過去の山紀行 思い出の山行 雑記帳  装備と食事    自己紹介   リンク集 ぼちぼち山歩記へ


まったり会が白山周辺を
歩き回っており
土・日に参加できない私は

話題についていかないのは辛いので
ずっとこの山を狙っていました。

はうさんのレポ (04・07.03)
ごっちゃんのレポ (05.06.26)




今回は10時間以上の長旅になりそうと、
前夜に登山口の上小池キャンプ場駐車場にて仮眠しようと、10時半頃家を出る。
深夜割引適用化との思いで出たのに、金額が安くない。
どうも12時前に高速道路を離れた模様。
荒島近くから、鳩ヶ湯を目指し、さらにその先へ行く。(20km)
駐車場には、一台の車もない。なんだか不気味。
施錠し、シュラフに顔をつっこんで何とか寝た。
4:30に目覚めたら、ここは下小池だった。カップラーメンを食べ、上に。
上の駐車場には、2台の車。一台の車から登山者が出かけられる所だったのでほっ

@ 5:00 上小池駐車場をスタート

横に水洗トイレがあ助かる。電話ボックスの登山届けに記入。
古い栗の木・水場がある。
ここで、うっかり滑り、尾てい骨をまともにぶつける。星がキラキラ。

5:10 車道に出る
橋を二つ越える。打波川の水量は多い


A 5:25 登山口
いきなりの急登、フーフー言いながら高度を稼ぐ。
ヤマアジサイがあちこちに咲く。緑豊かな所だ

5:50 山腰屋敷跡
   



時々、ホトトギスやギンリョウソウが。
遠くの山並みが見えてくると、高度を上げてるんだなと実感。
先は長い。
ササユリが見えてきたら、六本檜に。やっとと言った思い。



B 7:05 六本桧
約2時間かかった。遠くの山並み。知った山は… 毘沙門岳は?大日は?



第一目標の三ノ峰は、はるか彼方
でも、尾根歩きなので、気分は爽快  @7:35 ベンチ 
    

ダケカンバ・ブナの木立ちは気持ちがいい
目標の山が、近そうでいて、ある地点に着くと、益々遠ざかるような気がする。

  

8時頃、避難小屋に泊まったと言うご夫婦と出会う。
こんなに嬉しいことはない。
おまけに、ホッとさせるお顔をしてみえ、しばし雑談。

コケイラン?・アザミ・モミジカラマツ・ミヤマシシウド等の花


ニッコウキスゲも見え出す

C 8:20 剣ヶ岩
ダケガンバの先にあり、りっぱな同定写真・花の紹介がされている。
しばし、見入る


登り始めて3時間半、良くま〜来たもんだ。
来た道を目で追えるのもいいもんだ。
いいとこじゃな〜〜い


最近賑わっている、石徹白の方からの銚子が峰は、あれかな?




赤兎・経が峰・大長山はどれだろう??


ササユリ・クルマユリ・ニッコウキスゲ等お花が絶えない
撮影に熱中してると、いつの間にか後続の豊橋のご夫婦が追いついてみえました。





とっても、いい感じで、先に中々進めない。


後方に男性一人、写真撮影に夢中の方が見えました


途中休憩用のイスあり。ここで先ほどのご夫婦を抜く
今回の一番の急登か。


タカネナデシコ・マツムシソウ・ヤマハハコ・ハクサンフウロ
タテヤマウツボグサ・ハクサンチドリ・カライトソウ・エゾシオガマ
ダイコンソウ・シシウド    それはそれはたくさんの花
グンナイフウロがまだ花をつけていました。



9:50 三ノ峰まであと250m



10:00 避難小屋に到着
残念ながら、ここでガスが出、御岳や乗鞍の山頂が雲の上に浮かぶだけ



先を急ぎます


D 10:15 三ノ峰山頂(2128m)
白山方面の山々



さてさて、別山はあの三角か。
麓の別山平までは行きたい。時間を12時を照準にして歩く



それにしても、ニッコウキスゲの群落があちこちに
後ろを振り返る


この下にキンポウゲやハクサンコザクラの黄色やピンクの絨毯がみられる。
更に先に、ミヤマダイモンジソウ・ハクサンシャクナゲ・ツマトリソウが。

うぉ〜  一面の花畑と白山 ( 満足満足 )


E 11:45 御手洗池
変な名前



池にはハクサンコザクラが満開。イワイチョウも  おまけにかえる?の卵


12:00 おにぎりをほおばり、発ちがたいが後にする。
フデリンドウもいっぱい咲いてました


来た道を戻ることに (下山)



ガスが出て、涼しくなる。ラッキー
小屋の下に雪渓があったんだ。


13:10 トイレを借りに小屋へ
途中ですれ違った男性にあう。
前回は電池切れでハクサンコザクラを収めれなかったが、やっと願いが叶ったと


14:15 剣ヶ岩
この先で行き2匹・帰り5匹のにょろにょろに出会う
こちらは、御免こうむりたい

避難小屋泊まりという、単独の女性と出会う。
えっ、日帰りされたの?と驚かれ、ちょっと得意げに (エヘッ)


14:45 六本桧 -- 15:35 山腰屋敷跡 -- 15:50 登山口
この下りが長かった

車道から駐車場に向かう所でこんな看板が (どうもご親切に)



16:15 駐車場に無事到着


今回出あった花の一部です




















無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ