Top>HybridScripter

Despair & Hope プログラム支部
HybridScripter

HybridScripterは、 吉里吉里、NScripter用のプラグインDLLです。

Menu

基本的な使い方・利用条件

始めに

こちらをダウンロードします。 各種解凍ソフトで解凍するとHybridScripter.dllとその他が入っています。 DLLの配置場所はそれぞれのスクリプトエンジンのリファレンス等を参照ください。

NScripter

exec_dllを使います。

exec_dll "HybridScripter.dll/命令,引数1,引数2,..."
getret %0
getret $0

吉里吉里

@loadplugin module=HybridScripter.dll
もしくは
Plugins.link("HybridScripter.dll");
で登録することにより、関数が登録されます。

kag中であれば、
@emb exp="命令(引数1,引数2,...)"
tjs中であれは、
var ret = 命令(引数1,引数2,...);

利用条件

これが役に立ったと思ったら スタッフロールに「スク○○」を加えてくれたり このDLLを宣伝してくれたり すると嬉しいです。

機能一覧

adjustWindow

引数:なし

返り値:なし

NScripter専用です。 NScripterのメニューが複数段になった場合に画面下部が切れるバグの修正用です。 ウィンドウ自体の大きさを変更したい場合は本体に用意されている命令を使いましょう。

getHybridScripterVersion

引数:なし

返り値:バージョンに対応する値

(ver1.02) 利用しているDLLのバージョンを取得します。 例えばver1.02ならこの命令は102を返します。

internetClose

引数:なし

返り値:なし

インターネットに接続していた場合、接続を閉じます。

関連: internetOpenUrl

internetDownloadFile

引数:1つめ、ファイル名、2つめ、ディレクトリ名

返り値:正常に保存できれば0,出来なければマイナスの値

接続先のファイルを指定された場所に指定された名前で保存します。 指定されたディレクトリが存在しない場合はディレクトリを作成します。

関連: internetOpenUrl

internetGetContentsLength

引数:なし

返り値:正常に取得できれば0以上の値,出来なければマイナスの値

(ver1.02) 接続先のファイルの大きさを取得します。

関連: internetOpenUrl internetReadFile internetDownloadFile

internetGetStatusCode

引数:なし

返り値:正常に取得できればステータスコードの値,取得できなければマイナスの値

(ver1.02) 接続したときに返ってきたステータスコードを取得します。 ファイルを取得する際はこの命令を用いて、正常に取得できるか確認するべきです。 200が返ってくれば問題無いはずです。

関連: internetOpenUrl internetReadFile internetDownloadFile

internetOpenUrl

引数:目的のURL

返り値:正常に接続できれば0,接続できなければマイナスの値

インターネット上の目的のURLに接続します。

関連: internetClose internetReadFile internetDownloadFile internetSetAgent

internetReadFile

引数:なし

返り値:接続先のファイルの中の文字列

接続先のファイルの中身をデフォルトでは最大255文字を一度に取得します。 internetReadFileを繰り返すことで全て取得することも可能です。 全て取得する場合は、NScripterの場合はgetret %0の中身が0より大きいかどうかで、吉里吉里の場合は取得した文字列.lengthが0より大きいかどうかで判別することになると思います。この関数を利用した場合は接続を閉じるまでinternetDownloadFileを使用しないでください。

関連: internetOpenUrl internetDownloadFile internetSetReadFileSize

internetSetAgent

引数:新しいエージェント名

返り値:なし

接続する際のエージェント名を設定します。 デフォルトのエージェント名は「Monazilla/1.00 (HybridScripter.dll)」です。

関連: internetOpenUrl

internetSetReadFileSize

引数:internetReadFileで一度に取得する量

返り値:なし

internetReadFileで一度に取得する最大値を指定します。デフォルトでは256です。 最後の一文字分は特別な文字(ヌル文字)が入ります。 あまり大きい値にすると(特にNScripterで使用する場合は)色々破壊するかもしれません。 (だれかNScripterの文字変数の仕様教えてください><)

関連: internetReadFile

networkGetHostByName

引数:ホスト名

返り値:IPの文字列

(ver1.03) ホスト名からIPを文字列にしたものを取得します。

関連: networkGetHostName

networkGetHostName

引数:なし

返り値:PCのホスト名の文字列

(ver1.03) PCのホスト名(コンピュータ名)を取得します。

履歴

  1. 07/02/25...Ver1.03公開。関数二つ追加。バグ修正
  2. 07/02/22...Ver1.02公開。関数三つ追加
  3. 07/02/09...Ver1.01公開。関数三つ追加
  4. 07/02/07...ゲ製作スレで公開

BBS

感想、要望等ありましたら とりあえずこちらでお願いします。

Link

無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ