ストーリー

時は3568年。
この時代は最も電気工場が栄えた時代。
しかし、住民からはその電気工場のせいで生活に使う電力をその工場に取られているという不満がある。
そこで一つの雷が落ちた。町は停電で大騒ぎ。しかし電気工場は住民の電気を利用して発電していたらしい。 住民が電気工場の前を通りかかったとき停電していないことに気づいた。
そこで、住民の不満を解決しようと立ち上がった一人の男がいた。そいつは緑のぼうし、黄色い服が特徴だ。そいつは工場の社長に文句をつけた。しかし、社長は「知らない」といった。うそ発見器にかけてもうそじゃないらしい。(じゃぁ一体だれが?) しかし一人の男は調査を続けた。そしたら住民電力吸い取りマシーンが工場の地下に隠されていたらしい。工場には自分にそっくりな暗い人形があるらしい。それを取れば一部のマシーンが破壊される。全て取れば全て破壊される。
使命は題名どおり電気工場を破壊せよ!!
無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ