WELCOME TO MY HOMEPAGE


   長い歴史を持つ闘鶏は、今でも世界中の国々で人々の楽しみとして行われています。
   優秀な闘鶏種を作出したアメリカでは、現在でも強い鶏を様々の国へ輸出しておりこの
   分野でも影響力を持っています。 闘鶏種作出のリーダーです。:::::::: 
            皆さん、世界一闘鶏の盛んな国は、どこかご存知でしょうか?
                  それは、フィリピンです。 国技と呼ばれるほどの人気があり闘鶏場で目にする人々
                 の どよめきには、驚かれることでしょう。 そこには、熱気と興奮があります。

闘鶏とその血統 

             

INVITATION FROM COCKFIGHTING WORLD PHILIPPINE









 闘鶏関係等





セブ旅人舎


SabongWorld.com








 


   


MY 
  FAVORITE
  GAMEFOWL

掲示板
BULLETIN
BOARD


日本を含め東南アジアで行われている伝統的な闘鶏
はNAKED HEELと呼ばれあくまでも本来の姿の
状態で行われる戦いです。:::::::::::::::::::

それとは別に脚にナイフをつけて戦わせる試合が 
アメリカを中心として拡まり中南米、東南アジアと  
多くの国々で盛んに行われて人々の楽しみとなって
います。 その中でもフィリピンは、世界で最も闘鶏に
熱い国でNATIONAL SPORT (国技)とさえ呼
ばれて産業としても重要な位置を占めています。:::

毎年フィリピンの首都マニラでは、国際的な大会が
開かれアメリカをはじめ各国からの参加があります。

闘鶏種作出の本場であるアメリかでは、国内での

動物保護団体の圧力により多くの州での闘鶏が禁止
され鶏の移動、輸出さえも制限される状況になる中で
フィリピンにその場を移すアメリカの闘鶏家が次第に
増えてきています。  アメリカの闘鶏家にとっては、
まさにフィリピンは、闘鶏天国と思わせるほどの環境
があります。 公認ギャンブルの反面強い鶏を作り出
そうとする闘鶏家が人達が様々な血統を交配して 
理想の鶏を生み出す努力をしています。       

以前のフィリピンでは、アメリカからの優秀な闘鶏種
の輸入が特権階級に占められていましたが80年代
後半以降ほぼ自由な輸入が可能になると金持達の
興味を強く惹くようになりそれが産業としても重要な
位置を占め、さらにビジネスとしても魅力的な市場が
出来あがり今の繁栄に到っています。         

フィリピンを訪れる日本人は、多いのですがこと闘鶏
に関しては、興味を持たない人達がほとんどです。  
好奇心で闘鶏場に足を運んだとしてもその異様な光景
喧騒に驚きいくらかの賭けを楽しんで帰ってきます。:
フィリピンに移住されている方々にもそれほどの関心
を惹かないようですがフィリピンで最も盛んで熱くなる
楽しみは、まさに闘鶏なのです。

このHPでは、フィリピンで行われている闘鶏の紹介と
強い鶏を作るために必要なブリーディングのための
基本的な闘鶏種に関する知識、由来等を書きながら
あらためて闘鶏に興味を持って頂けることを願います






写真提供 SAN JUAN GAMEFARM 

English Here
無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ