キバラモクメキリガの幼虫
Since 2006/05/17



 浅緑一色のサヤエンドウ畑(兵庫県相生市)で、茶褐色の芋虫が1匹、目立っていまいした。体長は約5a。背楯(顔のすぐ上の部分)が真っ黒のビロード状であることから、キバラモクメキリガの終齢幼虫と判定しました。2006年5月16日撮影。
 

 


「生きもの便り」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com


無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ