猫崎(豊岡市)
Since 2014/07/03



 兵庫県最北端に位置する岬です。数ヶ月前の神戸新聞で、「遊歩道が整備された」との記事を見かけました。それで、農作業(田植え)が一段落した6月30日、骨休め(温泉泊)を兼ねて、訪ねてみました。

 場所は海水浴で有名な竹野浜海岸です(下に観光パンフの地図を添付しています)。

 2年前に訪れた丹後半島の「犬ヶ岬」と同等の遊歩道を想像していたのですが、実際には、犬ヶ岬よりもはるかにハードで、「遊歩道」というよりも「縦走路」でした。半島中央部にある賀嶋山は標高は141.4bですが何しろゼロ メートル(海岸)からのアップダウンで、結構キツく感じました。

 遊歩道は灯台で行き止まりですが、「蛇の道は蛇」。灯台の手すりの外側にロープがあるのを見落とさず、それを伝って下の岩場へ降り、陸地の先端部まで行ってきました。

  (写真はクリックすると大きくなります。)

地図
 「猫崎半島歩いてみよう」というパンフレット(たけの観光協会発行)に載っていた地図です。地図上に(1)の番号ある駐車場まで車で入れます。同駐車場は、この日(6月30日)は無料でしたが、海水浴シーズンには有料になるかも知れません。
遊歩道

 
賀嶋山南斜面の遊歩道です。椿などの照葉樹林が頭上を覆って日差しが遮られ、海を渡ってくる風が涼しく感じられました。 
三角点

 賀嶋山山頂にある三等三角点(141.4m)の標石です。

賀嶋山山頂

 木々が視界を遮っていて、遠望は利きません。

断崖

 遊歩道の途中でチラリと見えた海と断崖です。
石段

 賀嶋山北斜面に設けられている石段です。
誤ってころんだら、数十メートル落下しそうなぐらい「急勾配」なのですが、この写真ではその迫力は表現できていません。上から撮った方が良かったのかも。
灯台

 岬の先端へ出ると、視界が開け、目の下に灯台が見えてきました。もちろん(?)無人で、天井部分に太陽電池パネルが設置されています。海の藍色に映える白が印象的でした。
ロープ

 
一段下の岩場から見上げた灯台です。岩場へ下るときに助けになったロープが、右手に写っています。
 北から見た灯台

 灯台の下から海にせり出した衝立状の大岩によじ登り、そこから写した画像です。この岩にも先人の足跡(錆びたハーケンとロープ)があり、目指した撮影ポイントまで無事に行けました。ただし、雪彦山の鎖場以上に緊張しました。
猫崎先端部 

 パンフレット(前述)の表紙を飾っている写真の一部です。灯台周辺の絶壁や岩の様子がよく分かります。上欄写真の撮影ポイントを表示しています。

『兵庫県内』に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com




無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ