れ変えたり、シフトキーを追加したり、IMEがonの場合だけキーを入れ変えたりするなど、実にさまざまなカスタマイズを実現できます。

無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ