IEEE1394(FireWire)についての部屋

IEEE1394とは
転送速度の表記
データ転送タイプ
IPv4 over IEEE1394
認定ロゴマーク


IEEE1394とは
IEEE1394 米国のIEEEが規格策定している通信規格であり、"1394"はその通し番号である。
現在は、IEEE1394の仕様を1394 Trade Association(1394TA)が規格策定している。
IEEE1394規格としては、
・IEEE1394-1995
・IEEE1394a Draft
・IEEE1394a-2000
・IEEE1394b
がある。
IEEE1394a 別名「FireWire400」とも言う。
転送速度としては、100Mbits/s、200Mbits/s、400Mbits/sの3種類がある。
IEEE1394b 別名「FireWire800」とも言う。
転送速度としては、800Mbits/s〜3.2Gbits/sをサポート予定であるが、現在は800Mbits/sのみが製品化されている。
FireWire 米国Apple社が開発したSCSIの次世代規格であり、IEEE1394の元になった規格である。
現在は、IEEE1394規格の一般的な呼び名として、1394TAにて公認されている。
i.Link SONY社が家電向けに付けた呼び名。しかし、1394TAには公認されずに終わった。
稀に、4pinポートやDV端子を"i.Link"と呼ぶ場合もある。
SONY製品は、今でも総て"i.Link"で統一している。



転送速度の表記
S100 転送速度が「100Mbits/s」を示す。
S200 転送速度が「200Mbits/s」を示す。
S400 転送速度が「400Mbits/s」を示す。
S800 転送速度が「800Mbits/s」を示す。
S1600 転送速度が「1.6Gbits/s」を示す。
S3200 転送速度が「3.2Gbits/s」を示す。



データ転送タイプ
アシンクロナス転送 非同期通信によるデータ通信を行う。また、転送毎に確認を行う。
主に、ストレージ機器で使われているSBP-2(Serial Bus Protocol-2)プロトコルが使用される。
アイソクロナス転送 パケットを規則的な間隔(125μs)で転送する。
アシンクロナス転送よりも高いバス優先度を持ち、リアルタイム性を保証したデータ転送が可能である。
主に、DVビデオ・カメラなどで使われているAV/Cプロトコルが使用される。



IPv4 over IEEE1394
IPv4 over IEEE1394は、IEEE1394バス経由でIP接続を行う規格である。
Windowsでは Windows Me、Windows XPがデフォルトで対応している。
また、SONY製PCには、SONYオリジナルのドライバがインストールされている。



認定ロゴマーク
FireWire ロゴマーク "FireWire"ロゴマーク。
i.Link ロゴマーク "i.Link"ロゴマーク。


pagetop
無料レンタル無料ホームページ無料オンラインストレージ