過去の山紀行 思い出の山行 雑記帳  装備と食事    自己紹介   リンク集 ぼちぼち山歩記へ

白山を外から、誰かさんの様に攻めようと
地図とにらめっこしてたら、
ここが目に飛び込んできました。

林道でかなり奥まで入れ
約2時間半で白山の展望が良さそうと

そんな時、白影さん企画の越前甲も同じ日に登られるそうな
体が二つ欲しい所であるが、
行きたいと思ったら、どうしようもなく
一人寂しく行くことに。

ちょうど、ひろろとろろさんの所で
昨年の今頃 (H16.11.09)のレポを見てみました。
舌なめずりしたくなるような
素晴らしい写真にいてもたってもいられなくなりました。






深夜割引を利用しようと、4時5分前に大垣ICに突入
途中、助手席が静かでついうとうと。
で、SAでしばし仮眠 (30分ほどかな)
日が昇り始め、明るくなりそう。
6:30 福井北を出る。

道路を走りながら、いつもの恐竜君がお出迎え
その辺りで、川面の霧と朝日の茜色がきれいに見え
しばし見とれる。一眼レフカメラ持ってこれば良かったな〜

   

R157・木根橋を越え、その先の小原口より林道を進む
途中写真を撮りながらで45分かかってしまった。
もっと悪路かと思っていただけにほっとする。
「わさび…」の看板が多いのにもびっくり

8時に駐車場に到着
7〜8台の車が停まっていました。
角に水が流れており、トイレもある

霜で草木が真っ白

  

林道をそのまま歩いて2分程の所に水場
そしてその先、右手に登山口がある。

@ 8:15 登山口

霜が降りて一面真っ白な中を登り始める
ブナ・ダケカンバ等の木々が葉を落とし
視界が明るくなっている


沢を左手に見ながら高度を上げる
2回沢をまたぎ、コースタイム40分の所を45分かかって登る

A 9:00 小原峠



ここで、運命の分かれ目
二つ登るつもりだが、ひょっとしてハプニングがあったら片方に行けない。

赤兎の方が人気があるようだ。
じゃ、静かな大長山へと向かう

ブナの木がいっぱいあり、とっても感じがいい
霜柱を踏みながらであるが、時々ぐじゅぐじゅのところがあり、スパッツは必需品

shonさんだったら、どんな構図で写真を撮られるだろう
ひろろとろろさんが感動した場所はどこだろうと
レポのお陰か、初めて来た場所のような気がしない



B 9:35 刈安山
ブナの実がいっぱい落ちている。2世君がんばれ
二つ目の小高い山に プレートが付いていたから刈安山と判明
幾つかのアップダウンがあるようだ

初め別山が見えていたが
下りに入った頃、白山が目の前にデ〜ンと
いいね、いいね。



後ろを振り返ると、経ヶ岳が存在を誇示している。
赤兎への尾根もしっかり見える
ケンケンさん・白影さん・JereySさんがテント泊時に通られたんだな
私達が経ヶ岳に登った時は、ガスで何も見えなかったけど
今日はなんてしあわせ

だだ、欲をいえば霞んでいるのが残念
遠く荒島岳もぼんやり見える



赤兎から三の峰方面
山並みがとってもきれいで、葉の無いダケカンバが風情あり



来た道・赤兎への山がよく分かる
赤兎までの道は遠いなとは思うが、コースタイムは心配なさそう


3つめのピーク


あ〜、はるばるここまで来てよかった〜



朝、途中の道路では4℃という表示に驚きましたが
今はぽかぽか陽気。夏と同じ服装なんです



10:15 4つ目のピークが目の前に
急な坂を登って山頂かなと思った先に大長山頂はある
この途中からの眺めがなんともいい

 

C 10:30 大長山・山頂〜11:35
ここで、声を交わしたご夫婦
30年前に、岐阜の忠節にお住まいだったと。仲の良さそうな方でした。



取立山は?鳴谷山は?と同定していただく
先週、鳴谷山に登られたそうな
バンダナが似合う、shonさんに似た雰囲気の方でした

5分もいただろうか、
慌ててUターン

D 11:35 小原峠

こちら側の道は傾斜があり、きつい。
後ろから3歳くらいの男の子連れの親子が登って来る
わ〜、元気だな
追い越されないようにとちょっと急ぐ。ゼーゼー

水たまりのような池が二つ。氷が張っていた

大長山からの道が見渡せた時は感動
こちらからの白山の方が大きく見えるのは気のせい?

こちらもりっぱなブナ林がある
白山は白く輝き、私のお目めも



E 12:10 赤兎山・山頂
長い棒に山頂の文字
ここは人でいっぱいですぐに赤池へ

笹の中の歩き。木道が整備されている。
人の多さが伺える

あ〜あ〜 本当に綺麗だ〜〜
避難小屋の赤い屋根が愛らしい




F 12:40 赤池 〜12:55
イメージではもっと大きいのかなと想像していたが
この池塘は二箇所ほどの小さなもの



避難小屋の回りもその先も人でいっぱい

小屋の前で大きな鍋を囲んだ団体さんもみえました
(実は、この方々は小屋を清掃をされていたことが後から判明)
お疲れ様でした。そしてその中に思わぬ方が…

  

自分が歩いた道を探すのはおもしろい
しばし、このすばらしい景色に見入る





G 赤兎山(13:10) 13:30 小原峠(三度踏む)

H 13:55 下山

通勤割引を利用し、5時少し過ぎに帰宅



これまた、同じ日(実は心の中で、誰かに会いそうな気がしてたんですが)
駐車場と避難小屋前で



実にその方は

銀杏峰の主さんだったんですよ〜
分かってましたら、お声をかけましたのに、失礼致しました


kyuさんはチブリ尾根・いごっそうさんは白山に登られてました。



小原林道・冬季通行止めになるとのこと

11月19日のみれさん情報

小原林道のほぼ中間地点より、積雪有り。
林道5センチ〜登山道20センチ〜。
行かれる方は、まずスノータイヤを・・

そういう意味では、ラッキーな日に登れてよかったな

無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ