センターゾーン


■愛・地球広場

【4】ゆっくりできて寝て、足が楽になった(5/7 2-369)

[とぶぞっ(期間限定)]
【4】これぞ祭、って感じがする。音と炎で祭好きの本能をゆさぶられた。
おみこし系のお祭を寛斎が洗練させた感じ。(3/27)

【5】なんていうか熱くなった (3/28)

【4】仕掛けは凄いがやってる側と見てる側の距離感が遠すぎる。
せっかくなら途中から観客も一緒に踊れる演出があれば最高
見ててからだがうずうずしてしまう。(3/28)

【3】25日は広場、27日はゴンドラから(3/29)

《エキスポプラザ・スコープ》
【1】双眼鏡にCG合成。画面暗くて荒くて使いにくい。並ぶ価値無し。(6/7 3-92)

【2】空いてたから並びなおして2回やった。思ったほど面白くはない(6/14 3-213)


■グローバル・ハウス

《ブルー》
【2】整理券、事前予約があるのにかなり待たされるのが× その割りに内容薄すぎ!途中うとうとした。
2005インチも、感覚がマヒしてわからない。それを生かした映像でもない。綺麗ではあったが・・・
マンモスはどっちでもいいが、見ても損はしない。(3/28)

【2】スクリーン3つ繋げたのと何が違うの?SONYの自己満足。(3/30)

【4】ソニーの技術より映像の内容の方が興味深かった。(4/2 1-285)

【1】ハイビジョン規格を3つ並べた画面で自然画像を見せられても困る。寝ちゃった。(4/3 1-357)

【1】あまりにも酷すぎる (4/3 1-360)

【4】ソニーの自己満だが映像の内容自体はまあ普通。悪くはない。
マンモスもまあ普通。貴重な体験だったということを考えれば星4つ。(4/3 1-363)

【5】横50mのはスクリーン圧巻 オレンジに行きたかったがブルーで満足(4/4 1-391)

【3】個人的にはオレンジのスーパーハイビジョン見たかったんだけど、親が予約してたので…
超巨大モニターが思ったよりきれいでビックリ
映像の内容はベタなモノだけど、分かりやすいかな?(4/7 1-491)

【4】予約していたが20分くらい待つ。幅50mのスクリーンは圧巻。
マンモスの動く歩道に乗る手前で3列になってください!3列になってください!と繰り返し
叫び続ける声に辟易入館時に整理券を渡されたがこれって使わないんだね。(4/10 1-603)

【2】まさにSONYの自己満足。ハイビジョンの継ぎ目がやたらと気になった。
内容は( ・∀・)つ〃∩ ヘェー と思う程度。(4/10 1-618)

【2】巨大スクリーンがいかに凄かろうが、ただ綺麗な映像を漫然と流しているだけでは
20年前の科学万博から何も進歩していない。(4/15 1-766)

【3】映像はちょっと退屈。でもあんなにでっかいスクリーンは初体験。(4/15 1-774)

【4】朝一で到着。整理券は10時40分だったが、10時開演に入れた。最初はソニーの宣伝w
マンモスとのご対面ははっきり言って短い。(4/19 1-911)

【4】けっこう感動した。映像が迫力あってキレイ(4/19 1-939)

【1】きれいで大きくて確かにすごいが、ただそれだけ。
抱き合わせ商法の極み。(4-21 2-21)

【5】初めてみるスクリーンに驚きました。映像も綺麗でした(4/23 2-51)

【3】中央センターで見ました、SONYさんが世界中から集めた自然画像は迫力満点^^
(個人的には同じシーンをスーパーハイビジョンで見たいと思うのは俺だけ?)
いろんな数字について紹介されたけど・・・無駄な1分がなければ・・・(5/4 2-312)

【3】ナレーターの声が心地良いので誰かとオモタラ原田知世でした。
映像もそれなりに楽しめます。(5/6 2-337)

【3】画面が視界に入んなかった(5/7 2-369)

【1】ソ○ーのオナニーショー。やたら横長いスクリーンに、むしろ
横長の意味がない事を教わりましたw映像も糞。内容も糞。オレンジの方が数倍いい。
マンモスはロマンがあって好きなので星ひとつ。(5/10 2-473)

【4】マンモスはさておき、期待してなかった分ソニーの映像の鮮明さに感動。
オレンジの方が圧倒的に評判がいいってことは、もっとキレイなんだろうね。(5/20 2-643)

【5】すいてる時に最前列ど真ん中でみた。迫力が違うわ(5/20 2-649)

【2】整理券で入った。ブルー、画面が大きいだけ^^;寝ちゃった…。
マンモスもうちょっとじっくり見せて欲しかった。(5/22 2-716)

【4】でかい画面だ。視界が全部画面だった。撮影機器や投影機器もどこかで紹介して
ほしかったな。撮影したカメラのレンズとかもすごいんだろうなと思われる。(5/24 2-773)

【4】大画面(49m×9m?)すごい、もっと見所のある内容だと
さらに良かった マンモスは、ふーん程度の印象(5/26 2-819)

【4】既存のハイビジョンを横に3つ並べての映像展示でNHKと比べて
技術的には劣るが流れる映像が世界各国で撮影した迫力ある映像で大変楽しめた。
これはもう一度見たい。(5/28 2-870)

・ソニーが提供してる横長画面、確かに映像はきれいだし、迫力もあるんだけど・・・
なんで韓国館の3Dアニメみたいな「感動」がないんだろう?ソニーの技術のPRのための映像だから、
それ以上を期待してはいけないのかな。でもまあ、退屈せずに最後までおもしろく見られたし、
色々勉強になったことも事実。マンモスは予想どおり、最初からそんなに期待してなかったので、
失望もなかった。(6/1 2-933)

【2】事前予約あり。入り口が鳥の糞で汚い。大画面はすごいが、ただのSONY自慢にしか
見えない。下段でマンモス見る。まあ、こんなもんかな・・・・。(6/2 2-963)

【2】期待はずれ、ただのソニーの宣伝。冷凍マンモスも
全身が再現されてるのかと思ったら、一部のみ。(6/2 2-978)

【3】映像内容は良い。継ぎ目目立つ、通常のプロジェクタとの差が判らん。(6/6 3-80)

・。「赤青緑3原色のレーザー光で描き出す鮮やかな巨大映像」ということで期待していたが、
横に3画面並べたつなぎ目の部分が背景が暗い場面で淡く白い太い帯になっていた。
満天の星々の輝く宇宙空間に浮かぶ美しい地球の場面ではその帯が目立って、
せっかくの映像が台無し。某社の評価基準の甘さなのか、はたまた技術力によるものなのか、
未完成の域を脱していないのは確かだった。(6/9 3-138)

【3】ソニーのレーザープロジェクションは確かに綺麗だが、継ぎ目に萎える。
後ろのおばはんが背もたれを足で押してくるので、それを阻止しようと踏ん張っていたら
足がつりそうになった。マンモスはそれ以上でもそれ以下でもない。(6/20 3-251)

【4】つなぎめが言われるほど気にならなっかた。内容にも満足。ちなみにマンモスは
一番前で見るのがお勧め。毛の一本一本まで見える。(6/21 3-269)

【3】北ゲートから右回りで行ってしまい、遠くて疲れた。ソニーの映像50mは
長すぎて見難かったけど、冷凍マンモスにはちょっと感動。(6/23 3-289)

【5】ソニーの大画面 良かったです(真ん中で見たので)
マンモスも大満足です。でも、できればセット観戦がお薦めです。(6/26 3-340)

【3】映像はきれいだけど、演出が凝ってない(7/2 3-449)

【3】大型画面は迫力があったが横長すぎて全体を一度で見るのが難しいのが難点か
あと映像・演劇系パビリオン全てにいえることだが座って見ることができるだ
けでも+★1つはあげたい(7/8 3-468)

【3】内容はこちらの方が好き。兎に角デカイ。
だけど継ぎ目が気になってしまった。(7/11 3-509)

【3】オレンジと比べて批判的な意見が多いが、俺はまんざらでもなかったと思う。
確かに画質はスーパーハイビジョンと比べてハッとする程の繊細さはないし
展示物はマンモスラボ手前の牙だけだが、スクリーンが単純に横にデカいだけあって
それなりの迫力はあるし、映像の内容自体が面白い。(7/13 3-513)

【2】あのGXLシアターは、ただ大きいだけって感じがした。最初はその大きさに感動したが、
もうちょっとあの大きさを生かせる内容だったら良かったが。もう眠たくて眠たくて
仕方がなかった。マンモスはやはり実物で感動したが、開幕当初に
あちこちのTV局で取り上げられていたので、感動が半減。(7/28 3-730)

【3】シアターは大きくて映像は鮮明だが、内容がない。(8/1 3-782)

【3】巨大なスクリーンの映像は迫力がある。(8/5 3-854)

【4】疲れてるときはオレンジよりもこちらがいい。
やっぱり選べるようにして欲しかったな。(8/17 4-12)

【5】ソニーヲタの漏れにとっては、迫力ある映像で鮮やかで大変満足。
整理券配布終了間際に取れたのでよかったのもそのひとつ。(8/21 4-43)

【4】いろいろな数字が示されていって、最後に「1」という数字が示されたとき、
ここに地球がある素晴らしさを実感した。(8/28 4-98)

【2】映像だけなら、オレンジよりよかった。
が、「それしかない」という感じも。(8/28 4-100)

【3】ソニー好きには嬉しく大画面も綺麗で迫力があった。テーマも良かったが
もう一つ何かが足りなかったような。(8/29 4-116)

《オレンジ》
【4】このパビリオンは色々見回ったあとにマンモスを拝めるのだが、
その途中に意外といいパビリオンが隠されてます。
とにかく途中のNHKのスーパーハイビジョンが凄い。
スクリーンに人間が映し出されているだけなのに、
そこに本当に人がいるみたいな感じになります。一瞬、酔います。
それほど綺麗で鮮明。この万博で一番の良いかも。 立ち見なのがアレだけど…。
それと、待ち時間に飽きさせないアイデアが結構あります。
やっぱりテレビで伝わらないものを見に行かないと! (3/26)

【4】客を黙らせるAV品質(3/28)

【2】“とても鮮明な映像”に感動できる人は行ってみては。マンモスも万博のウリのひとつだしね。
オレンジの方には月の石もある。自分には凄さがわからなかったけど。(3/28)

【2】前置きが長い!立見はつらいがハイビジョンはなかなか。マンモスは「ぱぷ〜ん」(3/28)

【3】三時間も待った価値なし。マンモスは期待はずれ、宝物品の方が見る価値ある!!(3/29)

【4】個人的にはシアターよりその後の展示コーナーがHIT。
(ちなみにシアターは後ろのほうが見やすい)原人の化石とか人類の母「ルーシー」の化石とか。
地球誕生から現在に至るまでを新聞朝刊の一面みたいにして展示してある。
あの月の石も間近でみれます。大阪万博で涙をのんだ人は是非。マンモス含め、
これら展示品をじっくり見たいなら最初のスーパーハイビジョンが終わったら
シアターから出るときに最後尾に付くといい。 途中のポンペイの
ベスビオ火山噴火再現シアター(?)は30〜40分おきに先着14人が見られる。(4/2 1-277)

【2】マンモス以外は微妙でした (4/2 1-313)

【5】スーパーハイビジョンの画質が凄いNHK技研の技術力の凄さを感じた
宝物の展示は内容が幅広くてよかった 。読売新聞のブースでは
記念の新聞も作ってもらえた(これは抽選で当たれば作ってもらえる)
ギリギリでマンモスのしっぽも見れた(この展示は3月31日まで)
最後のブースでメーベェの試作機が展示されている。最後にマンモスを見たときは
「これが実物のマンモスの頭なんだ」と心の中で驚いた(4/3 1-356)

【3】スーパーハイビジョンは素直にスゴイと思った。月の石はガラスにパッキングされているので、
いまいち、質感がない。マンモスは結構、リアルだった。もっとじっくり見たかったな。(4/10 1-622)

【1】NHKの自己満足。解像度が高いだけで感動もなし。渡された赤外線式の音声ガイド装置は
壊れていた。新聞作成の抽選に当たるが、バカらしくなり辞退。
月の石もマンモスもフーンって感じ。(4/12 1-705)

【5】個人的に一番良かったのは、スーパーハイビジョンで子供らの歌う「こころつたえ」だった。
朴訥で真正直な歌いっぷりに不覚にも目頭が熱くなった。画質は、解像度など確かにすごいと
思ったが、自分の観た時はもう少し彩度があってもよいかなとも感じた。とはいえ、
スクリーン投射でこの絵はやはりすごいのでしょうねえ。他の展示物などはマンモスを含め、
NHKの紹介放送を自宅のハイビジョン大画面で何度も観ていたので新鮮味もなく
通り過ぎてしまったという感じだった。なんだかんだ言っても、
今回の万博の目玉であり一度は観ておいてよい所でしょう。(4/12 1-713)

【4】入るまでが大変だがボリュームも多く満足度も高い。スーパーハイビジョンの映像の鮮明さ
には驚きの声が上がるほど。ゆっくり見ていくとかなり時間がかかるが、話題のマンモスは
ちょっとしか見れない。全く座れないので疲れる。(4/13 1-719)

【3】ブルーを見ていないので比較はできないけど、スーパーハイビジョンはそれなりに
すごいと思った。耳に突っ込んで案内を聞くシステムは技術的には価値あるものかも
しれないけれど、あんまり実用性はない。企画倒れだね。耳に突っ込むわけだから、
「ちゃんと消毒してくれてるのかな」と心配だった。
展示品は興味のある人はじっくり見られるものが多い。(4/15 1-776)

【5】東大のグループがベズビオ火山のふもとで発掘したディオニュソス像が
フツーに展示されている。 あまりに無造作な置きっぷりに「レプリカですか?」と
聞いてしまった。入場券の下2桁で、抽選を行っている。当たると撮影不可のマンモスレプリカと
記念撮影出来る。やはり出来るなら事前に予約して行くほうがいいと思う。(4/16 1-781)

【5】異国の美術品は、無造作というか、観客との間に遮るものを置かない、
芸術に対する文化の差だとつくづく思った。(4/17 1-826)

・マンモスはまあまあだが、その前の映像はとっても画面がきれいで臨場感抜群。
こちらの方が感動した。ただ・・あのマスゲームは・・日本人だから、マスゲームは
そんなにうまくないんだ。だから
まあいい。映像は大変きれいだからまた見たいです!(4/22 2-27)

【3】万博へ行く一番の理由がこれでかなり期待していたのですが、待たされすぎ。
スクリーンに入るまでの説明が長い。入った後も立ち見ですが、みなさんヘタリ込んで座ってましたw
映像はかなり綺麗です。渋沢の映像なんかは、本当に自分がビルから眺め下ろしているかのよう。
すばらしい。展示も大変興味深く、見ごたえあり。肝心のマンモスが、ガイシュツですがただの屍w
一億年のロマンを感じられたのはよかった。(4/27 2-120)

【5】NHKスーパーハイビジョンシアターだけで元がとれます。音響、映像の素晴らしさは特筆。
マンモスはオマケですね。シアターを見るまでの待ち時間が立ちっぱなしなので、
不満の声がチラホラ聞こえました。(4/28 2-195)

【4】入場して30分待たされたのが疲れたが、ハイビジョン映像もキレイだったし
展示品の月の石・宇宙服・原人の化石・冷凍マンモスも興味深く見れて良かった。(4/29 2-207)

【4】一番“博覧会”ぽかった (5/3 2-274)

【4】NHKのスーパーハイビジョンがすごいひまわりの種までくっきりと
あと化石とかいろいろあったのも面白かった マンモスはもっとゆっくり見れるといい
どこかで一度座れるようにすれば★五個(5/4 2-307)

【4】スーパーハイビジョン技術のすごさを実感、長久手小学校の女の子にちょい萌^^;
月の石はプラスティックケースでコーティングしてない状態で見たかったかな
アイミュレット(音声ガイダンスの装置)の感度がいまいち、場所によっては
混線して聞こえるところも有(ちゃんと調整してくれよ〜〜)(5/4 2-312)

【3】ブルーより飽きずに楽しめた。新聞抽選の当選率どれぐらいだろう?
NHKスペで取り上げられた万年時計も楽しめる。出口前のアレ、
やっぱり●ー●゛ェに見えますよね(謎(5/5 2-328)

【4】・事前予約 スーパーハイビジョンはほんと綺麗。いかにもNHK的な
内容ではあったが。他の展示物も個人的に興味あったので飽きずに観れた。
ただし月の石は興ざめ。指輪の爪みたいので展示してほしかった。(5/6 2-345)

【5】月の石とか見てて良かった(5/7 2-369)

【2】ほとんど立ち見状態。常にゴミゴミしていて並んでいるのか見ているのかわからない。
事前予約じゃなかったら30分でも並びたくないパビリオン。話のネタに。(5/10 2-467)

【2】ハイビジョンはなかなか良かった。展示品もそれなりに楽しめました。
カード型イヤホンガイドはほとんど聞き取れず。新聞とかマンモス剥製と記念写真とか、
一方的な抽選で、はずれてかなり不愉快でした。冷凍マンモスは…ふーん、これだけ?程度。
何時間も並んであれだったらちょっと悲しい。(5/11 2-475)

【3】映像がキレイ。『ココロツタエ』は素直に感動。(5/11 2-477)

【5】とても良かったです。スーパーハイビジョンの映像は素晴らしかったです。
音の迫力も凄かったです。でも映画のワンシーンなどを取り入れたら、音の迫力は、
もっと解りやすいと思います。マンモスも結構凄かったです。テレビで何度も
放送されてしまっているのでインパクトは薄めですが、
でも発見された当時の事などを考えると素晴らしい展示だと思います。
よくぞ、ここまで運んできてくれたなと思いました。(5/15 2-562)

【4】スーパーハイビジョン映像は、家電に興味の無いヤツでも驚くほど
凄さを実感できる。あれが将来のテレビとか言われると、ワクワクさせられちゃうよな。
22.2chサラウンドは、期待したほどの感動も無く。いや、凄いんだけど、
映像に感動を全部持っていかれたというか。(5/18 2-625)

【3】映像が綺麗って画期的だと思った。(5/19 2-636)

【2】映像はキレイだったけど、何だこんなものか程度だた(5/21 2-665)

【4】スーパーハイビジョンは圧巻、ココロツタエでうるうるキタ。ただ、始まる前の
耳にあてる小道具の説明が長い・・・マンモス自体はフ-ンって感じ・・・(5/22 2-710)

【1】NHKのスーパーハイビジョン自体は細かいところまで見えて素晴らしい技術だとは思うが
流れる映像が退屈で物足りなかった。子供の歌なんか聞いてもしょうがない。
立体映像コーナーも先着15名ってふざけすぎ。配られた機器を使って説明を聞くシステムも
光の射程範囲が狭くて使いづらい。MP3プレイヤーに細工を加えたスイス館の方が
よっぽど使いやすい。(5/28 2-870)

【3】ハイビジョンは超きれいだけど、内容が?カードイヤホンは聞き取りにくいし
耳が痛くていやになった。外側鳥のフン大杉(5/30 2-894)

【1】しょぼかったです。 で?って感じ。この道に詳しい人には受けるのかも。(6/4 3-18)

【3】映像はたしかにすごかった。でも中身は。。。
すごくきれいなので一度は見ておくといいのは確か。(6/5 3-66)

【5】スーパーハイビジョン、万年時計、メーヴェ、マンモスと必見もの(6/7 3-92)

・映像もいいし、展示もいい。月の石だけじゃなく本物がいろいろある
中国から借りた遣唐使のなんたら、も本物だってさ(6/7 3-94)

・遅い時間に行ったら「マンモスラボの閉館時間が迫ってまーす」、と言われて
なかば追い出されるような状態になった。
展示品もっとゆっくり見たかったよー。(6/7 3-95)

【4】子供はかなり喜んでいた。映像がきれい。(6/7 3-97)

【4】事前予約。入り口と中に入ってからの待ちが結構長いなと思った。
ハイビジョンシアターは、最初の映像が映った瞬間観客席から感嘆のため息が漏れていた。
月の石は「35年前これを見るために何時間もならんだんだなぁ」と思うと
感慨深いものがあった。機械時計好きなので万年時計は凄く興味深かった。
マンモスは大して期待してなかったんだけど、本物をみてちょっと感動した。(6/7 3-110)

【4】「スーパー」ハイビジョンという名は伊達じゃない。あれだけ大きいスクリーンで
あれだけシャープな映像、というだけでかなりの驚き。シアターの内容は単調で面白くないが、
これは映像のキレイさを客にじっくり検証してもらう為と思われるし、
実際このほうが検証しやすい。難を言えば子供たちが合唱するシーン。
音声は別の合唱団が歌ったものを流し、映像の子供たちはクチパクしているようだが、
やる気が無いのかほとんどの子供がクチパクしてない(w
この後の展示物は興味をそそられる物もちらほらとある。ただ展示物の音声ガイダンス
をしてくれる赤外線カードは、すぐに耳が痛くなってとても使えるものではなかった。
マンモスは「あっそう」で終わり。(6/9 3-134)

【2】スーパーハイビジョンのテーマがはっきりしてなく残念。
カード型の解説機が聞き取りづらい。(6/21 3-269)

【4】最高級シアターシステムを堪能(6/26 3-337)

【5】「博覧会」たる内容。新聞も当たってラッキー。全パビリオンで最高の評価(6/27 3-367)

【3】スーパーハイビジョンはキレイ。新聞も当たりました。
マンモスは、ブルー→下段、オレンジ→上段ではなかったみたい(上段は単独観覧?)なので、
下段の最前列でじっくり見てきました。(7/4 3-453)

【4】ハイビジョン綺麗でした。いろいろなお宝も興味深く見れました。
今回のメインであるマンモスも見れて満足です!(7/5 3-456)

【4】マンモスよりもスーパーハイビジョンシアターの映像やグローバルスタジオ、
中の展示物が良かった(7/8 3-468)

【3】メーヴェと映像だけに★3つw(7/9 3-482)

【5】スーパーハイビジョンはNHKの宣伝だとしても充分良かった。
疲れた体に立ち見はきつかったけど。展示は凄く良かった。
個人的にはデュオニュソス像と月の石と万年時計。万年時計はNHKの特番見ただけに
感動もひとしおだった。純粋に凄い。(7/10 3-496)

【4】内容は兎も角映像は美しい。色々な展示物も○(7/11 3-509)

【5】スーパーハイビジョン、凄い。展示物も貴重。万博来たなーって感じ。(7/13 3-518)

【2】年配の人にはいいかもしれない(8/1 3-780)

【3】映像はブルーの方が上だが、展示品は充実。(8/5 3-854)

【4】万博にふさわしい展示品がいっぱいあって、マンモスの前座にはもったいない。
あの補聴器みたいなのが使いづらいのと、スーパーハイビジョンが立ち見なので、
星ひとつ減。(8/17 4-12)

【2】ハイビジョンは美しいが、ブルーの映像みたいに訴えるものがない。
読売の地球新聞はネタとして面白かった。展示は関連性がわからん。(8/28 4-98)

【4】映像の後がかなり充実。
映像自体は、美味しいオマケと考えて星4つ。(8/28 4-100)

【4】いろいろ詰め合わせで楽しめた。説教も無かったし、良かった。
2度は見ないけど、1度は必見。(8/29 4-106)

<オレンジ・ハイビジョンシアター>
【3】NHKの自社宣伝。キレイだけど立って見せられるので疲れる。
広い会場歩き回って疲れてるんだから、メインショーの時くらい座らせろ。(4/14 1-750)

【5】きれいすぎ! マジ感動!涙うるうるでした。(5/7 2-364)

【5】鮮明な画像に素直に感動。映像内容も良い。(6/6 3-80)

【2】(後期)6月25日から映像が変わったので行ってみたけど、
コンテンツの質は前期の方が2ランク上。前回は「ココロツタエ」をベースに
全国の表情を廻るという流れがあったけど、今のはただ全国撮りまくってきたという印象が強い。
インストなんで、より各地の風景がバラバラに見えてしまうと思った。(6/30 3-393)

<オレンジ・グローバルショーケース>
【1】ツマンネー展示で水増ししすぎ、うろうろ歩かされて疲れる。耳に突っ込む音声案内も
イチイチ聞いてたら疲れるので、全然使わなかった。(4/14 1-750)

【3】良くわからない上、Aimuletが使いづらい。(6/6 3-80)

《マンモスラボ》
・マンモスはテレビで見飽きたから「へ〜」程度。
だって何度も中継とかで見てるでしょ。もう飽きちゃったよ。(3/26)

【3】TV・写真で何度も見たマンモス。だから大きな感動もなかった。(3/30)

【4】見る時間がとてつもなく短かったが、
なにより貴重な体験をしたというところで良い。(4/2 1-385)

【4】一見の価値はある(4/3 1-360)

【3】一生に一度観られるか観られないかって代物なので、まぁこんなもんかと。(4/10 1-618)

【2】象の干物みたい。話のネタに1回くらい見といてもいいカモだけど、
感動はない。(4/14 1-750)

【3】間近で見ると結構インパクトがある。今日は並ばずに整理券取れたけど、
延々並んでまで見るのはキツイな。(4/15 1-766)

【4】「ゾウの生首見て何が面白いんだか」っていうアンチっぽい人には面白くないと思う。
しかし、彼を見ることで、彼が確実に生きていた18,000年前に思いをはせることのできる
想像力豊かな人には、「ご対面」の1分間は短かすぎるに違いない。
えらそうなこと言うけど、月の石を「こんなのただの石ころ」と思うのなら
もっと面白そうなパビリオンに並んだ方が(・∀・)イイ!!(4/15 1-776)

【2】歴史的ロマン?がなければただの像だった(4/19 1-939)

【4】見えるのはあっという間だが、一見の価値はあると思う。先にロシア館の
全身骨格を見といて、全体像をイメージしながら見るといいかも。(4/21 2-21)

【4】良かったのですが、動く歩道がマイナス1です(4/23 2-51)

【4】この万博の目玉。やっぱりはずせないです。朝一番にマンモスのみの見学コースで見ました。
待つことなしにスムーズに見学できるのがGOOD!TVで紹介されていたものの実物をこの目で見た
という感動あり。(4/26 2-106)

【2】いまいちすごさが分からなかった(5/2 2-268)

【0】万博関連の本の写真で十分。どうしても見たければ係員の追跡を振り切って
出口から逆走して見ることをお勧めするw整理券もらってまで見るものではない。(5/3 2-283)

【3】早い!楽!あっさり!マンモス生首(ちょっと小ぶり)だけ見て帰るには
便利な観覧方法です。。。(大阪の月の石と同じで、土産話ものですよね?)(5/4 2-305)

【1】単独観覧券を並んでもらってまでしても見る価値は無いと思います。
(混んでいる時は無理に右のムービングウォークに乗らずに右の方から見る方が
少し離れて見る形になりますが、全体が見れていいと思います。
1cmでも近くで見たい方は左側をお勧めします)(5/4 2-312)

【1】子供たち一同「臭い!」w たしかに凄いのだろうがねぇ・・・
全身復元した一部に頭と足くっつけたら見世物としても良かったかも。(5/6 2-345)

【2】待ち時間なしで見られたからよかったけど、あっという間に終了。
あとで見にいったロシア館のマンモスの方が数倍よかった。(5/7 2-356)

【3】個人的にはよかった。像とマンモスの違いが分からんかったから
像を見ている気分だった。(5/7 2-358)

【2】今回の目玉がコレ!?って感じだった(5/7 2-377)

【2】午後5時頃に観たが、空いていた。すぐ観終わっちゃった感じ。(5/11 2-477)

【0】ははじめから期待していなかったので失望感はありません。(5/15 2-537)

【3】本物を見れたという実績に価値観(?)を感じるか感じないかで、
感想も変わるかと。でも、本物のマンモスが目の前にあるって事実、
冷静に考えると凄いコトなわけで。(5/18 2-625)

【3】まあ、ネタとしてなら(5/20 2-650)

【2】目の前に冷凍マンモスの頭がある。それだけの事実をどう評価するかは人それぞれ。
こればっかりは、人の評価は当てにならない。自分がどう思うかが全て。 (5/21 2-677)

【3】干した首、いや、大変貴重なものを見れて良かった。何はともあれ
愛・地球博に来てこれを見ないわけにもいかない。(5/24 2-773)

【2】15分待ちだったので行ってみた。テレビ等で見たのと同じだったが
それなりに感動(5/24 2-779)

【4】ホンマモンのマンモスが見れてチョイ感激。(5/27 2-829)

【1】しょぼかったです。ロシア館の全体骨格の方が見ごたえありました。(6/4 3-18)

【2】モリゾーじいさんが見た中で一番大きい動物はマンモスらしい。
万博行ったら話の種にはなるから一度ぐらいは見てもいいと思う。
しかし2度も3度も見たいとは思わない。(6/5 3-75)

【2】ふーん、で終わった(6/6 3-80)

【2】夜は、北ゲートへの近道に使えるぞ。(6/7 3-92)

【1】開門すぐ見に行ったので待たずに見れたが、しょぼい。(6/13 3-189)

【2】20分待った。これを見終わった人の表情を見るのは面白い(6/14 3-213) 【2】大事な展示物という印象という部分で★★
上野の寝ているパンダを並んだよりはもともと 動かないものを見に行くと分かっていた分
並んでもまあまあよかった。じっくりは見れないのと子供が騒がしく
気持ちはイラついたので残念(6/15 3-214)

【4】マンモス見るだけなんで期待薄だったけど、実物の生々しさに驚いた。
売りにするだけある。(6/22 3-281)

【4】あんなふうに展示されるとやっぱり感動。(6/26 3-341)

【4】マンモスのみ並ばずに見学。やっぱし実物があるのは凄いと思う。(6/27 3-368)

【2】あの象牙は本物?後付?(6/29 3-382)

【3】博物館でゆくり見たいです。(7/11 3-509)

【3】期待してなかったけど意外と生々しくて良かった。(7/13 3-518)

【3】40分並んでマンモスは1分。本物を見たという感動。(7/21 3-636)

・すぐに見れたのでよかったが、すぐに終わってしまうから悲しかった。(7/28 3-725)

【1】観覧時間短すぎ。印象に残らなかった(8/1 3-782)

【4】動く歩道で頭を見るだけ、とあまり評判が良くないが自分にとってはすごい
迫力を感じた。ロシアの全身化石よりも充分に満足のいくものだった。(8/29 4-116)

【2】10分程度の待ちで見れましたし、呆気なく見終わりました。
もう少し近くに置いてあったら細かい所まで見ることができたかも。(8/30 4-144)


■こいの池

イベント:[こいの池のイヴニング]


■バイオラング

【3】機会があれば通り道に使ってみてください。(6/7 3-92)

《水と緑のパビリオン》
【3】3D映像の題材はつまらないけど、JRよりは飛び出ていた。
3Dメガネ(紙製)持ち帰りできます。(4/9 1-538)

【1】ここの3Dシアターは3Dの必要なし、内容も中途半端でした。(6/1 2-956)

【3】3Dシアターはアメリカ館みたいな仕掛け有り。待ち時間なしなら進められる(6/14 3-213)

[バイオラングシンフォニー]
【0】これが幻想的?ハァ?(3/28)

【1】一日の最後を締めくくる・・・ってあったから期待 したけど途中で飽きる。
もっとレーザーとか使ったりして壮大にして欲しかった。期間中に内容変えて欲しい。(3/28)

【2】期待して見るものじゃないが広場が霧で覆われて子供大喜び。(5/28 2-851)


■ロータリー館(友愛の家)(公式)

【1】吉村作治の講演で入った。普通のホール。講演も面白くなかった。(5/17 2-612)

【3】ここに来る人は少ない。自販機とトイレ、公衆電話はあるから利用価値はあると思う。
後ロータリーとは何かの展示(6/14 3-213)

【0】スタンプ集めにわざわざ寄るが、なんのためにあるの???(8/29 4-118)


■千年の森・天空鎮守の森

《千年の森》
【3】東ゲートそば。北の森を歩く時間がなければこちらでも。(5/20 2-650)



戻る
無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ