過去の山紀行 思い出の山行 雑記帳  装備と食事    自己紹介   リンク集 ぼちぼち山歩記へ

前日へ


 2日目 9/18 (日) 硫黄岳

時は12時を少し回りました。

さて、4時間ぐっすり寝、ちょっと外を覗くと月明かりに光る星空。
こりゃ、じっとしてられないや。
3時の起床を約束したが、今すぐにも歩きたいと。

1時半までがまんし、ジオンさんを突っつく。
起きたら行こうとの目論見で。

半分眠たい・寝たら無い状況のジオンさんを無理やり起こし旅支度。

H 2:00 本沢温泉スタート
月明かりで周りは明るい。足元も、白い石のお陰で道を外すことはない。
途中、蛍のような光が…
動物の目のよう。ヘッドライトを向けたら、カモシカでした。
あ〜、驚いた。

I 3:20 夏沢峠
山ひこ荘・夏沢小屋?の明かりが。
ここで、荷物をデポしようかなと思いましたが、持って行くことに。
オリオン座を見ながら、高度を上げる。
岩が多く、あちこちにケルンも。

J 4:30 硫黄岳手前のケルン
 〜4:45
生あくびと共に、ジオンさんの体調に変化が。
結構寒い。体が冷えると、体調不良になるそうな。
で、お湯を温め、珈琲を飲み小休止。


  (4:16)                   (4:45)                   (5:12)   

日の出は5時ごろと推測し、空の色もだいぶ変化いてきた。
もう、そろそろかな?

J 5:10 硫黄岳 〜7:00

(5:12)                  (5:14)               (5:22)

月明かりもぼんやりし、辺りが明るくなり始める。
今か今かと待っていると、赤いおせんべいのような、太陽がそっと現れる。
不思議な色合いである。

ジオンさん、急に元気になり、硫黄岳方面めざし、走り出す。
赤岳まで行きそうな血相である。
(前回はガスの中で、実際どんな展望がみれるか、確認したかったそうな)



             (5:27)                             (5:40)


(5:41)                      阿弥陀岳の隣に南アルプスが(5:42)           
                       

(5:43)                 (5:44)                (5:44)


(5:45)                 (5:46)

(5:46)


(5:48)                 (5:52)                (5:53)

 (5:59)
中央アルプス・御嶽・乗蔵も見えます。


                    (6:00)                                    (6:17)


(6:02)

40分後・こんなに色が変化します。
(6:42)

5:20〜6:40の1時間20分で、横岳手前の往復を(ジオンさん)
J 6:45 下山

すっかり、明るくなってしまいました。




硫黄の爆裂口の様子や小屋・展望を楽しみながら歩く



K 8:25 箕冠山



根石山荘…「展望風呂」ありの看板が。こんなとこで満点の星を見てみたい。ねえ、みれさん。





根石岳からの展望もすばらしい。早川尾根こんな感じ。


L 8:55 天狗への登り
遠く、浅間山が。噴煙もくっきり


奥は御嶽

M 9:35 天狗の山頂

9:55 天狗の鼻の先でお弁当 〜10:10


中山峠通過

N 10:45 ニュウへの分岐



根上がりの木が歩きにくい



O 11:30 ニュウ
ここから、富士山が見えました。
足の負担を考え、登りはパス。ジオンさんは元気に上へ



こんな根の木々をまたいで歩きます。木道になると近い。
P 12:35 白駒池の取り付き

13:05 車道への分岐
ジオンさんのおごりで、ソフトクリームをいただきました。
おいしかったよ。
観光客でいっぱいでした。


13:35 下山・駐車場へ


自然庭園のようないい感じの林を通り抜け、駐車場へ。

痛めていた膝も、大事にいたらなく、無事下山しました。
ジオンさん、いっぱいお待たせしました。

無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ