センニンソウ(仙人草)
Since 2006/09/06


 日本各地の日当たりの良い山すそや道ばたに生える蔓性の植物です。草本(多年草)のように見えますが、「小木本」と書いてある図鑑もあります。カザグルマやテッセンと同じキンポウゲ科センニンソウ属です。キンポウゲ科には有毒植物が多く、センニンソウもその例に漏れません。「仙人草」の名は、果実から伸びる白くて長い毛を仙人のヒゲ(あるいは白髪?)に見立てて付けられたものだといわれています。

 次の写真は遠見山トンネル(兵庫県相生市)の北側出口付近で、2006年9月5日に写したものです。 

(写真はクリックすると大きくなります。)


「花便り」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com


無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ