Initio製INIC-2430対応の温度監視ユーティリティ


このページでは、IEEE1394b-IDE変換チップであるInitio製「INIC-2430」 に対応した、S.M.A.R.T.機能による温度監視ユーティリティを紹介します。
一般的に外付けタイプでは、S.M.A.R.T.機能が使えないって事になってますが、変換チップによってはちゃんと対応しているって事で…。

Initio製INIC-2430採用のIEEE1394b(FireWire800)デバイスで、
・接続しているHDDのディスク情報表示
・S.M.A.R.T.機能を備えたHDDの属性と値の一覧表示
・S.M.A.R.T.機能によるHDD温度チェックと警告表示
・HDの状態ログレポート表示および保存
・HDの温度変化グラフ表示および保存
が出来るようになります。

*** 画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。***


コンフィグ設定ツールのダウンロード
FR8-IFK1用
温度監視ユーティリティ
RATOC社のダウンロードサイトから、FR8-IFK1用の温度監視ユーティリティをダウンロードします。
ダウンロード後は、適当なフォルダに解凍して下さい。
  Tool¥ フォルダの Setup.exe を実行して下さい。
自動的に温度監視ユーティリティがインストールされます。

温度監視ユーティリティ
  Initio製INIC-2430を搭載したデバイスを接続し、認識させます。
正常に認識されたら、Program Files¥RATOC¥SmartTool¥ フォルダの Temp2k.exe を実行します。
温度監視ユーティリティ画面(HDD情報) 温度監視ユーティリティ画面が表示されます。
デバイス一覧から、目的のドライブを選択すると、ドライブ情報が表示されます。

チェックボックスにチェックを入れると、タスクトレイにそのドライブのアイコンが表示されます。
必要が無ければ、チェックを外して下さい。
温度監視ユーティリティ画面(S.M.A.R.T.) [S.M.A.R.T.]タブを選択すると、S.M.A.R.T.機能の属性と値の一覧画面が表示されます。
また、S.M.A.R.T.機能の属性をクリックすると、その属性の説明が表示されます。

※一部のS.M.A.R.T.コマンドに対応していない場合があります。
温度監視ユーティリティ画面(設定) [設定]タブを選択すると、設定画面が表示されます。
温度設定とクラフ設定が行えます。
設定温度を超えた場合に、警告ダイアログを表示させることが出来ます。

変更後は、[適用]ボタンを押して下さい。
温度監視ユーティリティ画面(レポート) [レポート]タブを選択すると、状態ログレポート画面が表示されます。
設定されたチェック間隔で、状態ログが更新されます。

[ファイル保存]ボタンを押すと、CSV形式ファイルとして保存できます。
温度監視ユーティリティ画面(グラフ) [グラフ]タブを選択すると、温度変化グラフ画面が表示されます。
設定されたチェック間隔で、グラフが更新されます。

[ファイル保存]ボタンを押すと、CSV形式ファイルとして保存できます。
  [トレイ格納]ボタンを押すと、タスクトレイに常駐しアイコン表示されます。

補足
・詳細については、コチラを参照して下さい。
・温度監視ユーティリティは、提供メーカにて予告なく仕様変更される場合があります。


pagetop
無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ