ヒメリンゴ(姫林檎)
Since 2006/04/30


 亡き父が30年ほど前に入手したヒメリンゴです。初めは盆栽でしたが父が世話しきれなくなり、畑に直植え放置していました。それを昨年実家の庭に移したところ水が合ったようで、今年はこれまでになくたくさんの花が咲きました。今後は庭木として育てるつもりです。撮影は2006年4月27日。

 ヒメリンゴの素性については、北日本に野生するエゾノコリンゴと中国原産のイヌリンゴの雑種という説と、イヌリンゴの別名という説があるようです。

 私は未だ本物のリンゴの花を見たことがありません。当地は温暖な瀬戸内気候でリンゴの栽培には適していないのです。それでヒメリンゴの花を見ながら、ロシア民謡の「カチューシャ」や美空ひばりの「リンゴ追分」に歌われた北国に春を告げるリンゴの花を想像しています。 

(写真はクリックすると大きくなります。)


「花便り」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com


無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ