クロイロコウガイビル(黒色笄蛭)
Since 2014/10/08



 見かけは気味が悪いですが、特に害は無いようです。分類上はヒルの仲間(環形動物)ではなく、扁形動物だそうです。扇状の頭部の形を髪飾りの「こうがい(笄)」に見立てて付けられた名前のようです。

 陸上の湿ったところに棲息し、夜間に活動してミミズやナメクジ、カタツムリなどを食べます。捕まえた獲物に体全体で巻きついて腹部中央の腹面にある口(肛門兼用)から口先を伸ばし肉を消化しつつ飲み込みます。

 下の写真は私が畑に放置していた消石灰の空袋(裏面)に付着していた個体です。初めはとぐろを巻いていて、小動物の糞か土くれの汚れのように見えました。それがゆっくりと動き出したので驚きました。伸びたときの長さは15〜20cmぐらいありました。
 

 



「生きもの便り」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com




無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ