風景
〜梅雨〜



	
ふと、窓の外を見る。
まるで泣いているかの様な、
雨だった。
人々はこの長く悲愴な時を、
ただ通り過ぎるのを待つのだ。
憂鬱を抱きしめながら・・・
無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ