カキ(柿)
Since 2007/05/29


 我が家には柿の木が3種(各1本)あります。「太秋(たいしゅう)」と「次郎(前川早生次郎)」、「平核無(ひらたねなし)」です。

 太秋は富有を凌ぐ極大果の高級甘柿です。雄花、雌花の両方が付くので、1本だけ植えても果実が出来ます。

 次郎は甘柿ですが雄花がなく、雄花を持った受粉樹が必要です。それで太秋の近くに植えています。

 平核無はたねなし≠フ渋柿です。これも雄花はありませんが、受精しなくても果実ができる性質(単為結果性)が強いので、受粉に関係なくたねなし≠フ果実が得られます。干し柿用に重宝しています。

 柿の葉はお茶にして飲むと高血圧症や動脈硬化症などの成人病の予防に効果があるといわれています。5〜7月の若葉を採取し、2〜3日陰干しにしてから蒸し、再び陽乾して保存します。飲み方は緑茶と同じです。クセがなく飲み口がスッキリしていて清涼感があります。私は夏場、冷やして麦茶代わりに飲んでいます。急須なら5煎ぐらいまで飲めます。 

(写真はクリックすると大きくなります。)


雄花(太秋)
2007/05/27


雄花(太秋)
2007/05/27


雌花(太秋)
2007/05/27


雌花(太秋)
2007/05/27


雌花(平核無)
2007/05/17


「花便り」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com


無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ