過去の山紀行 思い出の山行 雑記帳  装備と食事     自己紹介      リンク集   ぼちぼち山歩記へ

まったり会のメンバーが
昨年歩いており
気になっておりました。

風花さん(8/27)

白影さん(10/11)
である。

季節毎に
味わいのある山だな。


中央が御前峰・右が剣ヶ峰 (大汝峰は奥)
家             2:45
白鳥・油坂峠(100km) 4:15
鳩ヶ湯入り口(142km) 5:05

荘川IC (215km)    6:15
白山公園線 (237km) 6:40
登山口 (250km)    7:10

帰り
登山口          16:20
156号合流 (13km) 16:50
荘川道の駅 (35km) 17:20
家 (155km)      19:00
関SAで小休止

実はこの山に登る予定ではなかった。
鳩ヶ湯から三ノ峰に行く予定でした。

前の夜(11時)、はうさんのレポ(7/03)を見、約6時間と。
2時間ほど仮眠し、目覚ましを3時にセット。
予定より早く目覚め、コンビニへ。
即効元気・ヨーグルト購入。
みかん・桃・サクランボの変わりに、家からとまととお漬物。おにぎり2つ準備。

外は星空。ラッキー
が、鳩ヶ湯の入り口で雨。九頭竜あたりから。
晴れるとわかっていても、6時間がネックに。ハードなのは苦手。
で、急遽行き先変更。本丸・白山へ。



昨年の晩秋に狙っていて、10/22には冬季通行止めに。
それ以来、気にかけていたら、みれさんから通行できるとの情報キャッチ。
登山口はバッチリ。というか、入り口のみ。
その先、13kmは未踏の地。
落石ありで、多少不安をかかえながら、
タニウツギや白い花が満開。整備された道を進む。
暗いトンネルを二つ越え、キャンプ場も過ぎ、登山口に到着。



よく見る登山口が前に。横にりっぱな休憩場が。
 @ 7:25 スタート
傾斜のある階段とブナ林が待っていた。

       

登山道に大きな木が倒れていた。
足元にはマイズルソウ・チゴユリの白い花やアカモノ
目線にはムラサキヤシオ・オオカメノキ・コブシ等咲き乱れている。

車も5〜6台だけで、同じ時間に登られた方は、少なく中々出会えない。
ハルゼミとカエルの合唱。ちょっとうるさい。

8:40 一時間以上歩いた頃、道を塞ぐ大きなダケカンバが。
後ろを振り返ると、遠くの山から雲が湧き上がっている。

A 8:50 大白川より2kmの看板 (室堂まで6.9km)
       

遠く木々の隙間から見えていた別山が、高くなるに従い、
美しい稜線がよく見えてくる。
9:10 岩が崩れ、ロープがしてある場所を過ぎる。

       

何枚同じ写真を撮ったことか。
この左手方向に銚子が峰があり、カッペ隊が歩いているはずだ。
後から分かったことだが、あさちゃんも登って見えたようだ。
その先の、三ノ峰へはH.sizukaさんらが。



同じく、ダケカンバの木々も眩しい。
いつのまにか、セミの声が遠のき、ウグイスや小鳥のさえずりが聞こえる。
ラッキーなことに、初めてうぐいすの姿を見た。
その先でハクサンチドリ・シナノキンバイ?が珍しい。

       

 B 9:30 (2時間経過) 3km地点
隣の三方崩山が印象深い。その奥に北アルプスの山並みが。
みれさんは、焼岳。

相棒ジオンさんは、川上岳とか。同じ展望見てたのね。

雪の上の歩きは気持ちがいい。
眼下に白水湖が見える。

9:55 尾根歩きになり、遠く御前峰も見えてきた。

   



10時。御前峰&剣ヶ峰を見ながらの歩きになる。足元はコイワカガミ。

    

雪の白と空の青のコントラストがいい
通ってきた道が分かるのはうれしい
もう、戻って見える方がある。泊まりなのかな?
         

C 10:25 大倉山山頂(2038m)
丁度3時間経過。
まだまだ、先は遠い。ここは展望なし



            

山頂から3分程下った所に避難小屋がある。
その先に雪が待っている。以外とさらさらし歩きやすい。
過酷な自然に耐えたダケカンバが道の脇に
               
  
遠くに穂高や乗鞍の山がうっすらと。白水湖もよく見える
雪渓は続く。御前峰がどんどん遠く感じる。
11:05 5km地点通過



        

D 11:40 大カンクラ雪渓 (5.7km)
スキーをされる方と出会う。
山の上の方からシュプールが付いている。かっこいい。

な・なんと、この方は、TOKIOさんでした。
ごっちゃんのお知り会いの方で
掲示板を覗いてわかりました。

尾根歩き。足元は狭い。
ザレた絶壁に黄色いイブキガラシに似た花が咲く
通行止めを右回りで行く

       

たっぷり雪がある。下山する方ばかりに会う
男女二人のうち、女性の方がかなりへっぴり腰。
よくま〜来たもんだ。と。
( 甘かった。登りは平気でも、下りは谷に落ちそうな気がして、
私も少し膝がガクガクしました。)
     

12:15 三つ程のやや長い雪渓を通り、賽の河原を越える
久しぶりのハイマツだ。匂いがいい

    
平らな場所の雪渓を三つ
別山が又現る。キズガサソウにも



E 12:30 室堂到着・5分でランチを済ませ、山頂へ12:35

6年前の7/24〜25と、改装中の時、来ている。
食事は自炊で、あの小屋に泊めてもらったなと懐かしかった。
その時はガスで展望がないが、お池めぐりをしクロユリを堪能した

テクテクさんとニアミス

後から分かったことその2

何と、大阪のテクテクさんが15分程前に
ここから下山されてたみたい。
観光新道から登り、砂防新道を下られたようです。

シナノキンバイ・ミヤマキンポウゲの群生がきれいでした。

     

時間も少ないので、急いでピストンすることに。
12:55 青石…ここは、天上界と地上の境界だそうな?

石畳のしっかり整備された道。
白い小さな花と?が
       

F 13:15 御前峰 〜13:20
眺めて帰る。ここまでに5組に会う。帰りにまた1組
           



銚子が峰・三ノ峰・チブリ尾根は? 鳩ヶ湯からのルートは?
独り想像しながら景色を楽しみました。

取立山・経ヶ岳・荒島そして大日は?
この大日に白影さんが登って見えたと後で知る。

        

      G 室堂 13:45 (ショートカットする)

         

4:30目標に、わき目も振らず、急いで駆け降りる。
前方に二人の姿が見えたときはホッとしました。

     

今回、ミネザクラが可憐でした。
H 14:50 大倉山

     

帰りは帰りでまたいい景色と写真をとってします。
あと3km地点辺りから、足が棒に
I 16:20 無事下山
丁度帰る2台の車。やっぱり最後でした。

                  

帰路、関で仮眠し(5分)
伊吹山が夕日できれいでした。この景色を見ると帰ってきた気がする。
大垣に19:00到着。
CR−X着用で、翌日は筋肉痛解除。効果ありか。

     



今回出合った花



コイワカガミ・チョウノスケソウ・ハクサンチドリ


キツリフネ・コキンバイ・ミヤマキンポウゲ・イブキガラシ


ツガザクラ・アカモノ・ズダヤクシュ


ふき・キヌガサソウ・ユキザサ・チゴユリ
サンカヨウ・ショウジョウバカマ・マイズルソウ・クルマバツクバネソウ他
無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ