イデアの学びのサイト
イデアの学びのサイト
「まぁ、コーヒーでも飲みながら、科学の話しをするべ」
ホームページへ
おいらのコーヒーセット


▼スペシャルブレンド


わしのデーモンスペシャルコーヒーのレシピは企業秘密で公表できないが、ハーブティーなどでも、いろんなブレンドが有るな。

もちろん、漢方薬もいろんなブレンドが決まっており、それぞれに「名前」がついている。

例えば「小青竜湯」(しょうせいりゅうとう)という、鼻炎に効く漢方薬が有る。
わしも、子どもの頃にお世話になったもんじゃ。

この「小青竜湯」(しょうせいりゅうとう)の薬草の成分は以下のとおりだ。

麻黄(まおう):2 芍薬(しゃくやく):2 乾姜(かんきょう):2 甘草(かんぞう):2
細辛(さいしん):2 五味子(ごみし):2 半夏(はんげ):4 桂枝(けいし):2

上の数字はそれぞれの薬草の配合する割合をしめしている。
きっと、見たことがあるのも有るはずじゃで。

たとえば乾姜(かんきょう)は干した生姜(しょうが)だし、芍薬は芍薬だな。
甘草もよく見かけるし、桂枝(けいし)は桂皮(シナモン)の枝じゃな。

詳細はこちらだ。
 ↓
「イー薬草・ドット・コム」


さて、コーヒーの場合は、どうブレンドすればいいのだろうか?
これは、もう、マスターの舌にかかっておる。

キリマンジャロベースにしたり、ブラジルベースにしたり、モカベースにして、いろんな豆を数百通りの割合で配合する。

科学者もコーヒーのマスターも長く、辛い修行の日々が続くのであった。
▼コーヒーに合う本と音楽
▼コーヒーの科学
▼スペシャルブレンド
▼コーヒーの美味しい煎れ方
▼科学の本
▼モール街

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト


このページの上に戻る
ホームページへ

サイト管理者:イデア(idea-pharma@infoseek.jp)
間借り人(デーモン山田)

無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ