タマムシ(玉虫)
Since 2014/8/25



 全身に緑を基調にした金属光沢がある甲虫。羽根の色が見る角度によって微妙に変化することから、見方や立場によっていろいろに解釈できるあいまいな表現のことを「玉虫色」と形容します。

 タマムシの羽根は色が美しく堅牢なため、古くから工芸品の装飾に使われました。国宝の「玉虫厨子(法隆寺)」は、金銅透かし彫りの金具の下に、この虫の羽根が装飾に入れられています。

 写真は2014年8月17日に我が家へやってきた1匹です。玄関先で仰向けになって、亀のようにもがいていました。撮影後、放してやると、どこかへ飛び去りました。 

(写真はクリックすると大きくなります。)


「生きもの便り」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com



無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ